日本円を台湾ドルに両替するお得な方法を検証してみた

台湾旅行に行くときにお金をどのように両替すればいいのか、多くの旅行者が悩むと思います。

現在台湾在住で日本円から台湾ドルへの様々な両替方法を試してきた筆者が、自分自身の失敗体験をもとにお得な両替方法を紹介します。

①空港の両替所で両替する

台湾桃園国際空港
台湾の玄関口、桃園国際空港。
郵便局や銀行の両替所が多数ある

日本円から台湾ドルへの両替で1番シンプルな方法は、空港の両替所で両替する方法です。

ここで疑問が生じます。

日本の空港の両替所で両替したほうがいいのか、台湾の空港の両替所で両替したほうがおとくなのか?

結論から申し上げますと、台湾の空港の両替所で両替したほうが安くなります。

具体的な数字を出して順番に解説していきます。

日本の空港で両替する

日本の空港なら日本語が通じるし安心と思うかもしれませんが、手数料の面から考えるとかなり損をしてしまいます。

日本の空港で日本円→台湾ドルに両替すると、10%程度の手数料が取られるからです。

※両替所によって多少前後

実際に私が利用したことのある関西国際空港、中部国際空港の両替所の手数料(日本円から台湾ドルへの両替)は10%を超えています。

日本の空港の両替所で1万円を両替すると、手数料だけで1,000円がかかります。お金を替えるだけで1,000円も支払わないといけないんです。10万円の両替なら諭吉が1枚なくなります。

台湾の空港で両替する

台湾の空港での両替手数料は、一律30元(120円程度)と格安。1万円の両替で1,000円をとられる両替所より圧倒的にお得です。

一律30元(120円程度)なので10万円を両替しても手数料はかわりません。この手数料は1回の両替にかかる費用なので、複数人で旅行する場合は、まとめて両替したほうが得です。

中国語ができなくてもOK

中国語が話せなくても、台湾の空港なら両替が簡単にできます。実際中国語も英語もほとんど話せなかったわたしでも両替ができました。

空港の両替所のスタッフは日本人に慣れています。日本円を窓口の人に渡せば、すべてやってもらえます。台湾の空港にはいくつか両替所がありますが、どこも台湾大手の銀行なので安全ですし、手数料も同じです。

【2020年1月最新】手数料無料の両替機が桃園空港に設置

2020年1月15日に、台湾桃園空港の第2ターミナルの1階ロビーに外貨自動両替機が設置されました。 (台湾国営の通信社「中央社」 報道

両替機は日本語に対応しているので、中国語がわからない方でも簡単に操作することが可能です。両替機は兆豊銀行が運営しているため、レートは兆豊銀行のレートが使用されます。

そして両替所の窓口で両替する場合にかかる手数料30元(120円程度)が不要。手数料無料で両替することができるので、大変お得です。

②台湾の銀行で両替する

台北市内の銀行では、空港の両替所でかかる手数料(120円程度)を無料としているところもあります。 レートは各銀行によって違います。レートが良くても手数料がかかる銀行もあるので、単純にレートだけでは比較しないほうが良いです。

※レート一覧と手数料情報は、findrateというサイト(中国語)で確認できます。

市内の銀行で両替する場合、簡単な中国語や英語で会話する必要があるのが注意点。

120円の手数料節約の為に市内の銀行を利用するのは、時間のロスになるのでおすすめはしません。

③デビットカードで両替する

海外で利用可能なデビットカードがあれば、台湾で現地通貨(台湾ドル)を引き出すことができます。

わたしも台湾に住み始めた最初のころは、デビットカードでお金を引き出していました。台湾の空港やコンビニのATMで台湾ドルが引き出せます。

この方法のメリットは何といっても安全。

現金を盗まれたら、戻って送る可能性はほぼゼロ。

デビットカードなら、カードを盗まれた場合に補償をする制度があります。

そのため、多額の現金を持ち歩くより安全です。

【デメリット】海外事務手数料がかかる

デビットカードはATMでお金を引きだすときに、海外事務手数料(2-3%くらい)がかかります。

この海外事務手数料は、デビットカードの種類によって違います。日本の空港で両替する場合にかかる10%の手数料より安いですが、台湾の空港での両替よりは高くなってしまいます。

ただし、台湾の空港の両替所が銀行のレートを適用しているのに対して、デビットカードはカードブランド(VISA、マスター、JCBなど)のレートを適用するため、金額の変動があります。

④クレジットカードで両替えする

日本円を台湾ドルに両替をする1番お得な方法は、クレジットカードのキャッシングです。

※キャッシングは、お金を一時的にカード会社から借りること。

クレジットカードで現地通貨を引き出す場合、海外事務手数料がかからないんです!

デビットカードで両替するときにかかる、海外事務手数料がかかりません。そしてATM手数料も不要です。※実際に確認済み

そのため台湾在住のわたしは、生活費として使用する台湾ドルをいつもクレジットカードのキャッシングを利用して引き出しています。

しかし1点デメリットもあります。

クレジットカードで両替するデメリット

クレジットカードのキャッシング(両替)は手数料がかからない代わりに、利息がかかってしまうんです。海外事務手数料とATM手数料は無料ですが、年利18%の利息がかかります。

これだけを見ると、クレジットカードのほうが高いように見えますが、それは違います。

クレジットカードでの両替がお得な理由

デビットカードの場合と比較してみましょう。

デビットカードは一律2~3%の手数料をとります。クレジットカードは年利18%なので、早く返せば返すほど手数料は安いんです。

通常キャッシングの利用金額は1か月ごとに来るカード引き落とし日に清算されるため、1年間借りっぱなしということはあり得ません。実際にわたしが利用したキャッシング金額は、何も手続きをしなくて20日~40日程度で自動返済されていました。

返済期間に幅がある理由は、返済期間の締め日と支払日(引き落とし日)がずれているから。クレジットカードによって違いますが、60日を超えることはありません。

デビットカードで20万円を両替した場合、海外事務手数料が3%だとすると、手数料だけで6000円が飛んでいきます。

クレジットカードで20万円を両替した場合は、約3000円の利息です。( 年利18%、返済期間が30日の場合)

同じ条件で、3000円も違います。

10万円を両替する場合は1500円、5万円の場合は750円違います。上記の結果からわかる通り、早期返済をしなくてもクレジットカードのほうがお得になります。

返済期間のからくり

さきほど解説した通り、

クレジットカードのキャッシングで借りたお金は、次回のカード料金引き落とし日に自動的に返済されます。

次回の引き落とし日までの利息のみ、発生するということです。

ただし、借りたタイミングやカード会社によって、次回の引き落とし日までの期間が長くなってしまい、払う利息が高くなってしまうことがあります。

キャッシングをしたお金を早期返済すれば、利息を減らせます。

早期返済で両替の費用を抑える

クレジットカードの請求は1か月に一度きます。

キャッシングで台湾ドルを引き出した場合、お金を引き出した日から、実際に支払った日(口座から使ったお金が引き落とされた日)まで利息を払う必要があります。

逆を言えば、キャッシングをしても翌日に返せば、利息は1日分を支払えばいいということになります。

つまり、20万円を引き出したとしても翌日に返せば、利息は50円ということです。

先ほどの例でいうと、デビットカードと比べて5950円もお得になっちゃうんです!(20万円を引き出した場合)

これが繰り上げ返済というテクニックです。

繰り上げ返済は、自分が試した両替方法の中で、一番安く日本円から台湾ドルへ両替できる方法です。

繰り上げ返済の手順

繰り上げ返済は、

1.カード会社に電話をする。

2.繰り上げ返済用の口座と金額を教えてもらう。

3.その口座にお金を振り込む。

の3ステップです。※エポスカードはインターネットのマイページから返済手続きができるので、電話連絡の必要はありません。

スマホだけで返済が完了します。

カード会社に電話

カード会社ごとに設定された、繰り上げ返済用の電話番号に電話を掛けます。

海外からかけると国際電話料金がかかってしまうので、短期の旅行であれば帰国後に連絡するのがおすすめです。

繰り上げ返済口座と金額を教えてもらう

カード会社に電話すると、使用したクレジットカードの情報を聞かれます。そして、いつ返済が可能か聞かれます。

実際にお金を振り込むことができる日を指定してください。

キャッシングした金額と、指定した日までにかかる利息を合計した金額が伝えられるので、その金額を支払います。

返済口座にお金を振り込む

指定された口座にお金を振り込みます。

振込は銀行振り込みもできますが、ネットバンキングを持っている方は、オンラインで振り込みが可能です。

学業や仕事で忙しい方は、ネットバンキングを開設しておけば、スマホ1つで振り込みが完了します。

私は住信SBI銀行を利用しているのですが、月2回まで送金手数料が無料なのでおすすめです。

口座番号を入力するだけで送金が完了します。

台湾のATMで両替をする方法

観光シーズンである(7月~8月、12月~1月、3月)は、空港の両替所は混雑し、両替に時間がかかります。実際わたしが8月に台湾桃園空港で、両替所に20人ぐらいの人が並んでいるのを目にしました。

ATMならほとんど並ぶことなく両替ができるので、時間の節約にもなります。

ATMは英語表記があるので、英語がわかれば何も問題ないです。

空港のATMがおすすめ

空港から台湾市内へ行くときにお金が必要になるので、空港で両替をするのが一般的です。

ATMの操作は、英語と中国語表記です。

英語か中国語どちらかができれば、全く問題なく台湾ドルを下ろせます。

これだけ覚えればOK!台湾のATM利用時に知っておきたい単語

日本語中国語英語
引き出し提款Withdrawal
パスワード密碼PIN(password)
クレジットカード口座信用卡帳戶credit account

この3つの単語さえ分かっていれば、簡単に台湾ドルを引き出せます。

覚えなくても、このページを見ながら操作すればOK。

操作にかかる時間は1分程度です。

キャッシングの手順

キャッシングの簡単な流れです↓

1.カードを入れる
2.PIN(クレカのパスワードを入力する)
3.引き出しを選択(提款、Withdrawal)
4.クレジットカード口座( 信用卡帳戶、credit account )を選択
5.金額を指定(入力)する
6.カードを回収し、お金を受け取る

※2~4の手順はATMの種類によって、前後します。

YouTubeには、実際に台湾の空港で両替をされている方の動画がたくさん上がっているので、旅行前に1度予習しておくと安心だと思います。

「台湾 キャッシング」と検索すると色々出てきます。

キャッシングができないクレジットカードもある

海外キャッシングに対応していないカードでは、キャッシングができません。

台湾に旅行に行く前に、持っているクレジットカードがキャッシング可能なカードか、事前に確認しておくと安心です。

台湾でキャッシングと繰り上げ返済が可能なクレジットカード

台湾のATMを利用でき、繰り上げ返済時に、電話連絡、振込口座の確認、振り込みという、面倒な作業をしなくてもいいカードがあります。

それがエポスカードです。

エポスカード

エポスカードは面倒な電話連絡や、口座の確認などが一切必要なく、スマホがあれば、早期返済が完了してしまうクレジットカードです。

(すべてをオンライン上でするには、SBI住信銀行などのネット銀行口座が必要です。ネット銀行口座がない場合は電話連絡をおすすめします。)

学生や主婦の方も申し込むことができます。

申し込みもインターネット上ですべて終わります。入力フォームに必要事項を入力していくだけなので、5分ほどで申請できてしまいます。

最短翌日発行が可能です。

年会費も無料で、海外旅行時にけがや病気になったときの保険もついてきます。

丸井の店頭でも申し込めますが、オンラインで申し込むと2000ポイントがもらえるので、おすすめです。

エポスカード
5

台湾で風邪やインフルエンザに感染してしまったとき、治療費が高額になる恐れがあります。万が一に備えて台湾で使える海外旅行保険付きのエポスカードを持っておくと安心です。エポスカードなら台湾に日本語対応窓口があるので、言語の心配も要りません。

結論

色々な両替方法を試してきてたどり着いた、日本円から台湾ドルへの両替方法で最もお得な方法は、

繰り上げ返済対応のクレジットカード(エポスカードなど)で、手数料無料のATMを利用することです。

エポスカードは海外旅行保険が自動的つきますし、台北101の割引などの特典もあるので作っておいて損はしません。

細かい部分だと、カードブランド(VISA、マスター、JCB)によって、レートが違ったり、カード会社によって手数料の金額が異なるので、単純にこのクレジットカードが1番お得だということはできません。

わたしが調べた中では、エポスカードで両替する方法がおすすめですが、使う条件によってほかのカードのほうが安くなる可能性もあります。

関連記事

クレジットカードを持っていれば、海外で現地通貨を下ろせたり、病気やけがになったときに無料で病院に行くこともできます。しかし、すべてのクレジットカードに海外旅行保険がついているわけではなく、ついていても補償額が低すぎて、いざというとき[…]

クレジットカード1

海外旅行準備におすすめのサービス

これまで積み重ねてきた経験をもとに、厳選したサイトのみをご紹介。

海外旅行の際に役立てていただけると嬉しいです。

Amazon(アマゾン)

海外旅行に必要な持ち物が一通り揃います。

2,000円以上購入で送料無料なので、まとめ買いが便利です。

Amazonギフトカードで商品を購入すれば、2.5%のポイントが貯まります。

そしてなんと初めてAmazonギフトカードにチャージする方限定で、5,000円のチャージで1,000円分のポイントがもらえるキャンペーンも実施しています!

\公式サイトはこちら/

kkday

台湾現地のアクティビティーが格安で利用できます。わたしは様々な台湾現地ツアーをしらべましたが、kkdayが一番安くて快適です。

台湾政府とコラボもしている大企業なので、安心できます。

\公式サイトはこちら/

【ツアー】HIS(エイチ・アイ・エス)

個人手配はちょっと不安。という方におすすめなのが、HIS(エイチ・アイ・エス)

HISは料金が安いのが魅力。フリープランを利用すれば、個人旅行と同程度の自由な旅が楽しめます。オプションで1,000円を支払えばキャンセル料も無料になるので、予定が変わりやすい人にもおすすめです。

\公式サイトはこちら/

【クレジットカード】エポスカード

エポスカードは年会費無料のカードですが、海外旅行に必要な海外旅行保険が付いています。台湾でけが、病気やトラブルに巻き込まれたときに利用できる、日本語の問い合わせ窓口がある貴重なカードです。(楽天、リクルートカードなどにはありません)

\公式サイトはこちら/

最新の台湾情報を手に入れる