定番から最新まで。台湾のお土産はここまで進化している

お土産を手渡す

こんにちは!台湾在住の鉄也です。

台湾では新たな雑貨やお菓子をはじめ、お土産として購入したいものが続々と誕生しています。

今回は定番商品だけでなく、2020年に誕生した新しいトレンドにもなりうるお土産をご紹介していきます。

パイナップルケーキ

サニーヒルズのパイナップルケーキ
サニーヒルズのパイナップルケーキ

台湾お土産の定番といえば、パイナップルケーキです。

昔も今も変わらず人気の台湾お土産商品です。

パイナップルケーキの人気店は、数年前とかわりつつあります。

日本のメディアではサニーヒルズ、ChiaTeなどが取り上げられることが多いですが、今台湾では新たなお店に注目が集まっています。

わたしのおすすめパイナップルケーキは別記事で詳しくご紹介しているので、お土産選びに参考にしてみてください。

関連記事

台湾パイナップルケーキ好きの鉄也です。台湾お土産の定番といえばパイナップルケーキ。中でも台湾ブロガーや口コミで評判になっているのが、サニーヒルズや佳德のパイナップルケーキです。もちろんおいしいのですが、私が食べた中[…]

サニーヒルズのパイナップルケーキ

パイナップルケーキ

台湾土産の定番は、パイナップルケーキです。

台湾にこられる観光客の多くが購入する定番商品になります。

台湾=パイナップルケーキというイメージが強いので、とりあえずパイナップルケーキをお土産買っておけば安心です。

パイナップルケーキは、台湾原産のパイナップルを練りこんだ餡を生地で包み込んだケーキです。パイナップルの甘酸っぱさとケーキの甘さがマッチします。

パイナップルケーキの定番は、新東陽。

手ごろな価格で購入できるので、ばらまき土産にぴったりです。

ちょっと高級なパイナップルケーキも食べてみたい方のおすすめなのが、サニーヒルズのパイナップルケーキです。

サニーヒルズは東京の南青山にもありますが、台湾本店買えば安く購入できます。

MRT松山空港駅から徒歩20分ぐらいのところにある本店では、無料で1つパイナップルケーキを試食できます。

お茶も出してくれるので、ゆったりとした空間でお土産を選べます。

台湾ヌガー(牛軋糖)

台湾名物ヌガー

台湾のお土産で人気があるのが、台湾ヌガー。

台湾にはヌガー専門店も多く、地元民が愛するお土産でもあります。ヌガーを専門に扱うお店のなかで有名なのが、糖村(Sugar & Spice)です。

こちらのお店は、台湾市内の数多くの百貨店に出店している人気店。

価格は250グラム入りで180元(600円程度)。

会社の同僚などに配るばらまき土産に最適です。

タピオカクッキー

台湾のお菓子
桃園国際空港のお土産コーナーで販売されているお菓子

昨今のタピオカブームの影響で、空港や駅のお土産コーナーではタピオカ関連商品が増えています。

台湾桃園国際空港のお土産ショップには、タピオカクッキーやチョコ、焼き菓子などが販売されています。

タピオカの素

タピオカの素

台湾のスーパーには、タピオカの原材料となるタピオカの素が販売されています。

お値段は200g入りで61元(200円程度)。

タピオカの素を湯煎してミルクティーと合わせれば、簡単にタピオカミルクティーを作ることができます。

ご家族へのお土産やタピオカ好きな女性へのお土産にぴったりです。

台湾産のお茶

台湾烏龍茶

台湾は世界的にも有名なお茶の産地。

阿里山、猫空、日月潭などの有名なお茶の産地があります。

わたしが好きなお茶は、阿里山原産の茶葉を使ったもの。

程よい甘さと芳醇な香りが、贅沢な味わいを生みだしています。

百貨店やお茶専門店でも購入できますが、スーパーで購入したほうが安いです。

写真の台湾高山烏龍茶はティーバック100個入で150元(500円程度)

ドライフルーツ

台湾のドライフルーツ

台湾はフルーツを乾物にした、ドライフルーツが有名。

バナナ、リンゴ、パイナップルなどのフルーツ系のドライフルーツが人気があります。変わり種のドライフルーツも意外と人気。

玉ねぎやカボチャなどの果物ではなく、野菜の乾物のほうが人気が高いんだとか。実際に食べてみましたが、玉ねぎの乾物はめちゃくちゃうまかったです。

お酒のおともにぴったり。

台湾調味料

台湾の調味料コーナー

台湾料理を家でも作ってみたくなった人に、おすすめのお土産が台湾の調味料です。台湾の調味料は日本で購入できないものや、入手が難しいものがたくさんあります。

ホタテほんだし

台湾限定ホタテほんだし

味の素が台湾限定で販売しているのが、ホタテほんだしです。日本で購入できませんといいたいところですが、実はアマゾンでも販売されていることもあります。

ただし、台湾で購入するより700円程度高い(120グラム入り)ので、台湾にこられた際にぜひ購入してみてください。

フェイスマスク

フェイスマスク

中でも有名なのが、フェイスマスク。

コラーゲンたっぷりのフェイスマスクは、日本人観光客に大人気です。

箱入りのフェイスマスクだけでなく、1枚から購入できるばら売りタイプのフェイスマスクも多いので、いろんな種類を試すことができます。

価格は安いものだと、1枚当たり50円程度。友達へのお土産にも最適です。

台湾のドラッグストア(POYA)などで購入できます。

アクセサリー

女性に人気のお土産にアクセサリーがあります。夜市や百貨店など、たくさんの場所でアクセサリーが売られています。

特におすすめなのが、百貨店に入っているアクセサリー店。

好みの素材を追加して、自分だけのオリジナルのアクセサリーを作ることができるお店もあります。その場ですぐに作ってくれるので、おすすめです。

国父記念館駅徒歩10分くらいの場所にある、台北文創大樓にはアクセサリーショップが集中しており、世界に1つだけのアクセサリーを手作りすることができます。

マスキングテープ

台湾マスキングテープ
POYAで購入できるマスキングテープ

台湾のお土産で人気が高いものに、マスキングテープがあります。

このマスキングテープですが、いろんな種類がありおしゃれでかわいいものが多いです。

友達や家族にお土産を渡す際に、マスキングテープを使ってコーティングするのがおすすめ。

客家花布

客家花柄の茶器

写真の茶器は、台北の猫空のお土産屋さんで撮影したものです。客家花柄を使用した茶器や雑貨は、色鮮やかな色合いから特に若い女性に愛されています。

様々な製品に加工されており、使いやすさだけでなくおしゃれ度も格段にアップ。台北駅や士林夜市、デーファージエなどでも購入できます。

フレグランス

台湾の香水

フレグランスも、台湾土産として人気です。特に人気があるのが、お部屋、衣類ケース用のフレグランス。

わたしも実際に使っている商品が、farcentの衣装棚用フレグランスです。衣装棚にひとつ入れておくだけで、服からいい匂いが漂います。

3か月効果が持続するタイプのフレグランスなら、59元(200円程度)で購入できるのでコスパが高いです。

スーツや、ジャケットなどの上着類の消臭に便利です。

台湾ビール

台湾ビール

台湾のお土産で購入したいのが、台湾ビールです。

台湾ビールは350ml入りで35元(110円)程度で購入できます。

パイナップル、ブドウ、オレンジ、マンゴーなど果実系の味が多く、甘いのが特徴的です。

日本のビールと違って苦みが少なく、チューハイ感覚で飲めるので、若い女性にも人気があります。

台湾ウイスキー

台湾お酒

台湾ではウイスキーの生産が盛んです。

世界的にも注目を集める、「カラバンウイスキー」はお酒好きなお友達へのお土産にぴったりです。

台湾製マスク

台湾製マスク

台湾はバイクの保有数が世界的にかなり多いです。

風よけや排気ガスなどを防止するために、マスクをしている方がたくさんいます。

台湾のマスクはカラフルでとてもおしゃれ。値段も日本に比べて安いです。

日本でも最近はやっている黒マスクが、50枚入りで300円程度で購入できます。

スマホ

台湾では、OPPOや小米などの中華製スマホが格安で手に入ります。

特に小米はコストパフォーマンスが高く、6400万画素のカメラを搭載したスマホが1万5000円程度で購入できてしまいます。

これから何度も海外旅行に行かれる予定があるなら、SIMフリースマホをゲットしておくのがおすすめ。

SIMフリースマホがあれば、今話題のLINEモバイル、イオンモバイル、楽天モバイルなどの加入も簡単。

動画閲覧、写真撮影専門スマホとして持っておいてもいいと思います。

ワイヤレスイヤホン

台湾の電気屋では、ワイヤレスイヤホンが1000円ほどで購入できます。

夜市で売っているものは質が悪いのが多いので、電気屋で購入することをおすすめします。

試聴もできるので、実際に試してみてください。

大同電鍋

日本でも有名で知っている人も多いと思いますが、大同電鍋(ダートンデンティエ)はお土産としてかなり人気が高いです。

大同電鍋は、台湾の多機能お鍋のこと。

こちらの商品は日本の通販でも購入ができますが、台湾で購入したほうがお得。

日本のAmazonやヤフーで売られている大同電鍋は、13,000~20,000円が相場。(サイズにより値段が変わる)

それに対して台湾で購入すれば、6,000円~9,000円程度で購入ができます。

半額程度で手に入るので、台湾に行ったときにぜひ購入してみてください。

【注意】肉製品はお土産として持ち帰れない

台湾で肉が含まれている商品を購入し、お土産として日本に持ち込むことはできません。(※台湾の空港で販売されている検品済み商品を除く)

肉製品を持ち込むと罰金刑が科されるので、注意してください。

少しでも肉が含まれているものは基本的にアウト。

しかし、税関に申告したうえで日本に持ち込むことは可能な場合もあるため、どうしても肉製品をお土産として買って帰りたい場合は、税関で申告しましょう。

お土産が購入できる場所

お土産は空港や駅など観光客が集まる場所で購入することが可能です。しかし、空港や駅のお土産コーナーの商品は値段が高いので、ばらまき土産の購入には適しません。

会社の同僚やクラスメートなど、不特定多数の人に配るお土産の購入はスーパーマーケットの利用が便利です。

今回の記事でご紹介したパイナップルケーキ、台湾ヌガーをはじめとする台湾のお菓子はスーパーでまとめ買いすることができます。

台湾の原宿といわれる西門町から徒歩10分くらいのところに、カルフールという24時間営業のスーパーマーケットがあるので、そこで購入すれば大抵のものはそろいます。

【GOTOトラベル】ホテル予約サイト

アゴダはブッキングドットコムのグループ企業。

日本のホテル予約にも対応しており、GOTOトラベルの利用もできます。

\GOTOトラベルでお得に予約/

アゴダ公式サイト

エクスペディア

Expedia(エクスペディア)はアメリカに本社を構え、サイトは日本語に対応しています。

GOTOトラベル対象です。

ホテル予約については24時間日本語で問い合わせることができます。

日本のホテルも予約可能です。

\GOTOトラベルでお得に予約/

エクスペディア公式サイト

ホテルズドットコム

ホテルズドットコムは、10泊宿泊すると1泊無料になります。

GOTOトラベルと合わせて使うと大変お得。

出張や旅行などで頻繁にホテル予約をされる方におすすめです。

エクスペディアのグループ企業なので、日本語での問い合わせにも対応しています。

\GOTOトラベルでお得に予約/

ホテルズドットコム公式サイト

じゃらん

日本国内のホテル予約に便利です。

GOTOトラベルに対応しています。

ポイントもたまるので、GOTOトラベルとの併用がお得です。

たまったポイントは、コンビニや次回のホテル予約など幅広く使えます。

\GOTOトラベルでお得に予約/

じゃらん公式サイト

お土産を手渡す
最新の台湾情報を手に入れる