台湾おかゆの人気店5選。秘伝のレシピ

日本でもブームになっている台湾粥。

実は台湾粥は手軽に食べることができる価格のものから、高級なものまで様々な種類のものがあるんです。

台湾で一般的に食べられている台湾粥は、台湾に行かなくても自宅で簡単に作ることができます

今回は台湾お粥の名店紹介と、自宅で作れる台湾粥のレシピをご紹介します。

①台湾在住の私がおすすめする六必居

六必居

わたしはこれまで台湾で様々な種類のお粥を食べてきました。

そのなかでいちばんおいしかったのが、台湾の板橋駅から徒歩10分ほどで行ける六必居のお粥です

こちらのお粥は台湾粥を代表するおかゆと言えます。

グーグルでの評価数は3000を超えていて、5段階評価で4.3

実際に六必居でお食事された方からの評価が高いです。

六必居に行ったときのレビューは別記事で書いていますので、実際に行かれる際の参考にしてください。

関連記事

お粥は、風邪をひいたときやおなかを壊した時に食べることが多いです。しかし、台湾では特別な日に食べるもの。予約をしないと食べることができないお粥専門店もあるほどです。今回はわたしが台湾で食べたお粥の中で、いちばんおい[…]

六必居

②日本人観光客に人気の三娘香菇肉粥

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 

 

 

美食攝影師Kenneth | 菜單、情境料理、商品包裝拍攝。(@kct_food)がシェアした投稿

MRT中正記念堂駅から徒歩3分ほどで行ける三娘香菇肉粥

こちらのお店も台湾粥の名店です。

台湾で人気の観光地「中正記念堂」から徒歩でアクセスできるため、観光客から人気のお店。

日本人観光客もいますが、日本語は通じないので中国語か英語で注文する必要があります。

関連記事

台湾旅行の定番スポットとして人気が高いのが、中正記念堂。台北駅からのアクセスも簡単です。中正記念堂の行き方と交代式についてご紹介します。中正記念堂の最寄り駅撮影:台湾観光ドットコム中正記念堂の最寄り[…]

中正記念堂全体像

③周記肉粥店のトロトロ台湾粥

わたしが3番目におすすめする台湾おかゆ店は、周記肉粥店です

こちらのお店も人気店。

グーグルでの評価、口コミ数が2,000件を超えており、台湾国内で高い認知度を誇っています。

周記肉粥店は、龍山寺駅から徒歩10分ほどでアクセスできます

日本人観光客もよく訪れるため、日本語メニューがあるので中国語ができなくても安心です。

おかゆは全粥で、日本の雑炊に近い味わいです。

周記肉粥店のお粥は15元(50円程度)

六必居のおかゆが600元(約2000円)するのに対して、周記肉粥店のお粥は15元(約50円)です

値段が安いこともあり、中に入っているお肉はひと塊だけ。

お肉はホロホロで口に入れる溶けます。

単純に値段からどちらがおいしいか比較することはできませんが、地元の人に親しまれているローカルフードです。

④點點心の皮蛋痩肉粥

台湾には香港に本店がある點點心の本格お粥が楽しめます

このお店は日本にはありません。

わたしが注文したのは皮蛋痩肉粥。

皮蛋痩肉粥は、ピータンと豚肉を煮込んだお粥のこと。

お値段は108元(約400円)でした

豚肉のだしがよく効いていて食べ応えがあります。

お粥とセットで頼みたいのが、トリュフ入りエビシュウマイです

ぷりぷりのエビにトロトリュフがトッピングされているシュウマイはまさに絶品。

トリュフの香りが口いっぱいに広がります。

⑤小李子清粥小菜

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

這個是 小飯(@fantangfood)がシェアした投稿

台湾中心部、大安駅から徒歩10分くらいのところにある小李子清粥小菜

こちらのお店もおいしい台湾粥が食べられることで有名。

お店は2階建てでたくさんのお客さんを一度に迎えることができます。

台湾でよくみられる量り売りのバイキング形式のお店で、自分で食べたい料理をとっていくスタイル。

台湾粥は20元(約80円)で食べ放題

コストパフォーマンスが高いですね。

おかゆの中には台湾産のさつまいもが入っています。

ごくごくシンプルなお粥ですが、だしが効いていて何杯でも食べられます。

学生さんにぴったりのお店です。

台湾にしかない泰山八宝粥

泰山八宝粥は、台湾にしかないお粥です。

日本にはありません

お米やピーナッツ、あずきなどを使用したスイーツです。

お粥なのに甘いのは少し抵抗がありますが、食べてみると意外とおいしいですよ。