台湾レシートくじ当選番号。私も当たった、80円の買い物で4000万円ゲットも

こんにちは、台湾在住の鉄也です。

わたしは台湾に1年間住んで、合計3回も台湾レシートくじが当たりました

すべて六賞の200元(約800円)でしたが、当たったときはうれしかったです。

最高1000万元(4000万円)が当たるので、レシートは捨てずに保管することをおすすめします。

1000万元を当てた人のなかには、日本円で80円の買い物をして当選した人もいます。

台湾レシートくじには夢がありますよね。

【関連記事】無料で試せる中国語オーディオブック

台湾レシートくじとは

台湾レシートくじとは、台湾レシートに割り振られている8桁の番号を基に抽選を行うものです。

お買い物をしたときに発券されるレシート1枚につき、1つの番号が発行されています。

お買い物をした金額は関係ないため、コンビニで100円のものを買っても、アップルストアでiPhoneを買っても1回分のレシートくじ抽選番号がもらえます。

レシートくじのために、買い物を小分けにしてレジに何度も並ぶ人もいるんだとか。

台湾レシートくじは台湾在住者だけでなく、旅行者にも当選金をもらう権利があります。

そのため、台湾旅行中にもらったレシートは捨てずに持ち帰ってくださいね。

もしかすると、台湾レシートくじに当選するかもしれません。

台湾レシートくじの当選番号(1000万元)発表

2020年台湾レシートくじで18人も高額当選者が誕生
台湾レシートくじ当選番号

2020年3月25日、2020年1~2月分の台湾レシートくじの当選者発表を行われて衝撃の事実が判明しました。

なんと特別獎の1000万元当選者が18人も出たんです!

過去の数字を見てみてもこんなにたくさんの当選者が出ていることはありませんでした。

台湾レシートくじの最高当選金額は1000万元、日本円に換算すると4000万円相当になります。

ただお買い物をするだけで4000万円が当たるなんて、台湾ではすごいことをやっていますね。

台湾のレシートくじの1000万元当選者が商品を購入した場所と購入金額は、台湾財政部で公表されます。

日本でもおなじみのファミリーマートやウーバーイーツ、STARBUCKS COFFEEなどで商品を購入された方から高額当選者が出ています。

日本円にして約80円の購入レシートで、4000万円が当たった人もいました。

少額の購入金額でも平等に抽選されており、台湾留学生や旅行者にもチャンスがありますよ。

台湾レシートくじの当選番号確認方法

一番気になるのが、台湾レシートくじの当選番号をどこで確認するかですよね。

当選番号が発表されるのは、台湾財政部の公式サイト。

台湾レシートくじは、台湾政府が直々に管理しているため安心です。

台湾のサイトなので当然ながら日本語はありませんが、数字だけみればOK。

中国語ができない方でも直感的に当選番号がわかります。

台湾財政部公式サイト

台湾レシートくじは2か月に1度実施

台湾レシートくじは2か月ごとに当選番号が発表されます。

※1~2月、3月~4月、5月~6月、7月~8月、9月~10月、11月~12月の区切り

当選番号が発表される日は、締め日の翌月25日です。

たとえば、1月~2月分のレシートの当選番号発表は4月25日に実施されます。

レシート発行日

当選番号発表日

1~2月

3月25日

3月~4月5月25日
5月~6月7月25日
7月~8月9月25日
9月~10月11月25日
11月~12月1月25日

台湾レシートくじの当選番号の見方

台湾レシートくじ当選番号

台湾レシートには、2ケタのアルファベットと8ケタの数字からなる10ケタの番号がそれぞれ印字されています。

最初の二桁のアルファベットは、全く関係ないので無視してもらって大丈夫です。

後ろの8ケタの数字だけを見ましょう。

2020年1月~2月分を例に説明します。

特別獎

特別獎の1000万元は、8ケタの数字がすべて一致している必要があります。

2020年1月~2月分の特別獎の当選番号は、12620024です。

数字がすべてそろっていれば、めでたく1000万元(約3600万円)当選です。

おめでとうございます!

特獎

特獎の200万元の当選番号は、39793895です。

8ケタの数字がすべて一致していれば、200万元(約750万円)当選です。

頭獎

頭獎の20万元の当選番号は3つあります。

67913945、09954061、54574947の3つです。

ひとつでも8ケタすべて一致していれば、20万元(約75万円)当選です。

二獎

頭獎の当選番号である67913945、09954061、54574947のどれか、下7桁が同じであれば当選です。

4万元(約14万円)を獲得できます

最初の数字は違っていてもいいということです。

例えば77913945、19954061、84574947が当選になります。

三獎

頭獎の当選番号である67913945、09954061、54574947のどれか、下6桁が同じであれば当選です。

下6桁揃っていれば、1万元(約3.6万円)当選です

わたしの知り合いにも1万元当てた人はちらほらいるので、可能性を感じますね。

四獎

頭獎の当選番号である67913945、09954061、54574947のどれか、下5桁が同じであれば当選です。

下5桁揃っていれば、4千元(約1.4万円)当選です

五獎

頭獎の当選番号である67913945、09954061、54574947のどれか、下4桁が同じであれば当選です。

1千元(約3600円)がもらえます

六獎

頭獎の当選番号である67913945、09954061、54574947のどれか、下3桁が同じであれば当選です。

当選金は200元(約750円)です

さらにボーナス数字として、下三桁が007の場合も当選となります。

こちらも同じく200元がもらえます。

台湾レシートくじの交換場所

台湾レシートくじの交換場所

台湾レシートくじの当選金を受け取れる場所は、2019年1月より変わりました。

古いブログなどでは、2019年以降換金ができなくなった場所が紹介されていることもあるのでお気を付けください。

すべての当選金が受け取れるのが、第一銀行、彰化銀行、全国農業金庫など5か所

台湾旅行者は第一銀行と彰化銀行を利用することがほとんどだと思います。

この2つの銀行は観光地からも近いところにあり、便利です。

台湾レシートくじ換金場所一覧:台湾財政部公式サイト

五獎以下ならコンビニ受け取りが便利

台湾旅行者でも気軽に当選金を受け取れる場所は、コンビニ。

5獎の1000元以下の当選金なら、コンビニでパスポートと当選レシートを提示するだけで受け取れます。

日本でおなじみのセブンイレブン、ファミリーマートも利用可能。Hi-LifeやOKマートなどの台湾コンビニでも受け取ることが可能です。

コンビニの店員さんが知らない場合も

台湾レシートくじの当選発表を行っているのは、台湾の財政部です。政府が一括で管理しており、日本人旅行者を含む外国人でも当選金を受け取ることができると書いています。

しかし、コンビニの店員さんのなかにはそのことを知らない人も多いです。わたしがはじめてレシートくじを交換しに行ったときは、対応した女子高生の店員さんに日本人は無理だといわれました。

コンビニにはマニュアルがあるものの、実際に交換にくる外国人旅行者が皆無のため、片言でレシートを見せてくる外国人が当選金を受け取るのが難しい場合が多いです。

コンビニで断られたら銀行に行くのが確実

コンビニで断られたら、銀行で換金するのが一番早いです。

銀行では基本的に英語が通じますし、外国人観光客の換金もスムーズに行くことが多いです。

わたしもコンビニ数件に換金を断られた後、台湾の第一銀行ですんなり換金することができました。

台湾レシートくじ当選金受け取り期限

当選金の受け取りが可能になるのは、翌月の6日~3か月間のみです。

期限を過ぎると受け取ることができなくなってしまうのでご注意ください。

1月~2月のレシートくじが当選した場合、当選金を受け取れるのは4月6日から7月5日までになります。

レシート発行日当選金受け取り期限
1~2月4月6日~7月6日
3~4月6月6日~9月6日
5~6月8月6日~11月6日
7~8月10月6日~1月6日
9~10月12月6日~3月6日
11~12月2月6日~5月6日

台湾レシートくじの当選確率

台湾レシートくじの当選確率を計算してみました。

特別賞:1000万元(約3600万円)→1億分の1

特賞:200万元(約750万円)→1億分の1

頭賞: 20万元(75万円)→3333万分の1

上位の3つの賞が当たる確率は、当然ですがかなり低いです。

それ以下の賞は、二賞4万元(14万円)、三賞1万元(3.6万円)、四賞4千元(1万5千円)、五賞1千元(3600円)、六賞200元(750円)となっています。

末等である六賞は250分の1の確率であたります

台湾レシートくじの当選確認をアプリでする方法

観光で台湾にくる方の場合、専用アプリを入れてまで当選金額の確認をする必要はありません。

1枚1枚、番号を確認しながら当選確認をするのがとても楽しいと思います。

レシートの枚数が多くなりがちな台湾在住者は、アプリの利用がおすすめです。

發票+をダウンロードする

發票+というアプリでは、レシートについているQRコードをスキャンしておくだけで、当選したかどうかを自動で判別してくれます。

ただ現在台湾のレシートはQRコード付きの新しいものと、QRコードなしのものがあり、古いものは手入力をしなくてはいけないので面倒です。

ただ、この方法もレシートをスキャンする手間が毎回必要になるので、わたしは使用していません。

毎日台湾で何かしら買い物している私でも、アプリを使わず20分程度で当選確認が終わります。

發票+のダウンロードはこちら