おすすめのセキュリティポーチ。選び方と海外旅行時の活用術

海外旅行の必須アイテムのひとつがセキュリティポーチです。

用途が限られると思われがちなセキュリティポーチですが、海外旅行では大活躍します。

セキュリティポーチの選び方と活用術をご紹介します。

セキュリティポーチ選びのポイント

セキュリティポーチはたくさん種類があります。

「どれを選べばいいかわからない」方におすすめのセキュリティポーチを厳選しました。

海外旅行歴5年のわたしが考える、セキュリティポーチ選びの重要ポイントは3つです

安全性

軽量性

防水性

セキュリティポーチの安全性

高いセキュリティ機能がないと、セキュリティポーチの意味がありません。

スキミング防止素材をポーチに使用しているものがおすすめです。

クレジットカードやパスポートの情報を抜き取られないポーチを選ぶ必要があります。

またポーチの丈夫さも選ぶ際の重要ポイントです。

スキミング防止素材を使用していても、丈夫な生地を使用していないとスリの被害にあうリスクがあがります。

セキュリティポーチの軽量性

セキュリティポーチは、旅行中常に持ち歩くものです。

セキュリティはしっかりしていても、重量が重いと首が疲れます。

持ち歩いて使用するときに、負担にならない軽量化されたポーチがベストです。

軽量化されたものであれば、体に身に着けていても隠しやすく防犯性が高まります。

セキュリティポーチの防水性

セキュリティポーチにはパスポートや現金、チケットなどを入れることが多いです。

これらのものは水に弱く、濡れてしまうと使えなくなってしまう場合も少なくありません。

急なスコールが多い国を旅行する場合、防犯性能だけでなく高い防水性能があるポーチが必要です。

防水性能があるセキュリティポーチなら、貴重品を水濡れから守れます。

私が5年間愛用しているセキュリティポーチ

セキュリティーポーチ

わたしの愛用しているセキュリティポーチをご紹介します。

買ってから5年ほどたちますが、現在も使用しています。

首から掛けるタイプで、軽量化(65g)されているので利便性が高いです。

スキミング防止機能も付いています。

※【スキミング】クレジットカード情報を読み取ってお金を盗む手口

撥水加工もされており、雨にも強いのが特徴です。

裏面がメッシュ加工になっているので、夏でも快適に使用することができます。

30日間以内であれば返品も可能です。

GetWing社のセキュリティポーチ

わたしがおすすめしているセキュリティポーチは、GetWing社のものです。

海外旅行に行くときに重宝していますが、丈夫で軽く使いやすいです。

スキミング防止素材がバッグの全体に使われているので、安心して使えます。

専門家によるスキミング防止機能のテストにも合格しています。

HACONO TRAVEL社のセキュリティポーチ

HACONO TRAVEL社のセキュリティポーチは、首からかけるタイプです。

Amazonのパスポートケース、カバーの売れ筋ランキングで1位を獲得したこともあります。

スキミング防止機能がついており、軽量(80g程度)で使いやすく防水性能も備わっています。

1年間保障がついているので、万が一壊れてしまった場合でも交換可能です。

セキュリティポーチの活用法

わたしはセキュリティポーチを首から掛けて、服の内側(インナーとシャツの間)に入れています。

そうすることで、周囲の人から見えなくなります。

ひもの部分などが見えたとしても、抑止力には十分です。

それだけ?と思うかもしれませんが、防犯にはとても効果があります。

事実、セキュリティーポーチから貴重品を奪われたことはありません。

ポケットに入れていたチケットを盗まれたことがあり、セキュリティポーチの大切さに気付いたところです。

暑い国(夏)のセキュリティポーチ活用術

海外旅行先の国がとても暑い場合、首からセキュリティーポーチをかけるとべたついてしまいます。

そんなときは、わたしは貴重品をウエストポーチ(ウエストバッグ)にいれて持ち歩きます。

本当に大事な貴重品(パスポート、現金)は、セキュリティーポーチに入れたうえで、ウエストポーチに収納するのが安全です。

ウエストポーチに全財産を入れずに、ホテルの貴重品ボックス、上着のポケット、ズボンのポケットなど、複数の場所に分散して現金やクレジットカードを管理するのがおすすめです。

こうすることで、リスクを分散することができます。

海外旅行に便利なウエストポーチ(バッグ)については、別記事で詳しく解説しています。

関連記事

日本は比較的治安がいいので、かばんやズボンのポケットに財布などの貴重品を入れていても、とられることはほとんどないです。でも、海外の場合は違います。簡単に擦られます。わたしは、イタリアに旅行したときに擦られました。[…]

旅行用バッグ

寒い国(冬)のセキュリティポーチ活用術

冬は夏に比べるとセキュリティー対策が取りやすく、旅がしやすいです。

なぜなら、コートやダウンジャケットを着ているから。

コートの内ポケットにも貴重品を分散して隠せるし、セキュリティーポーチをトレーナーとインナーの隙間に隠すこともできます。

わたしは、イタリアを旅行中にポケットに入れていたチケット(地下鉄乗り放題チケット)をすられたことがありました。

でも、現金やパスポートなどはセキュリティーポーチにいれて首にかけ、インナーとアウターの間に入れていたので、安全でした。

イタリアのすりの技術はほんとにすごくて、全く気が付かなかったです。

現金や財布をポケットに入れて、持ち歩くのは避けたほうが良いと思います。

関連記事

スーツケースは高いものは数十万円、安いものは数千円で購入ができます。価格やサイズ、使われている素材が様々なので、どれを選べばいいかわからないという方も多いです。今回の記事では、海外旅行に頻繁に行く筆者がおすすめのスーツ[…]

スーツケース