台湾の常客証を申請してみた。手順や再発行について分かりやすく解説

台湾旅行が解禁されてから、大勢の旅行客が台湾へ訪れていて空港がにぎわっています。

常客証を持っていれば、空港のイミグレーションでの待ち時間を短縮することが可能です。

申請にあたっての条件や申請方法、自動延長や再発行についてご紹介します。

台湾の常客証とは

台湾の常客証は、直近12ヶ月以内に3回以上台湾を訪問した人が申請できる証明書です。

常客証があると、台湾入出国時に専用レーン(speedy immigration)を利用できます。

専用レーンで入出国審査ができるので、時間の短縮になって便利です。

通常レーンでの入出国審査は、時間がかかってしまうことがあります。

特に航空機の後ろの席に座っておられる方は、前方の席に座っている方よりレーンに並ぶのが遅れるため、入出国審査に時間がかかる傾向にあります。

わたしは過去に数十分並んだことがありました。

台湾についてから空港で時間を無駄にしないためにも、常客証が取得できるのであれば取得しておくのがベストです。

常客証は日本人観光客の一部の人にしか知られていません。

常客証の精度は、台湾に旅行や出張でよく行かれる方でも知らない人がいます。

身近な方でよく台湾に行かれる方がおられる場合は、このページのリンクを共有して教えてあげてください。

空港での時間短縮ができるので喜ばれると思います。

台湾の常客証を取得する方法

台湾の常客証を取得するには、1年間に3回台湾へ行く必要があります。

条件はたったそれだけ。

実際は常客証を申請できる状況にあっても、常客証の存在を知っている方は少ないです。

常客証についての情報発信をされている方が少ないため、あまり存在が知られていないのでしょう。

そもそも、1年に3回も台湾に行く方が少ないのもあります。

申請に当たっては、内政部移民署の公式サイトからオンラインで登録をする必要があります。

公式サイトは日本語表記はなく英語表記なので、はじめて申請するときは戸惑うかもしれません。

下記公式サイトのリンクをクリックし、常客証の手続きを開始しましょう。

内政部移民署の公式サイト:https://niaspeedy.immigration.gov.tw/nia_freq/

常客証の申請手順

内政部移民局公式サイトに入ると、上記のようなページが表示されます。

常客証を申請する前に確認が必要なこと(7項目)が、英語で書かれているページです。

すべて英語で書かれており、日本語表記はありません。

7項目のなかから、いくつか注意が必要なことをピックアップしてみました。

・常客証を申請できる条件に適っているか(直近12ヶ月以内に3回以上台湾を訪問しているか)

・入出国審査では印刷した常客証の提示が必要になる

・新しいパスポートに変わったら、再度申請が必要になる

すべて確認したら、ページの一番下にある部分(Yes, I understand the content and requirement above, and want to apply.)をクリックして申請を始めます。

※「上記の内容と必要条件を理解した上で申し込みます。」という意味です。

クリックすると申請画面に切り替わります。

申請ページは1ページのみで、入力が必要な項目は20か所程度です。

パソコンやスマホの操作に慣れている方であれば、10分ほどで申請を完了することができます。

申請項目は上から順に、名前、苗字、生年月日と続いていきます。

性別や国籍、メールアドレス、住所や電話番号を入力していきましょう。

パスポート関連の入力項目が多いので、申請をする際はパスポートを用意しておく必要があります。

注意が必要なのは、パスポートを12か月以内に更新した場合です。

12か月以内にパスポートを更新された方は、古いパスポート番号を入力する必要があります。

パスポート情報を入力したら、直近3回分の台湾入国日を記入します。

パスポートの入国スタンプや航空券の購入履歴などを確認し、正確な台湾入国日を記載してください。

台湾入国日を間違うとエラーとなり、常客証の申請ができません。

パスポート情報と直近3回の台湾入国日を記載したら、滞在の目的(観光であればSightseeing)を選択し、滞在先情報と台湾で使う電話番号(任意)を記入します。

最後に確認コードを入力し、Applyを押せば申請完了です。

Applyボタンを押したあとに出る確認画面で「Print」を選択し、常客証のPDFをダウンロードしましょう。

ダウンロードした常客証を印刷し、入国審査のときにパスポートと入国カードと一緒に提示すればOKです。

ちなみに入国カードもオンライン申請することができます。

関連記事

2022年10月13日に台湾旅行が再開されて以降、実際に台湾へ行ってきました。最新の台湾入国カードの書き方をご紹介しているので、台湾旅行前に是非一度ご確認ください。日本から事前に申請しておけば、現地でスムーズに旅行をスター[…]

台湾の常客証の有効期限

台湾の常客証の有効期限は申請日から1年間です。

たとえば、2024年4月、8月、12月に台湾旅行へ行き、2024年の12月20日に常客証を申請した場合、常客証の有効期限は2024年12月20日から2025年12月20日(1年間)です。

※2020年2月1日~2022年7月31日の間に有効期限が切れた常客証は自動的に2023年10月13日まで有効期限が延長されていました。

有効期限は常客証に記載されているほか、内政部移民局の公式サイトでも確認できます。

また印刷した常客証をなくしてしまっても再度ダウンロード可能です。

台湾旅行に行く前にダウンロードして印刷し、忘れずに台湾に持っていきましょう。