ハワードプラザホテル高雄30階「Smile One」高雄の夜景を独り占めできるレストラン

今回の台湾旅行で宿泊した、福華大飯店(ハワードプラザホテル高雄)の最上階で夕食を食べました。

ハワードホテルグループは台湾9か所に展開する、5つ星ホテルです。

今回宿泊した高雄以外にも、台北、新竹、雲林、墾丁にもホテルがありますよ。

5つ星ホテルだけあって、夕食もとても豪華でした。※この記事はPRを含みます。

ハワードプラザホテル高雄の「Smile One」店内

ハワードプラザホテル高雄は30階建てで、客室以外にレストランやカフェ、バーなどの飲食スペース、屋外プールやトレーニングジムなども完備しています。

とても大きなホテルで、台湾旅行に来たのに1歩も外にでなくても楽しめちゃいます。

実際に宿泊してみて、本当に外に出たくないくらい居心地が良かったです。

今回利用したレストランは、5つあるレストランのひとつ「Smile One」です。

ホテル最上階にあることから、眺めがとても良いですよ

わたしがお店に伺った午後6時はすでに日が落ちていて、夜景がとても綺麗でした。

高雄のランドマーク高雄85ビルを含む、高雄の街並みが色鮮やかにライトアップされています。

「Smile One」は約100席あり、どのタイプの座席に座っても居心地が良いです。

ファミリー向けのボックス席、大人数での宴会ができる個室、一人鍋用のカウンター席がありました。

私が行ったときは家族連れやお友達と来ている方など、複数人で来店されている方が多かったです。

ひとりで来ても気まずいということはなく、ゆったりとひとり鍋を楽しむことができます

台湾ではひとり鍋の文化が浸透しているので、ひとりで来ても違和感はありません。

カウンター席も1席あたりの占有スペースが大きく、ゆったりと食事を楽しめます。

大理石を基調としたテーブルはシンプルですが、落ち着いた雰囲気を醸し出していました。

ひんやりとした空気を感じる大理石と、温かみのある暖色系の照明のバランスが絶妙に感じました。

この日の高雄は30℃近かったですが、空調の加減も丁度良かったです。

カウンター席は全部で10席あり、お酒も楽しむことができますよ。

お店の両サイドに設けられた窓は大きく、高雄の街並みがよく見えます。

ハワードプラザホテル高雄は周りの建物よりも高いため、視界が良好です。

店内はモダンな雰囲気で、ゆったりとした時間が流れています。

ついつい長居をしたくなる空間です。

わたしは食事に時間をかけないほうなのですが、気が付いたら2時間経っていました。

個人的に気になったのが照明の種類や配置、個数、座席に備えられたコンセントです。

わたしは海外旅行のとき、建築物をみるのを楽しみにしています。

台湾だと日本統治時代の建物や、それをリノベしたスポット巡りをよくしていました。

また、古い建物だけでなく台湾の近代建築物を見に行くのも好きです。

「Smile One」の店舗設計もなかなか興味深く、建築好きのわたしにとっては店内を見ているだけでとても楽しかったです。

「Smile One」は2018年10月にオープンしており、比較的最近の洒落た店舗設計になっています。

ゆとりのある動線が確保されていて、照明の明るさもちょうど良かったです。

スポットライトが明るすぎず暗すぎず、温かみを感じられました。

火鍋店ということを考慮されたのかはわかりませんが、店外に出なくても良いように座席にコンセントがあったり、トイレや喫煙所も店内にあるのが素晴らしいです。

トイレも喫煙所も座席から離れた場所にあり、視覚に入らないように設計されています。

「ゆっくりと食事をして欲しい」という気持ちが感じられる、素敵な空間演出に感動しました。

ハワードプラザホテル高雄「Smile One」のお料理

「Smile One」は、有機野菜と上質なお肉と海鮮のお鍋が食べられるお店です。

各テーブルに電子コンロが備え付けてあり、そこで食材を調理します。

基本のセットメニューは、前菜+有機野菜+お肉+海鮮+雑炊+デザートの組み合わせです。

有機野菜、お肉、海鮮の順番に鍋に食材を投入していきます。

食べてみて思ったのが、「Smile One」の有機野菜へのこだわりです。

わたしは台湾の火鍋屋さんによく行っていましたが、野菜にこだわっているところは少ない印象があります。

どちらかと言えば、お肉やお魚に力を入れているお鍋屋さんが多いですね。

「Smile One」は有機野菜にこだわっており、お野菜から自然の旨味が感じられました。

日本の鍋には入れることが少ないトマトやズッキーニも、濃厚な味わいでした。

写真は一人前の有機野菜なんですが、量がかなり多くてひとりでは食べきれないほど豪華です。

前菜

お鍋に火を入れて茹で上がるのを待っているころ、前菜が運ばれてきました。

前菜は、サーモン揚げのいくら添えです。

サーモンにはタルタルソースがかかっています。

サクサクとした衣にフワフワのサーモンが包まれていて、口当たりがよくて美味でした。

お肉

お肉は米国産最高級プライムビーフ、サーロイン、三角バラ、日本産A5ランク黒毛和牛などから選択できます。

今回は米国産のお肉をいただきました。

口の中にいれるとすぐにとろけるほど柔らかく、とてもおいしかったです。

海鮮

お肉の次は海鮮です。

アワビや牡蠣、ホタテ、イカ、エビ、サーモンの盛り合わせが提供されます。

盛り付けが綺麗なだけでなく、濃厚な味わいでおいしかったです。

雑炊

締めは、野菜や魚介の旨味がしみ込んだ出汁で煮た雑炊です。

自分が食べた鍋のスープ、または「Smile One」特製の出汁で作った雑炊がいただけます。

溶き卵と薬味、味のしみ込んだ出汁が合わさって濃厚でした。

量が多くて食べきれなかったので、残ったものは持ち帰ってあとでいただきました。

デザート

デザートはタピオカプリンです。

とろけるようなフワフワのプリンの上に、タピオカが真珠のようにのせられています。

モチモチのタピオカとプリンは意外にも相性が良く、ペロリと平らげてしまいました。

コース料理は以上で終了です。量が多くて、大満足でした。

食べきれなかった分は持ち帰りもできます。

ハワードプラザホテル高雄「Smile One」で笑顔に

最初「Smile One」というお店の名前を聞いたとき、なんでこの名前にしたんだろうなと疑問でした。

実際にお店に入ってみて、店員のみなさんが笑顔で楽しそうにされているから「Smile One」なんだな、と勝手に合点がいきました。

スタッフの皆さんが、丁寧に接客をしてくださって本当にうれしかったです。

日本語が少し分かるスタッフの方もおり、中国語ができなくてもコミュニケーションを取れます。

店員さんのイチオシが夜景ということで、最後は個室の電気を暗くして夜景を見せてくれました。

確かに夜景はキラキラとしていてすごくきれいだったのですが、丁寧に接客をしてくださるスタッフの皆さんもそれ以上に輝いて見えました。

高雄に行かれる際は、是非「Smile One」に立ち寄って、最高の料理と接客を心ゆくまで楽しんでみてください。

Smile One

住  所:高雄市新興区七賢一路311号30階(ハワードプラザホテル高雄内)

最寄り駅:美麗島駅徒歩10分

電話番号:+886 7 236 2323

webサイト:https://www.howard-hotels.com.tw/ja_JP