台湾で使えるイモトのWiFiの口コミ、レビュー。実際に使用した感想

WiFiのイメージ画像

こんにちは。

台湾観光ドットコム、管理人のてつです。

台湾旅行中にネット通信の確保のため、イモトのWiFiを利用しようと考えている方向けに当記事を書いています。

イモトのWi-Fi
4.0

イモトのWi-Fiは、タレントのイモトさんが海外に行かれるときに使用しているレンタルWi-Fiです。値段もお手頃で、電波も安定しています。

利用時の注意点やお得情報もあるので、最後まで見ていただけたら嬉しいです。

台湾全土でイモトのWiFiはつながる

イモトのWiFiは、台湾全土(台北、台中、高雄など主要都市で検証済み)で使用できます。

台湾旅行で行かれる方が多い九份(千と千尋の神隠し)、有名な夜市などでも問題なく使用が使えるので安心です。

※地元の人でも行かない山奥では電波が届かない場合もありますが、観光メインなら電波の心配は不要です。

【最新】イモトの結婚記念キャンペーンで50%オフに

2019年1月現在、イモトの結婚記念50%オフキャンペーンを実施中です。

お得にレンタルWiFiを利用したいなら、キャンペーンを適用したうえで申し込むのがお得。

イモトのWi-Fi
4.0

イモトのWi-Fiは、タレントのイモトさんが海外に行かれるときに使用しているレンタルWi-Fiです。値段もお手頃で、電波も安定しています。

イモトのWiFiの口コミ、評判

イモトのWiFiを実際に使用したことがある方の口コミですが、いい評価と悪い評価が半々ぐらいの感じです。

値段が安くてよかった

という意見や、

電波がつながりにくかった

といった意見がありました。

わたしが実際に使用して感じたこと

私自身が使用してみた感じでは、3G回線を利用したこともあり通信は遅かったですが、グーグルマップやネット検索は普通にできたので良かったです。

ただし、50%オフで購入できたわけではないので、レンタルにかかった費用が高かったので失敗したなと思いました。

台北、台中、高雄の各都市で使いましたが、速度が遅くなることなく快適に使用できました。

日月潭とよばれる台湾の山間部でも問題なく使えており、とくに困ったことはありませんでした。

はじめての海外一人旅の時に使用したのですが、使い方の説明書もわかりやすかったので良かったです。

レンタルWiFiの速度を決める要素

レンタルWiFiの速度を決める要素は2つ。

どの通信速度プランを契約するか

どの回線を使用しているか

この2つさえしっかり理解しておけば、台湾で速度が遅いと悩まなくても済みます。

イモトのWiFiの速度はプランで変わる

わたしがイモトのWiFiは遅くて使えないと思ってしまったのには、3Gと4Gの違いをよく理解していなかったことにありました。

わたしが実際に契約したイモトのWiFiのプランは、3G回線プラン。

3Gのプランは値段が安い分、4Gに比べて通信速度が遅いんです。

日本で契約できる通信プランは、基本的にすべて4G回線です。

※一部のガラケーで3G使用可能なものもありますが、間もなくすべて廃止されます。

4Gしか使ったことがない方が、3Gを使用するとかなり遅く感じます。

普段と同じようにスマホを使いたい方は、4G回線を利用したほうが安心です。

4G回線なら、日本にいたときと同じようにスマホが使えます。

わたしはYouTubeなどの動画を一切見ずに、ネット検索とグーグルマップ、グーグル翻訳を利用するくらいだったので、すこし遅いなとは思いましたが、特に支障はありませんでした。

イモトのWiFiが利用している回線

WiFiの速度を決める要素に、

どこのキャリアの回線を利用しているか

という点があります。

日本の例だと、ドコモ、au、ソフトバンク(日本大手通信会社)の大手キャリアでは通信速度が速く、通信範囲も広くなります。

格安SIM業者では通信が遅くなったり、つながりにくいことが多いです。

イモトのWiFiは、台湾大手通信会社の遠傳電信の回線を使用しているため、速度が速いのが特徴です。

※遠傳電信は台湾でNO.2のシェアを誇る通信会社

台湾在住の私は遠傳電信でスマホの4G使い放題を契約していますが、通信速度、つながりやすさともに問題はありませんでした。

イモトのWiFiの通信量

イモトのWiFiを使用した方の口コミの中に、

あっという間に制限いっぱいの通信量を使い切ってしまったので、使えなかった

という意見がありました。

この通信量なんですが少し落とし穴があるので、容量制限付きのプラン(500MB、1GB)を申し込む予定の方は注意してください。

自動更新、アップデートを停止する

スマホの設定が、

アプリやシステムを自動的にアップデートする

という設定になっていると、勝手に通信量を消費してしまいます。

これが、通信料が足りなくなる大きな原因です。

イモトのWiFiで制限付きのプランに加入する予定なら、自動アップデートを無効にしておくことをおすすめします。

スマホの設定画面で簡単に変えることが可能です。

設定方法は、使用している携帯電話会社のホームページで確認できます。

au→設定方法

softbank→設定方法

docomo→設定方法

1日に使える通信量は日本時間で決まる

タイトルの通り、1日に使える容量は日本時間を基準にして決められています。

台湾の場合、時差が1時間(日本より1時間遅い)あるため、少し誤差が生じるんです。

台湾時間23時から次の日の23時までが、1日として計算されます。

容量制限プラン(500MB、1GB)の場合、台湾時間23時で容量がリセットされます。

台湾時間を基準に容量いっぱいまでWiFiを利用した結果、次の日にまったく使えなくなってしまった方がいました。

通信容量の決め方

イモトのWiFiは500MB、1GB、容量無制限の3種類があります。

どのプランを選べばいいかわからない

という方も多いので、通信料の決め方のコツをご紹介します。

1人なら500MBでOK

1人旅でスマホを使おうと考えている方は、1日あたり500MBのプランで十分です。

旅行中に動画を見ることがないなら、500MBあれば不自由なく使えます。

ネット検索やグーグルマップ、グーグル翻訳を使いまくったとしても200MBくらいでおさまります。(検証済み)

このプランは1か月あたりの換算すると15GB。

自分の携帯料金明細書をみて、1か月に15GBの使用量がなければ、台湾でも同じようにスマホを使えると思って大丈夫です。

2人なら1GBがおすすめ

友達や家族と2人で利用するなら、1GBプランがおすすめです。

人によって個人差はあるのですが、1GBあれば容量不足に悩まされることはおそらくないと思います。

自動更新、アップデートだけ停止しておけば、通信料が無駄に減ることを避けられます。

ネットで調べ物をしたり、グーグルマップをするぐらいであれば、1台のスマホでも可能なので、節約重視の方は500MBでもいいと思います。

3人以上なら使い放題1択

3人以上で旅行をするなら、使い放題一択でOKです。

通信量の節約を気にすることなく使えますし、1台あればみんなで通信をシェアできます。

YouTubeも通信量を気にすることなくみれます。

ただし、台湾で別行動をする予定なら、別々に500MBのWiFiをレンタルしておいた方が安心です。

イモトのWi-Fi
4.0

イモトのWi-Fiは、タレントのイモトさんが海外に行かれるときに使用しているレンタルWi-Fiです。値段もお手頃で、電波も安定しています。

Amazon(アマゾン)

海外旅行に必要な持ち物が一通り揃います。

2,000円以上購入で送料無料なので、まとめ買いが便利です。

Amazonギフトカードで商品を購入すれば、2.5%のポイントが貯まります。

そしてなんと初めてAmazonギフトカードにチャージする方限定で、5,000円のチャージで1,000円分のポイントがもらえるキャンペーンも実施しています!

\公式サイトはこちら/

kkday

台湾現地のアクティビティーが格安で利用できます。わたしは様々な台湾現地ツアーをしらべましたが、kkdayが一番安くて快適です。

台湾政府とコラボもしている大企業なので、安心できます。

\公式サイトはこちら/

【ツアー】HIS(エイチ・アイ・エス)

個人手配はちょっと不安。という方におすすめなのが、HIS(エイチ・アイ・エス)

HISは料金が安いのが魅力。フリープランを利用すれば、個人旅行と同程度の自由な旅が楽しめます。オプションで1,000円を支払えばキャンセル料も無料になるので、予定が変わりやすい人にもおすすめです。

\公式サイトはこちら/

【クレジットカード】エポスカード

エポスカードは年会費無料のカードですが、海外旅行に必要な海外旅行保険が付いています。台湾でけが、病気やトラブルに巻き込まれたときに利用できる、日本語の問い合わせ窓口がある貴重なカードです。(楽天、リクルートカードなどにはありません)

\公式サイトはこちら/

WiFiのイメージ画像
最新の台湾情報を手に入れる