台湾旅行にエポスカードをおすすめする理由

クレジットカード1

クレジットカードを持っていれば、海外で現地通貨を下ろせたり、病気やけがになったときに無料で病院に行くこともできます。

しかし、すべてのクレジットカードに海外旅行保険がついているわけではなく、ついていても補償額が低すぎて、いざというときに役に立たないものが多いのが現状です。

台湾旅行で使えるお得なカードを知りたい

と考えておられる方に、クレジットカードの選び方を解説していきます。

海外旅行で使えるクレジットカードの選び方

クレジットカード2

年会費無料で作れるクレジットカードのなかには、ポイント還元率が高いものの、海外旅行保険がついていないもの、補償金額が低すぎて意味がないものもあります。

わたしのおすすめは、国内で使用するクレジットカードと海外旅行で使うクレジットカードを分けることです。

国内ではお得なカードでも、海外で使うとかなり損してしまうことも多いんです。

海外旅行保険がついているか

クレジットカードには、海外で病気になったときや負傷したときの費用の補償がついているものがあります。

海外での病気やケガの治療費は、高額になってしまうケースもあるので、いざというときに備えておく必要があります。

台湾で風邪をひき病院に行った場合、日本語対応の病院でかかる費用は最低でも1万円程度です。

日本語でサポートが受けられるか

台湾で病気やけがを負ったときどうすればいいか知っていますか?

台湾の病院では日本語が通じませんし、日本語しかわからない状態で病院に行っても追い返されるだけでしょう。

日本語で病院の手配、通訳の手配ができないクレジットカードは、まったく意味がないといえます。

わたしは初めての台湾旅行で犬に噛まれて病院に行った

わたしは、台湾で犬に噛まれて病院に行ったことがあります。

当時、中国語は一切勉強したことがなく話すこともできませんでした。

近くの病院(日本語が通じるとネットに出ていた)にひとりで行きましたが、受付の看護師は日本語が話せません。簡単な英語や翻訳アプリなどを使って話したところ、今日は休日(日曜日)のため、日本語ができる医師はいないとのこと。

中国語しか話せない医師に、日本語しか話せないわたしが自分の症状を伝えられるはずもありません。

そのときは、海外旅行保険付きのクレジットカードを持っていましたが、台湾には日本語窓口はありませんでした。

このときはじめて、日本語対応窓口があることの重要性に気が付いたんです。

病院の手配、通訳の手配を日本語でできないクレジットカードを持っていても、正直意味はないです。

エポスカード公式サイト
5

エポスカードは台湾に日本語対応窓口がある数少ないカード。いざというときでも安心して使うことができるのでおすすめです。けがや病気の時に使える補償額も270万円あります。年会費無料で即日発行もできるので、台湾旅行前に作っておくと安心です。

紛失、盗難したときの補償があるか

クレジットカードをなくしたり、盗まれてしまったときに補償があるクレジットカードがおすすめです。

盗難補償がついているカードであれば、不正に利用されてしまったお金を取り戻すことが可能です。

盗難補償があれば、現金をもっていくよりも安心できます。

旅行先で現地通貨を引き出せるか

キャッシング機能がついているクレジットカードを使えば、旅行先で現金がなくなっても、海外のATMから現地通貨を引きだすことができます。

クレジットカードで現地通貨を引き出す方法は、空港の両替所で両替するよりもお得です。

エポスカードの補償内容

エポスカードは海外旅行保険、海外での通貨引き出し(両替)、台湾での日本語サポート窓口、カードの紛失、盗難時の補償がすべてついています!

上記でご紹介させていただいた機能がすべてあるので、台湾旅行に持っていくクレジットカードとしておすすめできます。

年会費も無料

申し込みから1週間ほどでカードが届きます。

※エポスカードを発行している会社は、日本でデパートやオンラインショップを運営しているマルイ(年間売上1000億円以上)です。大手企業なので安心できます。

エポスカード公式サイト
5

エポスカードは台湾に日本語対応窓口がある数少ないカード。いざというときでも安心して使うことができるのでおすすめです。けがや病気の時に使える補償額も270万円あります。年会費無料で即日発行もできるので、台湾旅行前に作っておくと安心です。

海外旅行保険の補償金額が充実している

病気の治療費(疾病治療費用)は270万円まで補償、けが(傷害治療補償)は200万円まで補償されます。

賠償責任(免責なし)2,000万円、携行品損害(免責3000円)は、20万円まで補償されます。

免責というのは、自分が支払う部分のことです。

例えば、デジカメを落とし修理が必要になった場合、エポスカードでは20万円までの補償を受けることができます。デジカメ(携行品)は、3000円までは自己負担で払う必要があり、それを超える金額は保険が下ります。

賠償責任(他人や他人の物を壊したときに負う責任)については免責がないので、2000万円までは自己負担なく保証されます。

この賠償責任は、レンタル品にも適用されるので、レンタルWiFi利用時に保険に加入しなくても大丈夫です。

そのため、かなり費用の節約ができます。

お金を支払うことなく病院に行ける

台湾でけがや病気になったときにお金を払うことなく、提携している病院の受診が可能です。このサービスはキャッシュレスサービスと呼ばれるもので、海外旅行時には非常に役立ちます。

手持ちのお金が少なくても、安心して病院で治療を受けられます。

持参するだけで、保険が有効になる

エポスカードは、台湾に持っていけば保険が適用されます。

さらに台湾に現地サポートデスクがあり、クレジットカードの紛失、盗難やパスポートの紛失時の対処方法を日本語で問い合わせることが可能です。

カードを紛失したときは、届け出をした日から61日までさかのぼって損失額を全額補償もしてくれます。(所定書類の提出あり)

台湾ドルが引き出せる

エポスカードの「海外キャッシングサービス」を利用すれば、空港や駅、台湾市内にある「VISA」「PLUS」マークのあるATMで、現地の通貨(台湾ドルも可)を引き出せます。

台湾限定の特典がある

台北市内の提携レストランを手数料無料で予約できる特典、台北101の展望台観覧料の10%オフの特典があります。(支払いをエポスカードでする必要があります)

エポスカード公式サイト
5

エポスカードは台湾に日本語対応窓口がある数少ないカード。いざというときでも安心して使うことができるのでおすすめです。けがや病気の時に使える補償額も270万円あります。年会費無料で即日発行もできるので、台湾旅行前に作っておくと安心です。

Amazon(アマゾン)

海外旅行に必要な持ち物が一通り揃います。

2,000円以上購入で送料無料なので、まとめ買いが便利です。

Amazonギフトカードで商品を購入すれば、2.5%のポイントが貯まります。

そしてなんと初めてAmazonギフトカードにチャージする方限定で、5,000円のチャージで1,000円分のポイントがもらえるキャンペーンも実施しています!

\公式サイトはこちら/

kkday

台湾現地のアクティビティーが格安で利用できます。わたしは様々な台湾現地ツアーをしらべましたが、kkdayが一番安くて快適です。

台湾政府とコラボもしている大企業なので、安心できます。

\公式サイトはこちら/

【ツアー】HIS(エイチ・アイ・エス)

個人手配はちょっと不安。という方におすすめなのが、HIS(エイチ・アイ・エス)

HISは料金が安いのが魅力。フリープランを利用すれば、個人旅行と同程度の自由な旅が楽しめます。オプションで1,000円を支払えばキャンセル料も無料になるので、予定が変わりやすい人にもおすすめです。

\公式サイトはこちら/

【クレジットカード】エポスカード

エポスカードは年会費無料のカードですが、海外旅行に必要な海外旅行保険が付いています。台湾でけが、病気やトラブルに巻き込まれたときに利用できる、日本語の問い合わせ窓口がある貴重なカードです。(楽天、リクルートカードなどにはありません)

\公式サイトはこちら/

クレジットカード1
最新の台湾情報を手に入れる