台湾旅行に必要なパスポートの条件を徹底解説。ビザは不要

パスポート取得

台湾旅行に必要なのは、パスポート取得、航空券予約、ホテル予約です。

まずはこの3つを抑えましょう。

英語や中国語ができなくても、すべて手配が可能です!

この記事では、最初に手配が必要なパスポート取得について深堀していきます。

台湾入国時に必要なパスポートの条件

台北101

台湾入国時に必要になるパスポートの条件は、たった1つ。

出国予定日の時点までの有効期限があるかどうかです。

パスポートの顔写真がついているページで、有効期限を確認できます。

パスポートの有効期限は取得してから、5年有効なものと10年有効なものがあります。

台湾旅行予定を確認して、パスポートが切れるのであれば、更新手続きをします。

90日以上、台湾にとどまる場合

台湾に90日以上とどまる場合、ビザが必要になります。

申請できるビザは、学生ビザやワーキングホリデービザなどです。

ビザを持っていない場合、90日以上台湾にとどまることはできません。

パスポートを新たに申請する場合

海外旅行に行きたいんだけど、パスポートの申請はめんどくさい

と思っている人は多いです。

でも実は、パスポートを取得するのはめちゃくちゃ簡単なんです。

パスポートは最短1週間ほどで発行されます。

用意する書類で一番面倒なのは、役所で発行する戸籍謄本です。

本人確認書類をもって役所に行く必要があり、少し面倒。

逆に言えば、戸籍謄本だけとれれば、後は簡単。

必要な書類は、1日ですべて取得可能です。

パスポート申請に必要な書類

パスポートを初めて申請する場合、いくつか書類が必要です。

パスポート手続きを管轄している外務省のホームページには、申請に必要な書類が条件ごとに掲載されています。

パスポート取得に必要な書類(外務省)

パスポート申請に必要な書類

必要な書類は状況によって異なりますが、基本は一緒。

一般旅券発給申請書1通

旅券センターの窓口でもらうことができます。

最近、外務省のホームページからオンラインで申請も可能になりました。

オンラインで事前に申請をしておくと、申請時間を短縮できるのでおすすめです。

※作成した申請書は印刷して、署名し持参することが必要です。

パスポート申請書のダウンロード(外務省)

戸籍謄本または戸籍抄本1通

発行日から6か月以内のものを、最寄りの役所で取得し提出します。

住民票

住民票は、住民票上の住所と、今住んでいる場所が一致しない場合に必要になります。

一致している場合は、基本的に必要ありません。

パスポート用の写真

パスポート用サイズ(縦45ミリ×横35ミリ)の写真1枚(撮影日から6か月以内のもの)を準備します。

コンビニやスーパー、駅などにある証明写真機でとることができます。

自治体によっては、パスポート用写真機が申請窓口に設置されているところもあり、当日写真を撮ることも可能です。

本人確認書類の原本

運転免許証があればOKです。

健康保険証、写真付きの学生証は1つだけでは証明にならないので、2つ用意する必要があります。

申請者本人が申請にいけない場合など、別途書類が必要になる場合もありますが、上記の書類をそろえれば、パスポートをとれます。

【申請場所】各市町村の旅券センター

書類がそろったら、申請手続きをします。

申請場所は自分が住んでいる市町村の旅券センターです。

旅券センターの場所の一覧は、外務省のホームページで確認することができます。

パスポート申請にかかる手数料

5年のものは11000円、 10年有効なパスポートは16000円が手数料として必要です。

10年有効なパスポートは20歳以上の人しか申請できません。

申請後、パスポートが発行されるまでに1週間ほどかかります。

航空券をとる

台湾へはLCCと呼ばれる格安航空会社が多数就航しており、かなり安く航空券を購入することができます。

時期やLCC各社がやっているセールなどのタイミング次第では、往復で1万円程度で航空券をとることができるときもあります。

私がこれまでに取れた航空券で一番安かったのは、日本と台湾【往復】1万1000円弱です。

ホテルをとる

台湾のホテルは、比較サイトを使えば日本語のみで予約することが可能です。

台湾ではドミトリーと呼ばれるタイプの客室は、1泊1000円以下、普通のホテルでも1泊3000円ほどから泊まることができます。

航空券代金と合わせても2泊3日の旅行であれば、3万円以下で旅行を楽しむことも可能です!

台湾旅行は、国内旅行より安い

新幹線を利用して東京と新大阪を往復する場合、普通車自由席の正規料金で27240円します。

日本国内旅行をするよりも安く、台湾を旅行することができます。

海外旅行準備におすすめのサービス

これまで積み重ねてきた経験をもとに、厳選したサイトのみをご紹介。

海外旅行の際に役立てていただけると嬉しいです。

Amazon(アマゾン)

海外旅行に必要な持ち物が一通り揃います。

2,000円以上購入で送料無料なので、まとめ買いが便利です。

Amazonギフトカードで商品を購入すれば、2.5%のポイントが貯まります。

そしてなんと初めてAmazonギフトカードにチャージする方限定で、5,000円のチャージで1,000円分のポイントがもらえるキャンペーンも実施しています!

\公式サイトはこちら/

kkday

台湾現地のアクティビティーが格安で利用できます。わたしは様々な台湾現地ツアーをしらべましたが、kkdayが一番安くて快適です。

台湾政府とコラボもしている大企業なので、安心できます。

\公式サイトはこちら/

【ツアー】HIS(エイチ・アイ・エス)

個人手配はちょっと不安。という方におすすめなのが、HIS(エイチ・アイ・エス)

HISは料金が安いのが魅力。フリープランを利用すれば、個人旅行と同程度の自由な旅が楽しめます。オプションで1,000円を支払えばキャンセル料も無料になるので、予定が変わりやすい人にもおすすめです。

\公式サイトはこちら/

【クレジットカード】エポスカード

エポスカードは年会費無料のカードですが、海外旅行に必要な海外旅行保険が付いています。台湾でけが、病気やトラブルに巻き込まれたときに利用できる、日本語の問い合わせ窓口がある貴重なカードです。(楽天、リクルートカードなどにはありません)

\公式サイトはこちら/

パスポート取得
最新の台湾情報を手に入れる