台湾フルーツ総まとめ。食べられる時期や日本にないもの

台湾はまさにフルーツ天国です。

台湾には日本で食べることができない果物、日本では数千円するフルーツが数十円で食べれたりします。

そんな台湾で食べられるフルーツ全部まとめてみました。

台湾マンゴー

台湾マンゴー

台湾フルーツの代表がマンゴーです

台湾マンゴーは4月から市場に出回り、9月ごろまで楽しむことができます。

カルフールなどの大型スーパーでは9月ごろまで購入できます。

台湾マンゴーには様々な品種がありますが、おすすめなのは愛文マンゴー

愛文マンゴーは、台湾かき氷に使われる糖度の高いマンゴーです。

台湾のスーパーでは一粒100円以下で購入することができます。

台湾マンゴーの食べ方

台湾マンゴーは果物ナイフで身を半分に切ります。

そして外皮は切らずに、なかの果肉をさいの目切りします。

皮をひっくり返すように向けば、テレビでよく見るような見栄えよく盛り付けることができます。

台湾旅行の際に果物ナイフを持参すれば、ホテルでもマンゴーが食べられます

釈迦頭(バンレイシ)

台湾フルーツの釈迦頭

釈迦の頭に似ていることから、釈迦頭(シャカトウ)と呼ばれる果物。

バンレイシ、グリーンアップルと呼ばれることもあります。

糖度が高く甘みが強いのが特徴です。

台湾南部の台東などで栽培がおこなわれています。

わたしは台東に旅行したときに釈迦頭の栽培所を見せていただき、試食もさせていただきました。

釈迦頭の食べ方

釈迦頭はそのまま割って食べることができます。

ナイフなどを使わず手だけで食べることができるので、台湾旅行の際にスーパーや市場で購入し手軽に味わうことが可能。

釈迦頭には種がありますので、食べるときは飲み込まないように注意する必要があります。

竜眼(リュウガン)

台湾フルーツの竜眼

ライチに似た食感を持つ竜眼(台湾では龍眼と表記される)は、若い女性に人気の高い台湾フルーツです。

7月~8月にかけて最盛期を迎えます。

台湾のスーパーなどでは1キロ500円程度で手に入ります。

竜眼は漢方薬としても使われる栄養価の高い果物。

日本ではなかなか手に入りにくいです。

竜眼(リュウガン)の食べ方

竜眼を食べるときは包丁は必要ありません。

ブドウなどと同じく外の皮をはぎ、中の果肉を吸い出すように食べます。

外の殻はブドウよりも固いため、最初に切れ込みを入れてから食べるのもOK。

中心には種があるので飲み込まないように気をつけましょう。

台湾鳳梨(パイナップル)

台湾パイナップル

台湾の特産品であるパイナップルは、台湾フルーツの王様といってもいいでしょう。

台湾土産の定番であるパイナップルケーキには、ふんだんに台湾パイナップルの果肉が使われています。

台湾南部の都市に行くとパイナップル畑がたくさんあります。

パイナップルが地面に突き刺さっているかに見える景色は、はじめて見たときに感動を覚えました。

台湾鳳梨の食べ方

パイナップルは外皮をついたまま輪切りにするのが一般的です。

輪切りにした後、外皮をはぎ取り中の果肉を食べやすい大きさにカットしていきます

パイナップルの外皮には硬い突起があるので、けがをしないように慎重に切る必要があります。

台湾ではパイナップルケーキの生地に鳳梨が使われています。

その他、パイナップルを使用した焼き菓子などに用いられるのが一般的です。

パイナップルケーキは台湾お土産の定番であり、名物でもあります。

関連記事

台湾お土産の定番といえばパイナップルケーキ。台湾ブロガーや口コミで評判になっているのが、サニーヒルズや佳德のパイナップルケーキです。もちろんおいしいのですが、私が食べた中でそれらを上回るパイナップルケーキがあったのでご紹介[…]

台湾お土産パイナップルケーキ

台湾蓮霧(レンブ)

台湾蓮霧

台湾蓮霧(レンブ)も日本では購入することが難しい台湾フルーツのひとつ。

レンブは別名ワックスアップルとも呼ばれています。

りんごよりも柔らかく、プラスチックナイフでも簡単に切ることが可能。

味はりんごに近く、糖度は低めです。

さっぱりとした味わいで、甘い果物が苦手な方からも人気があります。

台湾蓮霧の食べ方

レンブはりんごと同じ食べ方をすることができます。

包丁で切って食べるのもいいですし、そのままかじりついても大丈夫です。

下手の部分と芯は食べられないところもりんごと同じですね。

りんごと同じ感覚でたべることができ、食感もわりとりんごに近いので日本人の口にも合います。

台湾バナナ

台湾フルーツ

今でこそ日本に輸入されるバナナはフィリピン産のものが多いですが、戦後すぐは台湾産のものが大多数を占めていました。

第二次大戦後の日本では台湾バナナは高級品として扱われており、そのためにバナナはおやつに入るのかどうかという遠足定番の質問ができたのではないかという説もあるほど。

台湾バナナは糖度が高く、非常に甘いです。

ただ、台湾バナナの価格はフィリピンバナナに比べて高いので、日本ではあまり流通していません。

台湾にきたらぜひ食べていただきたいフルーツです。

台湾バナナの品種

台湾バナナの品種のひとつに、台湾紅皮蕉があります

台湾紅皮蕉の特徴は皮が赤紫色をしていること。

味はりんごに近く、黄色のバナナよりのしっとりとした味わいが特徴です。

台湾のスーパーで売られているときは食べごろでないことが多く、家で熟成させる必要があります

わたしがはじめて紅皮蕉を食べたときはそのことを知らず、間違って口にしてしまって口を痛めました。

ドラゴンフルーツ

台湾フルーツのドラゴンフルーツ

台湾ではドラゴンフルーツも安く手に入ります。

ドラゴンフルーツの旬の時期である7、8月にはスーパーで1粒100円ほどで購入が可能です

ドラゴンフルーツは果肉が白いものと赤いものがあります。

果肉が赤いドラゴンフルーツは栄養価が高いです

また、赤いドラゴンフルーツを大量に食べると赤い色素が便に残り、便器が赤く染まることがあります。

体に問題があるわけではないので、心配しなくても大丈夫です。

ドラゴンフルーツの食べ方

ドラゴンフルーツの外皮は見た目とは裏腹に柔らかく、ナイフで簡単に切ることができます。

外皮ごと、くし切りにします。

くし切りにした外皮の両端を下に押し下げれば、果実がとれて食べることができます。

台湾大西瓜(スイカ)

台湾大西瓜

日本の夏の風物詩でもあるスイカ。

あまり知られていませんが、台湾でもスイカの栽培が盛んです。

台湾スイカにはたくさんの種類がありますが、スーパーなどでよく見かけるのが大西瓜。

日本のスイカに比べて台湾スイカはサイズが大きいです

重いものでは1個あたり5キロを超えます。

台湾大西瓜は楕円形。日本のスイカのように丸くありません。

大西瓜は糖度が高く、とても甘いのが特徴。

台湾大西瓜の食べ方

台湾大西瓜の食べ方は、日本のスイカの食べ方と全く同じ。

大きな包丁で三角切りしてかぶりつきます。

海辺などでスイカ割を楽しむのもよいと思います。

スターフルーツ

台湾フルーツのスターフルーツ

包丁で切ったときに断面が星(スター)のように見えることから、スターフルーツという名前がついています

スタフルーツの食感は梨と同じです。

シャリシャリとした味わいを楽しめます。

パッションフルーツ

台湾フルーツのパッションフルーツ

パッションフルーツは台湾で栽培されているフルーツです

プチプチとはじける食感が癖になるパッションフルーツは、日本でも入手できます。

台湾の果物屋さんで購入できます。

グアバ

台湾フルーツのグアバ

台湾では主に白い果肉のグアバが流通しています。

グアバは、スーパーの果物コーナーでよく見かける台湾を代表するフルーツです

台湾のドリンクスタンドではグアバを使ったジュース、ドリンク類が販売されています。

台湾大手スーパーのカルフール、ダールーファーなどで、グアバジュース(1ℓ)80円程度で入手が可能です。

イチゴ

台湾フルーツの苺

あまり知られていませんが、台湾はイチゴの産地でもあります

台湾各地や高山地帯にイチゴ畑があり、いちご狩りを楽しむことができるんです。

台北MRT内湖駅からタクシーで15分ほどのところにある、白石湖一帯にはイチゴ畑が広がっています。

白石湖ではイチゴの季節(3月、4月ごろ)にイチゴ祭りが開催され、多くの観光客がいちご狩りを楽しみます。

パパイヤ

パパイヤ

台湾はパパイヤの産地でもあります。

パパイヤは台湾では木瓜(ムーグワ)と呼ばれています

パパイヤミルクは台湾ドリンクスタンドの定番メニューです

パパイヤは腐ったようなにおいがするので、そのまま食べることは少ない果物。

牛乳などと一緒に合わせることで臭みを減らせます。

台湾フルーツ
最新の台湾情報を手に入れる