中正記念堂の交代式は1時間に1度。タピオカの老舗もあり

台湾旅行の定番スポットとして人気が高いのが、中正記念堂。

台北駅からのアクセスも簡単です。

中正記念堂の行き方と交代式についてご紹介します。

中正記念堂の最寄り駅

中正記念堂外観
撮影:台湾観光ドットコム

中正記念堂の最寄り駅は、MRT中正記念堂です。

台湾表記だと、中正紀念堂站になります。

中正記念堂駅は台北駅(台北車站)からMRTで2駅、 3分ほどで到着。

中正記念堂へは赤のラインの淡水信義線と、

緑のラインの松山新店線が走っています。

どちらの路線に乗車しても構いません。

台北MRT路線図

MRT中正記念堂から徒歩5分

中正記念堂駅
撮影:台湾観光ドットコム

MRT中正記念堂の5番出口から、徒歩5分ほどで中正記念堂に到着します。

流れに従って歩いていけば問題ありません。

駅構内には、中正記念堂への行き方を示した案内表示もあります。

グーグルマップを活用すると移動がスムーズです。

中正記念堂前の自由広場

自由広場
撮影:台湾観光ドットコム

駅から案内表示板に従って歩いていくと、 左側に「自由広場」と書かれた大きな門が見えてきます。

自由広場は、台湾を紹介するメディアでよく登場する写真撮影スポットです。

自由広場の門からは中正記念堂も見ることができます。

中正記念堂の左右にある建物

中正記念堂
撮影:台湾観光ドットコム

中正記念堂の左右には、同じような形をした大きな建物が2つあります。

茶色っぽい屋根の大きな施設です。

これは観光用の施設というわけではなく、音楽やコンサートを聴くためのホールです。

中正記念堂を正面に見たときに右側にあるのがオペラハウス、左側がコンサートホールです

※上記の写真は中正記念堂から撮影したものなので、位置は逆になります

オペラハウス

中正記念堂の音楽堂
撮影:台湾観光ドットコム

オペラハウスの1階には、オペラ鑑賞用のチケットカウンターがあります。

また、オペラを見ない人でも入ることができるお土産屋さんや、飲食店もいくつかあるので観光客も利用可能です

中正記念堂
撮影:台湾観光ドットコム

オペラハウスのお土産屋さんには、芸術関係の書籍や雑貨、文具なども売っています。

お土産ショップの奥にはカフェやレストランもあるので、ちょっとした休憩にもおすすめです。

コンサートホール

春水堂
撮影:台湾観光ドットコム

コンサートホールの1階には、タピオカドリンクの元祖「春水堂」があります

タピオカを落ち着いた雰囲気で楽しむことができる、イートインスペースも併設されています。

店内はモダンでおしゃれな感じ。

一部の席には日本畳が使用されています。

中正記念堂の春水堂
撮影:台湾観光ドットコム

こちらは、スタンダードなタピオカミルクティー。

タピオカミルクティーMサイズ料金は85元(約300円)です。

店員さんは観光客に慣れているので、簡単な英語やジェスチャーで注文できます。

中正記念堂の衛兵交代式

中正記念堂交代式
撮影:台湾観光ドットコム

中正記念堂の1番の見どころは衛兵交代式

中正記念堂は4階建てで最上階に蒋介石の銅像があり、それを守る形で衛兵が横に立っています

交代式は9時から17時までの毎正時に行われます。

1時間ごとに衛兵が入れ替わり、その様子を見に大勢の観光客が訪れています。

9時、10時、11時、17時というように、毎正時ごとに衛兵交代式が開始されるので、予定を調整して見に行きましょう。

中正記念堂のイケメン衛兵に注目

中正記念堂
撮影:台湾観光ドットコム

1時間ごとに交代式が行われる中正記念堂では、次の交代まで衛兵は動いてはいけない決まりになっています。

蒋介石の銅像の両脇に据えられた台の上に仁王立ちし、1時間静止し続けます。

中正記念堂の衛兵になれるのは、兵隊の中でもほんの一握り

身長が高く、定められた訓練に合格した者ののみが立つことを許される場所なんです。

そんなイケメン衛兵を見ようと詰め掛けるファンの方もいます。

中正記念堂は展示も豊富

中正記念堂
撮影:台湾観光ドットコム

中正記念堂の見どころは、交代式だけではありません。

1階から3階には観覧無料の蒋介石に関する展示やイベントブース、お土産屋や食事処があります

中正記念堂
撮影:台湾観光ドットコム

中正記念堂の1階には郵便局もあるので、買ったお土産を国際配送で日本に送ることも可能です

無料の展示だけでなく、時期によって入れ替わる有料の展示もあります。

わたしが行ったときは、現代アートなどが展示されていました。

中正記念堂
撮影:台湾観光ドットコム

蒋介石の執務室を再現した部屋はリアリティーがありました。

日本と台湾のかかわりについて考えさせられる展示が多く、日本人観光客が足を運ぶ価値があります。

展示には日本語翻訳もついているので、中国語がわからなくても大丈夫です。

中正記念堂の公園にはリスがいる

中正記念堂のリス
撮影:台湾観光ドットコム

ツアーでは行かないおすすめのスポットが、中正記念堂の裏にある公園です

この公園は市民の方々の憩いの場ともなっており、散歩や体操を楽しむ場所となっています。

日本では見られない鳥やリスも生息しています。

そんなに大きくない公園なので、天気がよければ会えると思います。

中正記念堂から徒歩5分で永康街へ

中正記念堂を見学したら、MRT中正記念堂駅に戻らず東門駅まで歩いていくのがおすすめです

これは観光客が知らない、効率的に観光する裏技です。

中正記念堂から徒歩5分で永康街に到着します

永康街にはアイスモンスターやスムージー、小籠包で有名な鼎泰豐(ディンタイフォン)の本店があります。

50嵐やCOCOなどのタピオカドリンクのお店も多いです。

関連記事

台湾観光で、行くべき門は3つあるといわれています。その1つが東門です。台湾観光で行くべき門1.東門(台湾のグルメが集まる永康街の最寄り駅)2.西門(台湾の原宿、西門街の最寄り駅)【台湾の原宿】西門(シ[…]

永康街