嘉義観光のおすすめスポット。行き方やおすすめグルメ

嘉義観光はあまり人気がありません。

それは嘉義にどんな観光地があるか知らない人が多いからです。

嘉義は日本とゆかりが深く、楽しめる観光地がたくさんあります。

関連記事

台湾映画のなかで特に有名なのが、KANOです。KANOは、日本統治時代に台湾の高校(KANO)が甲子園に出場したことを題材にした映画。日本とゆかりが深く、日本人が見ても楽しむことができます。【UNEXT公式サイト】[…]

KANO

新幹線で台北から嘉義に行く方法

台北から嘉義までは台湾新幹線で1時間27分

料金は1080元(約4000円)です。

台湾新幹線嘉義駅から台湾鉄道嘉義駅まではバスで30分ほどかかります。

新幹線利用者は、台湾新幹線嘉義駅と台湾鉄道嘉義駅を往復するシャトルバスに無料で乗れます。

台湾鉄道で台北から嘉義に行く方法

台湾鉄道で台北駅から嘉義駅までの所要時間は、自強(快速列車)で3時間34分です。

台北駅から嘉義駅までの料金は、598元(約2100円)です。

ICカード(悠遊カード)で乗車すれば割引が適用されるので、、385元(約1500円)になります。

節約したいなら台湾のICカード(悠遊カード)を利用しましょう。

観光の起点になる台湾鉄道嘉義駅

嘉義駅
撮影:台湾観光ドットコム

台湾鉄道嘉義駅は嘉義観光の中心になる駅です。

建物自体は古いですが、トイレはきれいでした。

台湾鉄道嘉義駅には、阿里山鉄道の嘉義駅があります。

ここから阿里山に行くことが可能です。

台湾鉄道嘉義駅

住所:嘉義市西区中山路528号

電話番号:+886 5 222 8904

営業日:年中無休

阿里山鉄道

嘉義公園
撮影:台湾観光ドットコム

阿里山鉄道は登山鉄道として人気が高く、国内外から大勢の旅行客が利用されます。

台湾鉄道嘉義駅から阿里山まで2時間半ぐらいです。。

1時間に1本程度の本数しかなく、土日祝日は事前予約をしないと乗車することができません。

阿里山鉄道公式サイトは日本語に対応しているので、中国語が分からなくても予約できます。

阿里山鉄道公式サイト

阿里山鉄道北門駅

嘉義北門駅
撮影:台湾観光ドットコム

阿里山鉄道北門駅は日本統治時代の駅舎が使用されています。

鉄道ファンは必ず訪れたい聖地です。

阿里山には行く時間がないという方は、嘉義駅までもどる列車に乗車するのもおすすめ。

嘉義駅までは5分ほどで到着します。

故宮博物院南院

嘉義
撮影:台湾観光ドットコム

嘉義には故宮博物院南院があります。

2015年12月28日にオープンした新しい博物館で、国宝級の品々が多数展示されています。

台北にある故宮博物院から角煮、白菜がレンタルされて展示されることも多いです。

関連記事

世界四大博物館のひとつに選ばれている故宮博物院。ここには古代中国の陶器や絵画など、貴重な品物の数々が展示されています。中には、現代の技術では作ることができないといわれている代物もあります。\故宮博物院の割引チケットはk[…]

故宮博物院外観

故宮博物院南院の行き方

嘉義
撮影:台湾観光ドットコム

故宮博物院南院には、台湾新幹線嘉義駅(高鐵嘉義站)から168番バスで行けます

台湾新幹線嘉義駅から故宮博物院南院は所要時間約10分です。

168番バスの終点は、世界一大きいハイヒールの教会「高跟鞋教堂」

高跟鞋教堂は世界ふしぎ発見でも紹介された嘉義人気の観光地です。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

JC.C(@jc.chang1101)がシェアした投稿

故宮博物院南院は日本語ガイドあり

嘉義
撮影:台湾観光ドットコム

故宮博物院南院の1階にチケットセンターがあります。

チケットセンターでは日本語ガイド(端末)のレンタルが可能です。

故宮博物院南院の展示物は日本語の説明書きがないため、ガイド端末の利用をおすすめします。

kkdayの嘉義ツアー

嘉義公園

嘉義公園
撮影:台湾観光ドットコム

嘉義公園は敷地がとても広大。

嘉義公園の端から端までは、歩くだけで30分くらいです。

公園で太極拳をやっている人もいますし、日光浴をしている人もいます。

嘉義公園には複数の観光施設があります。

嘉義公園射日塔

撮影:台湾観光ドットコム

嘉義公園のなかには、嘉義公園射日塔と呼ばれるタワーがあります。

嘉義公園射日塔からは嘉義市内を一望することができるんです。

阿里山方面も見ることができ、天気のいい日は絶景が広がります。

撮影:台湾観光ドットコム

嘉義公園射日塔の最上階にはカフェがあります。

カフェからはKANOで有名な嘉義球場も見えます

屋上にはブランコやハンモックがあり、嘉義市内を見渡せます。

嘉義球場

嘉義公園
撮影:台湾観光ドットコム

2015年に日本でも放映された映画「KANO」の舞台になった嘉義球場(嘉義市立野球場)も嘉義公園内にあります

嘉義球場にはKANOのモニュメントや関連資料などが展示されています。

2020年6月現在、球場は工事中でなかに入ることができません。

昭和十八J18-嘉義市史蹟資料館

撮影:台湾観光ドットコム

昭和十八J18-嘉義市史蹟資料館は、嘉義公園にある資料館です。

昭和十八J18-嘉義市史蹟資料館では日本の着物を着ることができます。

昭和の雰囲気が漂う資料館で、台湾に来ていることを忘れそうです。

KANOに関する書籍を読むことも展示されており、館内で読みことができます。

嘉義公園
撮影:台湾観光ドットコム

台湾は第二次世界大戦前まで日本統治時代だったこともあり、日本に関連する資料館や史跡がたくさん残っています。

資料館自体は日本家屋です。

資料館のなかにはレストランもあり、食事を楽しむことができます。

檜意森活村 Hinoki Village

嘉義
撮影:台湾観光ドットコム

檜意森活村 Hinoki Villageは、映画KANOの撮影地です

台湾鉄道嘉義駅からバスで15分ほどでアクセス出来ます。

KANOは、台湾の嘉義高校が甲子園で優勝する様を描いた映画。

撮影で使われたセットの一部が、檜意森活村 Hinoki Villageで展示されています。

嘉義公園
撮影:台湾観光ドットコム

檜意森活村 Hinoki Villageで見れるのはそれだけではありません。

台南でとれる良質な泥を使用した泥パック専門店、漢方鍋の素を扱うお店、鴨肉料理店、上質な絹を使用したタオル専門店など、お土産を購入するのに最適なお店がたくさんあります。

関連記事

台湾映画のなかで特に有名なのが、KANOです。KANOは、日本統治時代に台湾の高校(KANO)が甲子園に出場したことを題材にした映画。日本とゆかりが深く、日本人が見ても楽しむことができます。【UNEXT公式サイト】[…]

KANO

湯城鵝行

嘉義
撮影:台湾観光ドットコム

嘉義には鵝肉(ガチョウ)の有名店「湯城鵝行」があります

ガチョウ肉を専門に扱うお店で、店構えもかっこよくてインスタ映えします。

内装にもこだわっており、とてもきれいです。

嘉義
撮影:台湾観光ドットコム

湯城鵝行の鵝肉は脂身が少なく、さっぱりした味わいです。

ガチョウのたまごも味がしっかりしみ込んでいておいしかったです。

とてもかわいいお店なので、嘉義観光の際に立ち寄ることをおすすめします。

嘉義観光ツアーがおすすめ

嘉義には地下鉄やUbike、市内を走る電車がありません

そのため、公共交通機関はバスのみになります。

嘉義市内を走るバスは、台北市内と比べて運行本数が少なくて不便です。

嘉義は台北に比べて日本語が通じる場所も少ないため、海外旅行に慣れていない人だと道に迷うこともあります。

台湾旅行初心者の方は、嘉義観光ツアーがおすすめです。

kkdayの嘉義ツアー