潰瘍性大腸炎を就職先に隠して働いたらおきたこと

転職活動

こんにちは!

潰瘍性大腸炎患者歴10年越えのてつやです。

僕は潰瘍性大腸炎であることを隠して、働いていた経験があります。

今回はそのときに起きたことを少しご紹介します。

【大前提】潰瘍性大腸炎を就職先に隠さないほうがいい

潰瘍性大腸炎であることを隠して就職

まず大前提として、潰瘍性大腸炎であることを隠して就職するのはとてもリスクが高い行為であるため、やらないほうがいいです。

僕がはじめて就職した会社では、入社試験の前に健康調査票を提出する義務がありました。

そのときに僕は潰瘍性大腸炎であることを記入しませんでした

のちに潰瘍性大腸炎であることがばれたときに、会社側から潰瘍性大腸炎であるとわかっていなかったら採用しなかったといわれました。

正社員として入社したたため、ばれたときに即クビにならなかったからいいものの、2回目の入院のときに労務不能と認定されクビになりました。

この経験があったため、これ以降の就職活動では潰瘍性大腸炎であることを公表したうえで就職活動をしています。

大企業に就職する場合、潰瘍性大腸炎患者だということは不利

就職活動

福利厚生がしっかりしている大企業の場合、潰瘍性大腸炎であることが採用に大きく影響するという事実があります。

僕が実際に経験しました。

潰瘍性大腸炎は難病に指定されている病気ですが、障害者採用枠には入りません。そのため、企業としても難病とわかっている方をわざわざ採用するよりも、健康体の人を優先する傾向にあります。

※一定規模の会社の場合、障害者採用枠を設けなければなりません。そして障害者を採用することによって政府から助成金が交付されます。難病患者を採用するともらえる助成金もあるのですが、中小企業であればまだしも大企業であればそこまでメリットがありません。

潰瘍性大腸炎でありながら大企業に入りたいと考えている方は、採用試験のときに潰瘍性大腸炎であることを隠した方がいいです。

中小企業の採用担当者は潰瘍性大腸炎って何?という方が多い

面接の様子

よくも悪くも中小企業の採用担当者の方で、潰瘍性大腸炎について理解のある方、どんな病気なのか詳しく知っている方はほとんどおられないのが現状です。

難病にはかなり多くの種類があります。潰瘍性大腸炎患者である僕も知らないような難病がたくさんあるんです。

僕はこれまで10社近くの中小企業の面接に行っていますが、そのときに潰瘍性大腸炎であることを伝え、病気について知っている採用担当者は1人もいませんでした。

大きな会社であればある程度事例がありますし、採用に際しては会社に属している産業医の意見も反映されます。

なので、大企業の面接の際に潰瘍性大腸炎であることを伝えると、不採用になる確率が上がりますが、中小企業であれば面接と履歴書のみで判断されるため、病気理由の不採用は減ります。

これは僕自身が体験してきて感じたことです。

潰瘍性大腸炎であることを隠してもいいのか?

隠し事

僕自身、はじめての就職の際に潰瘍性大腸炎であることを黙っていました。

その結果、潰瘍性大腸炎が悪化して入院することになり、会社の上層部までそのことがばれてしまい、人事の方と産業医、上司とともに面談をすることになりました。

当然、そのときは相当詰められましたのでへこみました。

なんで黙っていたんだ、そもそも潰瘍性大腸炎とわかっていたら採用しなかったと厳しい意見も出ました。

それでも東証一部に上場している大きな企業だったので、クビにはなりませんでした。2度目の悪化で入院したときはさすがに退職勧告を受けましたが。

こういったことがあったので、その後厚生労働省が管轄しているハローワークで、病気を隠して入社することは問題ないのか確認を取りました。

ハローワークの職員曰く、基本的に潰瘍性大腸炎であることを隠して会社に入ることは問題ないそうです。

就職活動をしている時点で、症状が悪化しており仕事に大きな支障が出ているのなら別ですが、普通に働くことができるなら申告は不要です。

申告しない場合は、病院への通院をどうするか、悪化したときはどうするのかなどを事前に決めておくと安心できます。

潰瘍性大腸炎を隠した方がいいのか、隠さないほうがいいのか

疑問

潰瘍性大腸炎患者歴10年を超えている僕は、潰瘍性大腸炎を隠して働いたことも、隠さずに働いていたこともあります。

メリット、デメリットをまとめると以下のような感じです。

潰瘍性大腸炎を隠して働くメリット

・病気を理由に不採用にされることがない

・病気の人だという偏見の目で見られない

潰瘍性大腸炎を隠して働くデメリット

・病気が発覚したときにクビにされることもある

・うそをつく人間だというレッテルを張られる

・通院で有休をとりますと言いづらい

・病気が悪化したときに困る

潰瘍性大腸炎をカミングアウトするメリット

・潰瘍性大腸炎の通院、入院時にもある程度の理解が得られる

・気持ち的に楽

・残業時間などを考慮してもらえる場合もある

潰瘍性大腸炎をカミングアウトするデメリット

・大企業の場合、不採用の対象になる場合がある

・同僚からからかわれる恐れがある

潰瘍性大腸炎であることを隠すことのメリットは、基本的に採用試験のときのみです。僕が実際に経験したように、潰瘍性大腸炎であることを理由に不採用にされるケースもあります。

そのため、隠したいのもわかりますが、隠してしまうと入社してから大変になる場合があります。一口に潰瘍性大腸炎といっても重症度が違うので、自分の症状を見極めながら就職活動をするのがおすすめです。

【裏技】潰瘍性大腸炎の方が就職活動で使えるテクニック

就活で使える技

潰瘍性大腸炎であることを隠す、隠さないというのは意見が分かれるところです。

僕の周りの方でも隠している方と隠していない方がおられます。

そして就職をアドバイスする立場のハローワークの職員でも様々な意見があります。

僕自身は、どちらにするか迷っているなら両方試してみるのが一番いいと思っています。

2つの転職エージェントに登録する

潰瘍性大腸炎の方は、2つの転職エージェントに登録しておくのがおすすめです。

ひとつの方には潰瘍性大腸炎であることは隠して登録し、もうひとつの方では潰瘍性大腸炎であることを公開して登録をしておきます。

そうすると、潰瘍性大腸炎を隠したことによる影響が手に取るようにわかるんです。

転職エージェントとは

転職エージェントについて検索

転職エージェントとは、求職者と会社を結ぶ仲介業者のこと。

有名な転職エージェントだと、リクルートエージェントランスタッドリクナビNEXTなどがあります。

自分のスキルや経験を必要としている会社を紹介してもらうことができます。

転職エージェントにしか出ていない求人も多く、転職を検討されている方は登録必須です。有名な転職エージェントであればあるほど、応募数が多いので、メジャーなところを登録しておくといいと思います。

僕はリクナビNEXT、リクルートエージェントに登録しています。

転職エージェントの使い方

転職エージェントへの登録はスマホで

転職エージェントの特徴は、

在職中でも登録ができること。

企業側からのオファーが受けられること。

スマホから10分程度で無料登録ができます。

転職エージェントのサイトに無料登録しておけば、サイト上でしか公開されていない求人を見ることができ、オファーも受けられます。

潰瘍性大腸炎ということを公表しておけば、それでもいいと思った企業からオファーが受けられるんです。もちろん隠しておいた方がオファーは多いですが。

いつ症状が悪化するかわからない潰瘍性大腸炎の方は、リスク管理のためにも転職エージェントに登録して自分に合う仕事がないか常にチェックしておくことをおすすめします。

Amazon(アマゾン)

海外旅行に必要な持ち物が一通り揃います。

2,000円以上購入で送料無料なので、まとめ買いが便利です。

Amazonギフトカードで商品を購入すれば、2.5%のポイントが貯まります。

そしてなんと初めてAmazonギフトカードにチャージする方限定で、5,000円のチャージで1,000円分のポイントがもらえるキャンペーンも実施しています!

\公式サイトはこちら/

kkday

台湾現地のアクティビティーが格安で利用できます。わたしは様々な台湾現地ツアーをしらべましたが、kkdayが一番安くて快適です。

台湾政府とコラボもしている大企業なので、安心できます。

\公式サイトはこちら/

【ツアー】HIS(エイチ・アイ・エス)

個人手配はちょっと不安。という方におすすめなのが、HIS(エイチ・アイ・エス)

HISは料金が安いのが魅力。フリープランを利用すれば、個人旅行と同程度の自由な旅が楽しめます。オプションで1,000円を支払えばキャンセル料も無料になるので、予定が変わりやすい人にもおすすめです。

\公式サイトはこちら/

【クレジットカード】エポスカード

エポスカードは年会費無料のカードですが、海外旅行に必要な海外旅行保険が付いています。台湾でけが、病気やトラブルに巻き込まれたときに利用できる、日本語の問い合わせ窓口がある貴重なカードです。(楽天、リクルートカードなどにはありません)

\公式サイトはこちら/

転職活動
最新の台湾情報を手に入れる