おすすめの台湾ガイドブック

旅行に1冊持参したい!台湾のおすすめガイドブック

スマホとレンタルWiFiは台湾旅行に欠かすことができない持ち物ですが、意外にも台湾の観光情報が載った本も役立ちます。

台湾在住の筆者は、旅行者らしき日本人を見かける機会が多いのですが、結構な数の方がガイドブックを片手にもって旅行をされています。

電車や地下鉄で、お店を調べるのに利用したり、観光地で目当ての店を発見するために使われる方が多い印象。

ガイドブックが多すぎてどれを選べばいいかわからない

という方向けにおすすめのガイドブックをいくつか紹介します。

るるぶ台湾

るるぶ台湾は、書店にいくと必ずある定番中の定番の本です。

大手旅行会社であるJTBが出版しているガイドブックなので、旅行に関するノウハウはもちろん、人気店や穴場のお店の情報もまでしっかりと網羅されています。

購入特典として、るるぶ台湾に掲載されているお店の位置情報がわかるグーグルマップと無料で使える基本会話集(アプリ)も付いているのでお得です。

ガイドブック選びで迷っているなら、るるぶ台湾を選んでおけば間違いないです。

るるぶ台湾は有名な本なので、過去の台湾旅行時に購入されたことがある方も多いと思います。

台湾は、お店の移り変わりや法律、制度の変更などが頻繁に行われるため、2、3年前のガイドブックだと情報がかなり古くなってしまいます。

余裕があるのであれば、最新版のるるぶ台湾を購入しておくのがおすすめです。

まっぷる台湾

るるぶ台湾と同じく、書店でも必ず見かける書籍です。

台湾で行くべきお店や話題のスポット、観光地の情報、台湾の基本情報が余すことなく掲載されています。

まっぷる台湾の見た目は、るるぶ台湾にそっくりですが大きな違いがあります。

まっぷる台湾を発行している会社は、昭文社。

昭文社は主に観光情報誌と地図を手掛けている会社です。

書籍購入特典として、地図で培われたノウハウを生かした、まっぷるリンクと呼ばれるオフライン地図を無料で利用できてしまいます!

本の中で紹介されているお店の位置をマップ上で確認できる機能も付いています。

るるぶとは異なり、オフライン環境で書籍と同様の内容を表示することも可能です。

旅先でかさばる本を持ち歩きたくない方、スマホでお気に入りのお店の位置を確認したい方はまっぷるをおすすめします。

※一部ネット環境が必要な場合もあり

台北日帰り弾丸旅 食べまくり!

台湾日帰り旅行の回数、2年半で22回を誇る筆者の門司紀子さんがおすすめの台湾グルメを紹介している本です。

自分の足でおいしいお店を回りまくって本にしているところが、ほかの台湾グルメ本と差別化されているところです。

そのほかの特徴は、季節に応じておすすめのお店が紹介されているところ。

台湾でマンゴーかき氷を食べようと思って、冬に台湾に遊びに来ても食べることはできません。(冷凍マンゴーを使う一部のお店では食べられる)

季節ごとにベストなお店の回り方も紹介されているので、旅行の計画を立てやすくなります。

旅行の持ち物やおすすめのお土産、台北の美スポットなども紹介されています。

女性の方に特におすすめの1冊です。

台湾お得技ベストセレクション

台湾お得技ベストセレクションは、台湾旅行を効率的でお得に楽しむための情報が凝縮されたガイドブックです。

台湾旅行で使える裏技やお得情報が満載されています。

わたしも初めての台湾旅行のときに、この本を買っていき持参しました。

ネタばれは避けますが、台湾で色んな裏技を使うことができたので、持っていってよかったと思っています。

台湾で使える情報だけでなく、台湾旅行の費用を下げるためにできる情報も載せられているので、旅行の計画段階の方におすすめです。

「おまけ」台湾好き必見の本

ここから紹介する本は、台湾好きなら読んでおきたい小説です。

旅行前の勉強として読んでおくのもよし、旅行中に持参するのもよし。

小説を通して、台湾の歴史や文化などを垣間見ることができるので、1度手に取って読んでみることをおすすめします。

東山 彰良「流」

台湾に行く前に、台湾の歴史を深く知っておきたいと思われる方におすすめの本が、東山彰良の流という作品です。

東山さんは台湾出身の小説家です。

「流」は2015年に第153回直木三十五賞を受賞した、評価の高い作品でもあります。

この作品を読むまでほとんど台湾について何も知らなかったのですが、この作品を通して台湾の歴史的な背景を知ることができました。

吉田修一「路」

吉田修一さんは、2016年に渡辺謙主演で公開された映画「怒り」の作者として有名です。

その吉田修一さんが、台湾を舞台に描いた小説が「路」

この小説は2012年に発売されたものですが、今注目されており、これまで読んだことのない方にはぜひ読んでいただきたい作品です。

この作品が注目されている理由は、2020年5月にNHKでドラマ化されるから。

しかも日台合同の撮影チームにによる作品となり、台湾在住のわたしの周りでも話題がちらほらとあがるようになっています。

ドラマの公開前に、原作をぜひ読んでいただきたいです。

【NHK】公式サイト

2019年11月発売「小さな場所」

台湾出身の作家で直木賞作家でもある、東山彰良さんの新作「小さな場所」が11月14日より発売されています。

この作品のモデルとなっているのは、台湾の原宿と呼ばれる「西門町」

西門にある、刺青店が立ち並ぶエリア「紋身街」が舞台。

東山彰良の作品が好きな方や、台湾好きな方にぜひ読んでいただきたい1冊です。

おすすめの台湾ガイドブック
最新の台湾情報を手に入れる

トラベルグッズおすすめ記事

>台湾の観光情報は、台湾観光ドットコムで!

台湾の観光情報は、台湾観光ドットコムで!

台湾観光ドットコムは【台湾旅行に必要な情報をすべて手に入れることができるサイト】航空券、ホテルの予約方法やおすすめ観光地やグルメ情報、節約術も紹介しています!すべてのページをみると、台湾旅行をより一層楽しめること間違いなし!