エポスカードを無料でゴールドカードにランクアップする方法。しかも年会費永年無料

おすすめのクレジットカード

こんにちは!

台湾観光ドットコムを運営している、てつと申します。

今回は海外旅行保険付きクレジットカード、エポスカードを無料でゴールドカードにランクアップする方法をご紹介します。

海外旅行用のクレカはエポスがおすすめ

今現在エポスカードをもっていない方は、ぜひエポスカードを作成してみてください。

ネット入会すると、特典があります↓

エポスカード公式サイト
5

エポスカードは台湾に日本語対応窓口がある数少ないカード。病院の予約、通訳の手配も簡単です。けがや病気の時に使える補償額も270万円あります。年会費無料で即日発行もできるので、台湾旅行前に作っておくと安心です。

エポスカードは年会費が永年無料で、無料で海外旅行保険が付きます。

しかも、台湾には日本語で問い合わせができる窓口まであるんです。

楽天カードやリクルートカードなど、年会費無料カードにはこの特典はありません。

詳しい内容は、別記事で徹底解説しています。

エポスゴールドカードは無料で作れる

このサイトでも、台湾旅行の必須アイテムとして紹介させていただいているエポスカード。

このエポスカードですが、一定の条件を満たすと無料でゴールドカードを作ることができるんです。

条件はたったひとつ。

エポスカード(ノーマル)を新規で作り、年間50万円以上利用すること。

たったこれだけです。

毎年50万円以上使う必要はありません

例えば、2020年1月~12月までの1年間で50万を支払い、エポスゴールドカードを発行したとします。

次の年(2021年1月~12月)の支払いが10万円だったとしても、ゴールドカードは継続して使用できます。

1回発行されたゴールドカードは、年会費無料で継続使用が可能です。

エポスゴールドカードを先に作ると損

エポスゴールドカードは、エポスカード(ノーマル)を作らなくても作ることが可能。

しかし、その場合5000円損をしてしまいます。

最初からゴールドカードを作る場合、年会費5000円が必要になるからです。

※また、エポスゴールドカード会員用の審査を通らないといけません。

年会費無料のエポスカード(ノーマル)を作ってから、カードで50万円を利用すれば、無料でゴールドカードを作ることができるのでおすすめです。

年間50万円をカードで支払う方法

水道光熱費、食費、住居費など、カード払いができるものをすべてカードで支払えば、意外と50万円はすぐに使えます。

クレジットカードが使えるお店では、すべてカードで支払うことを習慣付けておけばあっという間です。

特に海外旅行をされる方なら、旅行代金をカード決済(インターネット予約はほぼクレカ払い)すると50万円はすぐに達成できると思います。

車のローン、電化製品の購入などの高価な買い物などもカード払いがおすすめです。

エポスゴールドカードとイオンゴールドカードの比較

年間の支払い額で、ゴールドカードに切り替えられるクレカにイオンカードがあります。

イオンカード(ノーマル)をランクアップして、ゴールドカードに無料で切り替えるために必要な利用額は年間100万円です。

エポスカードの倍の金額(50万円)を年間で利用しないと、ゴールドカードにアップグレードできないので、ハードルが高いです。

イオンのサービスをよく使う、年間100万円以上クレカを使用する予定がある方はイオンカードもおすすめ。

エポスゴールドカードのメリット

年会費無料とは言っても、ゴールドカードにメリットがなければだれも利用したくないですよね。。

ただ、カードの色がゴールドになってかっこいいだけだと、あまり意味がありません。

ここからはエポスゴールドカードのメリットをご紹介します。

空港ラウンジを無料で使える

エポスゴールドカードなら、無料で国内外のカードラウンジを使うことができます。

カードラウンジにはゆったりくつろげるソファー、食べ放題のお食事、ワインやビールなどのドリンクが豊富に準備されています。

ノーマルカードでは、こちらのラウンジは利用できません。

空港のカードラウンジは、LCC利用者を含めカードを持っていれば誰でも利用できます。

LCCは数時間遅延することも多いので(経験済み)、ラウンジを利用できるカードがあると便利。

年間50万円以上エポスカードを利用して、いつでも無料で空港ラウンジが利用できるエポスゴールドカードを手に入れましょう。

海外旅行保険が手厚くなる

当サイトでもご紹介しているように、エポスカード(ノーマル)でも台湾旅行中の病気やけがに備えられるだけの十分な補償があります。

補償額を充実させる方法として、複数枚のクレジットカード持つ方法もありますが、ゴールドカードで補償を拡充させることも可能。

エポスゴールドカードにグレードアップすると、傷害死亡、後遺障害の補償金額が1000万円にアップします。

エポスカード(ノーマル)の補償額が500万円なので、約2倍です。

万が一に備えて、ゴールドカードを持っておくことはメリットになります。

家族も永年無料でエポスゴールドカードが持てる

エポスカードの何が最強かというと、家族も年会費無料でゴールドカードを持ててしまうことにあります。

1人がエポスゴールドカードを作ったら、家族も無料でエポスゴールドカードが作れてしまうんです!

家族全員が海外旅行の時にラウンジを利用でき、海外保険も家族全員に適用できます。

家族カードも無料で作れるゴールドカードは貴重です。

年会費数万円のカードなら、エポスカードを超えるサービスを受けられるカードはたくさんあります。

年会費無料で利用できるゴールードカードに限定するなら、エポスカードは最強なんです。

特に海外旅行をされる方は、1枚持っておいて損はありません。

無料で作成できるエポスカード(ノーマル)を作って、無料でゴールドカードにグレードアップする方法が一番お得だと思います。

エポスカード、エポスゴールドカードの特典については、公式サイトで詳しく紹介されているので1度のぞいてみてください。

エポスカード公式サイト
5

エポスカードは、学生や主婦も申し込み可能な年会費無料のクレジットカードです。年間50万円以上利用すると、ゴールドカードにグレードアップ。ゴールドカードの年会費も無料です。台湾に日本語窓口がある数少ないカードです。海外旅行保険も充実しています。