「銀色のやつ」は、きまぐれクックの名言

台湾在住ブロガーのてつやです。

最近はコロナの影響で家にいることが多く、YouTubeばかり見ています。

よく見ているYouTubeが金子氏が運営する、きまぐれクックチャンネル。

金子さんの名言「銀色のやつ」を聞くと、なぜか気分が落ち着くのは僕だけでしょうか(笑)

銀色のやつはAsahiスーパードライ

銀色のやつはASAHIスーパードライ
引用:Asahi公式サイト

きまぐれクック、金子氏の名言「銀色のやつ」は、金子さんが大好きなお酒、 Asahi スーパードライのことです。

Asahi スーパードライの缶が銀色でできていることから、金子氏は銀色のやつと呼んでいます

きまぐれクックチャンネルでは、様々な種類の魚をさばいて料理していく様子を動画にしています。作った料理を最後に金子氏が食べる際に、銀色のやつ( Asahi スーパードライ)も登場することが多いです。

魚料理とASAHIスーパードライの相性はほんとにいいですよね。動画を見ているこちらも、 Asahi スーパードライを飲みながら魚料理を食べたくなってきます。

銀色のやつは動画で度々登場

金子さんの動画の登録者数は、2020年4月26日現在329万人を超えています。

大物中の大物ユーチューバーです。

最近まで全く名前も知らなかったのが恥ずかしい思いです。金子氏は愛知県在住で主にお魚をさばく動画を投稿しています。

自分でさばいたお魚を食べるときに、銀色のやつ( Asahi スーパードライ)を飲むことやファンの方からのプレゼント開封動画で銀色のやつが登場することがあります。

「銀色のやつ」というワードは、金子氏のキャッチフレーズともなっており、きまぐれクックチャンネルを知らない人にも浸透しています。

銀色のやつは言いたくなる言葉

Asahiスーパードライゼロ
引用:Asahi公式サイト

Asahi スーパードライのことを銀色のやつというところに、金子さんのセンスを感じます。

「Asahiスーパードライ」という代わりに「銀色のやつ」といえば意味は十分伝わりますよね。銀色のやつ買ってきてといえば、間違いなくAsahiスーパードライを買ってきてもらえるはずです(笑)

銀色のやつは辛口で刺身(魚料理)によく合う

銀色のやつはビールの中でも辛口タイプのものなので、かなり大人な味といった感じです。

すっきりとした味わいで、お刺身や煮つけなどの魚料理を食べるときにちょうどいいと思います。

きまぐれクックチャンネルでたびたび銀色のやつが登場するのもうなづけます。

銀色のやつを購入できる場所

銀色のやつはネットで買える
引用:Amazon

銀色のやつはコンビニやスーパーはもちろん、Amazonや楽天などのネットショップで購入することができます。

今はコロナの影響で外出自粛が要請されているようなので、Amazonなどで購入するのが一番安全かもしれません。

限定商品として春色のやつもあるので、要チェックです。商品についている点数シールを集めるとプレゼントがもらえるキャンペーンもやってます。