台湾でクレジットカードは使える?現地在住者が活用法を解説

  • 2019年11月8日
  • 2019年11月8日
  • クレカ

台湾でクレジットカードは使える?

という疑問や

クレジットカードなんていらないでしょ?

と思っている方も多いと思います。

台湾在住でクレジットカードをほぼ毎日使っている筆者が、台湾でのクレジットカード事情と活用法を解説していきます。

台湾でクレジットカードは使える

少し前まで、台湾は現金社会といわれることが多かったです。

しかし2019年11月現在、クレジットカードが使えるお店が増えてきており、多くの場所で利用が可能になっています。

空港

空港に入っている飲食店、コンビニ、ATM、バスの券売機などではクレジットカードが利用できます。

空港内の施設であれば、ほぼすべてクレジットカードが利用可能だと考えて大丈夫です。

ホテル

台湾のホテルでは、ほぼ確実にクレジットカードを使えます。

両替対応のホテルも多く、日本円から台湾ドルへの両替も可能です。

ATMを設置しているホテルでは、クレジットカードで現地通貨を引き出すことも可能です。

台北駅

台北駅に入っているコンビニ、お土産店、飲食店などもクレジットカードの利用が可能です。

台湾新幹線のチケットもクレジットカードで購入できます。

基本的に台北駅では、クレジットカードが使えると考えて大丈夫です。

※一部店舗(お弁当屋さんなど)では、現金払いのみにしか対応していないところもあります。

クレジットカードが使えない場所

空港や駅などの観光客が多い場所では、基本的にクレジットカードの使用が可能です。

しかし、現金文化が根強く残っている場所では、クレジットカードが使えないところも多いのが現実です。

九份

九份にある飲食店、お茶屋さん、お土産屋さんでクレジットカードが使えます。

しかし、空港や台北駅周辺ほど、クレジットカードが利用可能なお店は少なく、現金払いが必要なお店も多いです。

九份に行くときは必ず現金を持参しましょう。

夜市

夜市に出ている出店、飲食店ではクレジットカードが使えません。

夜市では基本的にクレジットカードが使えないと思っておいた方が良いです。

※衣料品を扱うお店、飲食店の一部ではクレジットカードを使うことができます。

タクシー

台湾のタクシーの8割ぐらいは、クレジットカードが使用できません。

台湾でタクシーを頻繁に使う予定にしているなら、多めに両替しておくと安心です。

クレジットカード対応のタクシーは、車体側面にVISA、Masterなどの表示があります。

台湾中心部には、クレジットカード払いができるタクシーが多いです。

支払いだけではない。クレジットカードの活用方法

台湾旅行にクレジットカードが必要な理由は、現地で支払いができる以外にも実はたくさんあります。

というよりも、支払いで使える以外の理由のほうが重要です。

クレジットカードがないと、受けられないサービスもあります。

ホテルで宿泊するときに必要

台湾のホテルの中には、クレジットカードがないと泊まれないところが多いです。

台湾のホテルを予約するなら、クレジットカードはほぼ必須です。

※料金の支払いが後払いの場合、ほとんどのホテルでクレジットカードの提示が求められます。

わたしがはじめて台湾1人旅をしたホテルでも、クレジットカードの提示が要求されました。

ホテルでクレジットカードが必要な理由

提示が必要な理由は2つ。

1.支払い能力があるかの確認

2.デポジット(保証金)としてお金を担保しておく

クレジットカード情報をホテル側が登録しておくことで、客が支払いをせずに帰ってしまっても、ホテル側はお金を回収できます。

 
てつ
何もしなかったら、国に帰られてホテル料金を回収できなくなってしまうにゃん、、、

ATMでお金が引きだせる

事前に両替をしておいた現金がなくなってしまったときに、クレジットカードがあれば、お金を引き出すことができてしまいます。

しかも空港で両替するよりも簡単でお得です。

台湾市内にはATMが多数あり、現金が足りなくなったら下ろすようにしておくと、台湾ドルを余らせてしまうリスクを下げられます。

 
てつ
両替をしすぎて、台湾ドルが余ってしまったことが何回かあるにゃん。

しかし、ATMは中国語、英語なので海外旅行初心者には難しいです。

わたしも台湾に住んでからやり方を覚えたくらいです。

いざというときは、ATMでお金が下せると覚えておくくらいでいいと思います。

関連記事

台湾旅行中は、台湾ドルが必要です。台湾ドルへの両替は空港の両替所よりも、空港のATMでキャッシングするほうがお得で簡単です。1分で台湾ドルが手に入ります。観光シーズンである(7月~8月、12月~1月、3月)は、空港の両替所は[…]

クレジットカードのイメージ画像

海外旅行保険が無料でつく

クレジットカードがあれば、海外旅行保険が無料で手に入ります。

補償内容は、店舗や空港、ネットで加入できる海外旅行保険とほとんど変わりがありません。

エポスカードなら、海外旅行中に病気やケガなどのトラブルにあったときに、日本語で連絡ができ、キャッシュレス(お金の立て替え払い不要)で病院を受診できます。

別記事で深く掘り下げています↓

関連記事

海外旅行先で何かあったときの為に、海外旅行保険に入られる方もいます。特に欧米諸国など医療費が高額な国に旅行する場合は、保険に加入しておいたほうが安心です。しかし、台湾は医療費が安く(日本より安い)、病気やケガをしてもクレジ[…]

お金が盗まれてしまったときのリスクを下げる

台湾は治安がいい国ですが、お金を盗まれてしまう可能性がゼロではありません。

現金を盗まれたらお金は戻ってきませんが、エポスカードなどの補償が充実しているクレジットカードの場合、不正利用された金額は戻ってきます。

現金を持つより安心なんです。

クレジットカードは2枚所持がおすすめ

わたしは、クレジットカードを2枚もって旅をしています。

旅先で現金をなくしたり、1枚クレジットカードを紛失したとしても、もう1枚のカードがあれば、現金を調達できるからです。

1枚は持ち歩く用、もう1枚はホテルの貴重品ボックスに入れておく予備用としておくと安心。

先ほども説明したように、カードは盗まれたり、紛失しても不正利用されたお金が戻ってきます。(エポスカードなど対応しているクレジットカードのみ)

エポスカードは、この記事で紹介した機能が全部ついている数少ないクレジットカードで、年会費無料なので旅行前に作っておいて損はないです。

エポスカード
5

EPOSカード

エポスカードは学生や主婦の方も申し込みが可能なクレジットカードです。台湾旅行中の病気やけがの治療費を補償する海外旅行保険が無料でついてきます。旅行前に余裕をもって作っておくのがおすすめです。

最新の台湾情報を手に入れる
>台湾の観光情報は、台湾観光ドットコムで!

台湾の観光情報は、台湾観光ドットコムで!

台湾観光ドットコムは【台湾含め海外旅行の経験がない方が、旅行に必要な情報をすべて手に入れることができる】サイトです。台湾旅行の持ち物リストの物さえあれば、ひとりでも台湾に行けます!

CTR IMG