台湾観光おすすめスポット50選。アクセスマップ付き

台湾のおすすめ観光地を50か所厳選してご紹介します

はじめての台湾旅行の方でも、2、3回目の方でも楽しめるスポットが満載です。

台湾観光の計画時にご参考になればうれしいです。

九份(きゅうふん)

九份の景色
撮影:台湾観光ドットコム

台湾観光で絶対に行きたい場所は九份(きゅうふん)です。

九份(きゅうふん)は千と千尋の神隠しのモデルになったとも言われる、ノスタルジックな雰囲気を味わえる台湾屈指の観光地

夕暮れ時は町全体がランタンの明かりで照らされ、幻想的な世界観に浸ることができます。

九份は海に面した町のため、絶景を撮影するのにも最適です。

関連記事

台湾の観光地で最も有名な場所、九份(きゅうふん)九份は千と千尋の神隠しの世界観が味わえる場所で、多くのアニメ好きの方が訪れます。九份は天気によって、楽しめるか楽しめないかが大きく左右されます。雨が降ってしまうと細い[…]

九份の天気
関連記事

写真でよく見る九份の絶景は、九份に行けば撮れると思っていませんか?実は、九份の絶景は道端からは撮影できません。九份にある、海悦樓茶坊(お茶屋)のテラス席から撮られたものです。観光客から人気が高く、夕方以降は予約なし[…]

富發牌古著鞋
関連記事

この記事を読むと、2021年時点での九份への行き方が分かります。昔のブログには載っていない、新しいアクセス方法もありますよ。台北市内から九份に行く3つの方法をご紹介します。九份の行き方「バス編」九份行きのバ[…]

九份行きのバス(1062番)

士林夜市

士林市場
撮影:台湾観光ドットコム

士林夜市も、日本人観光客に人気のスポットです。

夜市と名前がついてる通り、17時~24時くらいにかけてにぎわいます。

士林夜市は台北近郊にある30近くの夜市のなかで最大級の大きさを誇り、台湾最大の賑わいを見せる夜市です。

屋台はもちろん、雑貨店やタピオカドリンク店、衣料品店、果物屋店などがあります。

関連記事

台湾には夜市がたくさんあります。そのなかでも士林夜市はグルメやゲームが充実しており、日本からの観光客に人気が高い場所です。士林夜市と合わせていける観光地の情報も紹介します。【重要】士林夜市の最寄り駅は、 劍潭駅 と士林[…]

士林夜市の麻雀

台北市立動物園

台北市立動物園入場門
撮影:台湾観光ドットコム

台北市立動物園は、アジアNO.1の規模を誇る動物園です。

台北駅から台北MRT(地下鉄)で30分程度でアクセスできます。

入場料は60元(約200円)。

パンダやコアラといった動物園の人気者と会えます。

2020年にはパンダの赤ちゃんが誕生し、盛り上がりを見せています。

関連記事

台北市立動物園は、アジア最大規模の動物園です。台北市立動物園では2020年にパンダの赤ちゃんが生まれて、大きな注目を集めました。日本からの観光客も訪れる人気観光スポットです。台北駅から台北市立動物園への行き方[…]

台北市立動物園入場門

西門町

西門風景
西門

西門は台湾の原宿といわれている「若者の聖地」です。

台湾の若者の間で何が流行っているかは、西門町に行けばわかります。

coco、50嵐、幸福堂など、タピオカドリンクの有名店があります。

西門には雑貨、アクセサリー店、衣料品店、24時間営業のスーパー、アニメ、フィギュア店、カラオケ、マッサージ店、バッティングセンター、映画館があり、観光スポットとして人気です。

関連記事

台湾の若者に人気のスポットが西門(シーメン)です。昼夜問わず、大勢の観光客や地元の若者たちを中心ににぎわいを見せています。台湾かき氷、タピオカ、麺線などのグルメ、台湾コスメなどが有名です。西門への行き方西門[…]

西門の外観

台北101

台北101
撮影:台湾観光ドットコム

台北101は台湾のシンボル。

台北中心部に立つ、高さ508mの高層ビルです。

台北101は日本でいうスカイツリーのような存在で、台湾人ならだれもがその存在を知っています。

台北101の周囲には高級デパートや百貨店が多いです。

小籠包で有名な鼎泰豊(ディンタイフォン)、タピオカドリンクが有名なEve & T、マンゴーかき氷で有名な思慕昔(スムージー)など、台湾グルメの代表格がフードコートに入っています。

世界最速クラスのスピードを誇るエレベーターで行ける台北101展望台からは、台北市内を一望することが可能です。

関連記事

台北101は高さ509メートルを誇る台湾を代表するタワーです。日本でいう東京タワーのような存在で、台湾の人たちからも愛されています。展望台の観覧料は高いですが、割引クーポンを使えば節約できます。[afTag id=2[…]

台北101

猫空ロープウェイ

猫空ロープウェイからの景色

猫空ロープウェイは、台北市立動物園と直結しているロープウェイです。

動物園と合わせて観光ができるスポットになります。

120元(400円程度)で約30分の空中散歩を楽しむことができます。

世界にもまれな、2段階の方向転換があるロープウェイでもあり、移動中も飽きることなく楽しめます。

ロープウェイの山頂駅(猫空)周辺には、お茶屋さんやハイキングコースもあり、散策を楽しむことができます。

故宮博物院

故宮博物院外観
撮影:台湾観光ドットコム

世界4大博物館のひとつといわれる故宮博物院。

台湾観光の定番スポットでもあります。

古代中国の芸術品を中心に、6000~8000点程度の作品が展示されています。

展示されていない収蔵品を含めると、コレクション数は70万点を超えるといわれています。

現在の技術では作ることができないといわれている、彫象牙透花人物套球(象牙で作られた球)は見るものを圧倒させます。

日本語のレンタルガイド機器が用意されているので、中国語が出来ない方でも説明を聞きながら、展示物を見ることができます。

中正記念堂

中正記念堂全体像
撮影:台湾観光ドットコム

台湾の歴史を知ることができる施設が、中正記念堂です。

中正記念堂は、蒋介石(しょうかいせき)を記念として建てられたお堂。

ちなみに、中正は蒋介石の本名です。

中正記念堂にある蒋介石の銅像は、常に衛兵に守られています。

毎正時(11時、12時など)ごとに衛兵が交代する「衛兵交代式」が行われており、多くの観光客がイケメン衛兵を撮影するために訪れます。

迪化街(ディーファージエ)

迪化街の中心部
撮影:台湾観光ドットコム

日本の若い女性を中心に人気急上昇中のスポットです。

迪化街は乾物やドライフルーツ、漢方、布生地を扱う問屋街。

2015年直木賞受賞作「流」の舞台でもあります。

街並みがおしゃれで精錬されており、おしゃれでかわいいもの好きの方に人気が高いです。

「孤独のグルメ」というテレビ番組のロケ地となったことでも有名で、たくさんの日本人観光客が訪れます。

古い建物をリノベーションしたカフェも多く、リラックスしてくつろぐこともできます。

永康街

東門
撮影:台湾観光ドットコム

MRT(地下鉄)東門駅周辺に広がる「永康街」はグルメの街です。

東門は淡江大学や台湾師範大学から近く、多くの学生が集まるスポット。

学生向けの安くておいしいグルメが多く、観光客の方も利用しやすいです。

東門には鼎泰豊(ディンタイフォン)の本店があり、多くの観光客が訪れます。

マンゴーかき氷で有名な思慕昔(スムージー)本店があるのも東門です。

最近、日本での人気の高いアイスモンスターもできました。

タピオカの有名店も複数あり、魯肉飯(ルーローハン)で賞を受賞した人気店「大来小館」もあります。

永康街にいけば、おいしい台湾グルメを食べれること間違いないです。

十分

台湾十分駅

十分で1番有名なのは、ランタン飛ばしです。

線路の中に立ち入って、ランタンを飛ばします。

台湾では天燈(ティエンダン)と呼ばれており、願い事を書いて火をともし、空に向けて飛ばします。

十分ではよっぽどの悪天候でない限り、雨の日でもランタン飛ばしを体験することが可能です。

ランタンは大きさや種類によって値段が異なり、一番安いもので150元、高いもので400元くらいが相場です。

日本円だと550円~1500円程度。

十分にはランタン飛ばし以外にも、台湾最大級の滝「十分瀑布」やお食事処もあります。

滞在目安時間は2~3時間程度です。

圓山大飯店(ザ・グランドホテル)

圓山大飯店のロビー
撮影:台湾観光ドットコム

12位に選んだのは、台湾の5つ星ホテル圓山大飯店です。

こちらのホテルは、蒋介石夫人(宋美齡氏)が建設に携わった歴史あるホテル。

各国の要人、首脳、大統領や有名人も宿泊する格式の高いホテルです。

5つ星ホテルでありながら、1人当たり6000円程度から宿泊できるリーズナブルな価格設定(日本のビジネスホテル並み)なので、台湾観光時の宿泊先としてもおすすめです。

宿泊しない方でも見学が可能になっています。

事前に予約をしておけば、有事の際に利用することを想定して作られた隠しトンネル、隠し部屋等の見学も可能。

荘厳な中国建築の建物は、一見する価値ありです。

淡水

情人橋
撮影:台湾観光ドットコム

淡水はMRT(地下鉄)でアクセスできる観光地です。

淡水は台湾のベニスといわれており、美しい夕日を眺めることができるスポットです。

こんなきれいな夕日を眺めることができるスポットは、なかなかないです。

淡水には、士林夜市に匹敵するぐらい大きい夜市があります。

美味しいグルメを食べられる屋台や雑貨屋が多く、1日中楽しめます。

淡水名物、長さ30cm超えのソフトクリームはインスタ映え必至です。

値段も30元(110円程度)と激安なので、淡水に行ったときはぜひ食してみて下さい。

関連記事

台湾の有名な観光地のひとつ、淡水。台湾のMRT(地下鉄)で簡単にアクセスすることができることから、日本人観光客にも人気のスポットです。でも、淡水にどんな観光名所があるかわからないそもそも、淡水は台湾旅行中に[…]

淡水

台北駅地下街

14位は台北駅の地下街です。

台湾旅行にこられる方の多くが利用される駅ですが、地下街の存在を知っている方は少ないようです。

地下街には、台湾らしいお店がいっぱいあります。

地下街にはマッサージ店がたくさんあり、ぜひ利用していただきたいです。

定番の足裏マッサージ、包丁で体をたたくという奇抜なマッサージまで、たくさんの種類のマッサージを体験できます。

地下街には、タピオカのお店や誠品書店、雑貨店、メイドカフェなどもあります。

台湾の定番土産のほとんどは、台北駅地下街で購入が可能です。

高美湿地

高美湿地3
撮影:台湾観光ドットコム

台湾のウユニ塩湖とよばれるインスタ映えスポット。

高美湿地は、台北から新幹線で50分程度でアクセスできる台中にある観光地です。

夕暮れ時には、水面に映った美しい夕日がとてもきれい。

条件が整えば、自分がまるで宙に浮かんでいるような写真を撮ることもできます。

宮原眼科

宮原眼科
撮影:台湾観光ドットコム

日本統治時代に建てられた眼科をリノベーションしたスイーツショップが「宮原眼科」です。

高美湿地と同じく、宮原眼科も台中にあります。

スイーツショップですが、名前はそのまま残しているところがおしゃれ。

インスタ映えする目の形をした、eye scream(目のeyeとアイスクリームをかけた造語)や宮原眼科オリジナルミルクティーもあります。

お店の内装がとてもきれいでインスタ映えします。

北投温泉

北投温泉
撮影:台湾観光ドットコム

北投温泉は、台湾1の温泉街。

士林夜市の最寄り駅「士林駅」から7駅で行くことができるので、気軽に行くことができます。

日本人観光客も少なく、穴場的なスポットです。

日本統治時代に建てられた温泉施設(現在は温泉博物館)は、一見の価値あり。

男女混浴の露天風呂(水着着用)や温泉の源泉が湧き出す地熱谷など、見学できるスポットもたくさんあります。

なかでも日本人観光客に人気なのは、北投図書館。

北投図書館は木造でできており、世界で最も美しい図書館TOP27(2014年CNN調べ)に選出されています。

ドラマや映画の撮影地として使用されることも多く、人気の観光スポットです。

八里(バリ)

淡水の対岸にある八里
撮影:台湾観光ドットコム

13位で紹介した淡水の対岸にあるのが八里(バリ)です。

中国語読みがバリなので、台湾のバリ島といわれることも。

実際は島ではないのですが、淡水からは船で渡るしか方法がないため、リゾート感があります。

八里にも比較的大きな夜市があり、食事を楽しむことができます。

2人乗りや4人乗りなどの自転車をレンタルして、八里をぐるりと一周するのがおすすめです。

八里にはカフェや、海を眺められるビュースポットがあり、イベントも定期的に開催されています。

淡水に比べると日本人観光客が少なく、より台湾感を味わえます。

饒河街夜市

饒河街夜市
撮影:台湾観光ドットコム

士林夜市の次におすすめできる夜市が、饒河街夜市です。

有名ユーチューバーのヒカキンさんが訪れたことでも話題になりました。

饒河街夜市は、台北駅から6駅松山駅前にある夜市。

アクセスが簡単なので、はじめての台湾旅行者にもおすすめできます。

マンゴーかき氷、タピオカ、鶏のから揚げ、ルーローハン、胡椒餅(こしょうもち)など、台湾名物は一通り堪能することができます。

海老釣りのお店、射的などもあり、日本の縁日のような雰囲気を楽しめます。

美麗島駅

美麗島
撮影:台湾観光ドットコム

世界で最も美しい駅ランキング( ニュースサイト、PolicyMic調べ)で2位に選ばれたことで有名な美麗島駅が20位です。

美麗島駅は 、台湾の高雄市にある地下鉄の駅。

台北から高雄までは、新幹線で1時間40分ほどかかります。

新幹線の左営駅(高雄)から地下鉄で6駅で、美麗島駅に到着。

駅のメインロビーは全面ステンドグラスでできており、これがほんとに駅なのか不安になるぐらい芸術的な空間が演出されています。

ロビーの端には純白のグランドピアノも置いてあり、定期的に演奏会が開催されています。

象山

象山駅
撮影:台湾観光ドットコム

台北101の夜景をばっちり写真に収めたいなら、象山に登るのがおすすめです。

象山の最寄り駅は、MRT(地下鉄)象山駅です。

台北駅からは8駅でアクセスすることができます。

台北101が1番きれいに見える撮影スポットまでの所要時間は、象山駅から約40分(実測値)程度。

タクシーを利用して撮影スポット周辺までアクセスし、そこから歩かれる方もいます。

その場合、徒歩10分くらいで到着します。

猫村

台湾の猫村にいた子猫
撮影:台湾観光ドットコム

猫村は世界6大猫スポット(2013年CNN調べ)に選ばれた場所です。

台北駅から台湾鉄道で50分程度で到着します。

ランタン飛ばしで有名な十分とも近いので、あわせて観光するのがおすすめです。

猫村というだけあり、猫が本当にたくさんいます。

野生の猫だけではなく、きちんと管理された猫カフェや猫グッズを販売しているお店もあるので、猫好きの方はぜひ遊びに行ってみてください。

関連記事

台湾の猫村は世界6大猫スポットに選ばれた(CNN選出)、猫好きにはたまらない場所です。アクセスしにくい場所にある猫村の行き方と観光スポットをまとめました。台湾猫村の行き方撮影:台湾観光ドットコム台北駅から猫[…]

台湾の鉱工紀念館の近くにいた猫

台湾総督府

台湾総督府は、日本統治時代の1919年に建てられた政府施設。

2019年夏には、台湾総督府に泊まれるというイベントが開催されたことでも話題になりました。(抽選)

あまり知られていないですが、台湾総督府はパスポートさえあれば見学することが可能。

見学可能時間は公式サイトで発表されています。

基本的には、平日の午前中9時から12時に開放されます。

烏來(ウーライ)

烏來(ウーライ)は、地下鉄とバスでアクセスすることができます。

台北MRT(地下鉄)の新店駅から、849番のバスに乗って30分ほどで到着します。

台北駅から新店駅までは11駅、所要時間は22分です。

烏來は温泉街となっており、温泉に入れる宿泊施設がたくさんあります。

もちろん日帰り入浴も可能です。

烏來には温泉以外にも、老街(ラオジエ)と呼ばれる繁華街もあります。

また、烏來瀑布(滝)やトロッコ列車、日本ではあり得ないスリル満点のロープウェイもあり、見どころ満載です。

野柳地質公園

野柳地質公園は自然が作り出した芸術作品、奇岩がたくさんあるスポット。

インスタグラムを中心に注目を集め、一躍台湾の人気観光地になりました。

野柳地質公園で1番人気の奇岩は、クイーンヘッド。

女王様の頭に似ていることから、クイーンヘッドと名付けられています。

野柳地質公園には台北駅からバスで1本で行くことが可能。

国光客運の1815番のバスに乗り、1時間20分ほどで到着します。

九份や十分からも近く、あわせて観光するのがおすすめです。

台湾のツアー会社のkkdayなら、九份と十分、野柳地質公園に行くツアーが1600円程度で利用できます。

現地在住の筆者が調べつくした限り、九份ツアーでは最安値でしかも評判もいいです。kkdayは台湾政府ともコラボしたツアー商品も出しており、日本語対応もできるので安心です。

陽明山

陽明山の景色
撮影:台湾観光ドットコム

台湾人の憩いの場所である陽明山は、季節ごとに色とりどりの花を咲かせる、ハイキングにピッタリの山です。

東京でいう高尾山といったところでしょうか。

台湾が誇る国民的歌手、jay chou(ジェイチョウ)も、陽明山というタイトルの歌を歌っています。陽明山は台湾人にとってなじみ深く、デートスポットともなっている山です。

士林駅からバス(紅5)に乗車し、終点で降りると陽明山に到着します。

関連記事

台湾在住のわたしが1番好きな場所は陽明山です。この記事をみて、陽明山を観光するのもいいなと思った方はぜひSNS等で拡散してください!!※記事の最後に各種SNSのリンクがあります。\お得な陽明山ツアーはこちら/陽明[…]

陽明山には水牛が出没

新店

24位で紹介した烏來に向かうバスが出ている、新店駅周辺もおすすめスポット。

烏來に行く前に散策するのがおすすめ。

駅前には老街があり、食事を楽しむことができます。

※老街は夜市とほぼ同じと考えてOK。昼間メインでやっているのが老街、夜メインでやっているのが夜市になります。

また、碧潭(ビンタン)と呼ばれる場所には、ボートや絵本作家が作成したアートなどがあり、写真撮影スポットになっています。

今にも壊れそうなつり橋(失礼)もあるので、勇気がある人は挑戦してみてください。

新店駅からバスで30分で行ける千鳥湖は、近年人気のインスタ映えスポット。

たくさんの観光客が訪れます。

関連記事

台北から30分で行ける千鳥湖は、世界遺産級の絶景が見られます。今回は、日本人観光客にほとんど知られていない千鳥湖の魅力をご紹介します。[sitecard subtitle=関連記事 url=https://taiwan-ka[…]

千鳥湖

寧夏夜市

日本人観光客に人気の宿泊スポット、台北駅、中山駅から徒歩10分程度でアクセスできる夜市です。

士林夜市、饒河街夜市よりも小さめの夜市ですが十分楽しめます。

寧夏夜市はUFOキャッチャーや射的などの出店が多いです。

観光客向けというよりは、地元の方が集まる夜市なのでよりローカルな雰囲気を味わえます。

9位で紹介した迪化街(問屋街)にも徒歩5分くらいでいけるので、あわせて観光すると効率がいいです。

龍山寺

龍山寺
撮影:台湾観光ドットコム

龍山寺は台北駅からMRT(地下鉄)で2駅のところにあります。

駅名の通り、龍山寺というお寺が有名です。

正直、龍山寺は台湾のなかでも治安が悪いといわれている地域なので、あまり足を踏み入れる勇気がなかったのですが、実際に行ってみるとそこまで悪い印象は持ちませんでした。

龍山寺周辺はマッサージ店や刺青のお店などが多く、台湾のほかの観光地と違った雰囲気があります。

龍山寺周辺には夜市が2つあるので、興味のある方は足を運んでみてください。

行天宮

行天宮

MRT行天宮周辺もおすすめのスポット。

オフィス街ということもあり、おいしくておしゃれなお店がたくさんあります。

駅名にもなっている行天宮には、三国志に登場する関羽が祀られており、三国志好きの方に人気のスポットです。

武勇だけでなく、義理をおもんじた関羽の人柄にひかれる人は多いです。

彩虹眷村(虹の村)

彩虹眷村
撮影:台湾観光ドットコム

台中にある彩虹眷村は、インスタ映えスポットとして人気が高く、元AKBの指原さんをはじめ、多くの有名人も訪れる人気観光地です。

彩虹眷村が注目されるようになったのは、再開発のために取り壊される予定だった村の壁を、村民の黄永阜さんがアート作品として手掛けたことがきっかけです。

※黄永阜の経歴を調べたところ、かなりえげつなかったので、興味のある方はWikipediaなどで調べてみてください。

彩虹眷村の壁画アートによって観光客が激増し、取り壊されず現在に至ります。

礁溪

台北からバスで50分程度でアクセスできる礁溪は、温泉が有名。

1泊5000円程度で、温泉付きのお部屋に宿泊できてしまいます。

※わたしが実際に宿泊したホテル(部屋に温泉付き)も、当日予約で1泊5000円程度でした。

温泉以外でおすすめなのは、イルカ、クジラウォチングです。

食事処もたくさんあります。温泉街なので、静かで落ち着いた雰囲気です。

愛河

愛河は、高雄市にある観光スポット。

愛河は高雄にある川の名前で、川沿いに飲食店やサイクリングロードがあります。

高雄出身の学校の先生イチオシの場所で、夜景がとてもきれい。

政府機関が運用している船を利用すれば、格安でリバークルーズを楽しむことができます。

基隆(キーロン)

基隆夜市
撮影:台湾観光ドットコム

台北駅からバスで40分ほどでアクセス可能。

基隆には漁港があり、新鮮な海産物を食べることができます。

観光客にも人気の基隆夜市もあり、地元のひとや観光客でにぎわいを見せています。

提灯がずらりと並んだ景色は圧巻です。

基隆夜市から4キロほど離れたところにある正濱漁港は、イタリアのチンクエテッレ(カラフルな街なみで有名)を連想させるインスタ映えスポットもあります。

関連記事

台北から電車、バスで50分でアクセスできる基隆は見どころ満載の観光地です。台湾のベニスと呼ばれるカラフルな漁港や、日本統治時代の建物をリノベしたスポット、新鮮な海産物が食べられる基隆夜市などがあります。象の鼻に似た形をしている[…]

基隆正濱漁港

太魯閣(タロコ)

太魯閣は、台湾東部に位置する花蓮(ファーリエン)という都市にある国立公園です。

台湾で1番自然が豊かで、絶景が多い地域でもあります。

奇岩や滝、渓谷にかけられたつり橋など、撮影ポイントが満載。

台北から3時間くらいかかることのが欠点。

また、絶景スポットは点在しているので、タクシーのレンタルやツアーの活用がおすすめです。

日月潭(リーユエタン)

日月潭は台中にある景勝地。

日本でいう軽井沢にあたり、多くの台湾人が休暇を楽しむスポットとなっています。

日月潭には台湾で1番大きい湖があり、湖の周囲にサイクリングロードがめぐらされています。

レースも定期的に開催されており、サイクリストの聖地です。

自然のなかをゆっくり散策したい方、台湾でサイクリングをしてみたい方におすすめのスポットになります。

九族文化村

九族文化村は、日月潭からロープウェーでアクセスできます。

台湾にはアミ族、パイワン族、サオ族などの原住民の方も多いです。

九族文化村は、台湾に住む原住民の生活を垣間見ることができる施設。

特設ステージでは、原住民のダンスを見ることもできます。

九族文化村には遊園地もあり、台湾ならではのアトラクションも楽しめますよ。

※台湾のテレビでも原住民向けのチャンネル(言語)もあり、台湾が多民族国家であることをうかがい知ることができます。

臨江街夜市

台北101から徒歩10分程度のところにあります。

臨江街夜市は規模こそ小さいものの、地元の人が通う名店がたくさんあるのが特徴です。

わたしの台湾人の友達いわく、台北のなかでは臨江街夜市が1番おすすめとのことでした。

屋台の数はそんなに多くないですが、マッサージ店の数は多く、有名店、人気店がしのぎを削っています。

台湾大学

台湾大学のキャンパスは一般の方にも解放されており、気楽に入ることができます。

MRT(地下鉄)台電大楼駅徒歩5分くらいのところにあります。

広大な敷地(端から端まで歩くと30分くらいかかる)の中には、庭園やコンビニ、カフェなどもあり、のんびりとくつろげますよ。

米津玄師さんをはじめ、日本を代表するアーティストのライブが台湾大学の体育館で行われることもあります。

台湾留学を考えておられる方や、台湾の大学の雰囲気を味わってみたい方はぜひ訪れてみてください。

大稲埕

大稲埕は、港町として栄えた地域。

昔は台湾の交易の中心地として栄えていました。

大稻埕碼頭(船着き場)には、2回がテラス席になっているおしゃれなカフェや食事ができるお店が立ち並んでいます。

美しい夕日を撮影できるスポットとしても有名です。

夏には花火大会も開かれ、多くの観光客が訪れます。

2人乗りの自転車やクロスバイクなどのレンタルもできます。

便数が少ないですが、船に乗って淡水に行くことも可能です。

国父紀念館

台北MRT国父記念館駅4番出口の目の前に、国父記念館はあります。

中正記念堂は蒋介石の記念として建てられた施設ですが、国父記念館は孫文を記念して建てられた施設です。

台湾では、孫文は国父(国の礎を築いた人)と呼ばれています。

記念館の中心に孫文の像があり、それを守る形で衛兵が立っています。

衛兵が毎正時に交代するときに行われる、衛兵交代式をみることもできます。

澎湖(ポンフー)

澎湖はた台湾南部の都市「嘉義市」の近くにある島。

台湾ではリゾート地として有名で、大型連休や夏休みにはたくさんの旅行客でにぎわいます。

台北市内にある松山空港から、澎湖行きの航空機がでています。

所要時間は1時間程度。

サイクリングやシュノーケリングを楽しむことができます。

日帰りは基本的に不可能なので、宿泊して島を満喫するのがおすすめ。

虹色に輝く西瀛虹橋は、必見です。

三峽老街

台北市内からバスで50分程度のところにある三峽老街は、観光客がほとんど来ない穴場スポット。

赤レンガを基調として造られている建物は、インスタ映え必至です。

雰囲気としては9位でご紹介した迪化街によく似ています。

わたしはまだ行ったことがないのですが、近くには鶯歌という焼き物が有名な街もあるので合わせて観光してみても楽しいと思います。

菁桐

菁桐は台湾鉄道「平渓線」の駅。

平渓線で一番有名なのは11位で紹介した十分ですが、菁桐駅周辺も意外と見どころがあって楽しいです。

特に廃墟(はいきょ)好きな人におすすめ。

菁桐は日本統治時代に造られた炭鉱跡がそのまま残っており、無料で見学することができます。

地元の人にも人気のスポットですが、廃墟だけに少し怖いです(笑)

華山1914文創園区

台北市中心部にある駅「忠考新生」から、徒歩5分程度の場所にあります。

日本統治時代に造られた酒蔵がリノベーションされ、映画館、カフェ、雑貨屋さんとして営業をしています。

倉庫を活用したVRイベントなども定期的に開催されており、休日は台北っ子でにぎわいを見せています。

おしゃれな雑貨がたくさん売られているので、お土産の購入先としてもおすすめです。

四四南村

四四南村と台北101
撮影:台湾観光ドットコム

四四南村は、台北101から徒歩10分ほどでアクセスできる観光地。

もともとは、中国から渡ってきた軍人と家族が住む集落だったのですが、現在は古い建物がリノベーションされて、インスタ映えスポットとなっています。

軍人が暮らしていたころの様子を垣間見ることができる博物館「眷村文物館」もあります。

入場無料です。

小琉球

小琉球の花瓶岩
撮影:台湾観光ドットコム

台湾に7つある離島に1つで、台湾人に人気のスポットが小琉球です。

クセスに時間がかかるのが難点ですが、景観が美しく、シュノーケリングも楽しむことができるので長期旅行者におすすめです。

小琉球は、台湾南部の都市「高雄」にある東港からフェリーで30分程度で到着。

フェリーの料金は往復で410元(1500円程度)です。

台北ではなく、高雄メインで観光される方は気軽にアクセスできます。

日帰り観光も可能です。

関連記事

小琉球ではシュノーケリング、ダイビング、遊覧船などのマリンアクティビティが充実しています。小琉球はウミガメの島として知られており、天気が良ければウミガメに出会える確率が高いです。小琉球の観光スポットをまとめて、ルートマップ[…]

小琉球

孝子山

平渓線の平渓駅から徒歩で行ける孝子山は、ハイキング好きに話題のスポット。

ほぼ直角の斜面に打ち込まれた杭につながれたロープを命綱にして、山頂を目指します。

山頂にある高台からは360度見渡すことができ、十分や平渓からあがるランタンも見れます。

ハイキング好きの方にはぜひ登っていただきたい山です。

松山文創園區

MRT国父記念館駅から、徒歩10分ほどのところにあります。

台北観光メインの方におすすめのスポットです。

松山文創園區は、たばこ工場跡地を再開発してできた商業施設。

台湾土産なら何でもそろってしまいます。

東京の日本橋にできたことで話題になった、誠品生活(書籍、雑貨を販売)の大型店もあります。

誠品生活を模倣して、蔦屋書店がつくられたといわれており、デザインの美しさは見るものを圧倒します。

台北花博公園

2010年に国際花博覧会が開かれた会場です。

台北花博公園の最寄り駅は、士林夜市の最寄り駅の1駅手前(台北駅より)の圓山駅。

現在は主にイベント会場として使われています。

土日にはマーケットが開かれるため、地元の人でにぎわいます。

おしゃれなカフェやフードコートもあり、台湾料理を楽しめます。

台湾観光おすすめスポットのアクセスマップ

台湾観光おすすめスポット50選のアクセスマップを作成しました。

当サイトをブックマークしておくことをおすすめします。

スマホの初期画面等においておくと、いつでも行き方を確認できるようになっています。

台湾旅行中に活用いただけたら嬉しいです。