空港の入国審査

【台湾の出入国審査】手順を徹底解説。これだけ読めばOK!台湾行けます!

海外旅行に行くときに、心配になるのが空港での出入国審査ですよね。

わたしも【英語で質問されたらどう答えよう】とか、【審査が通らなかったら入国できないのかな】と悩むことがありました。

結論から言うと、日本の空港で受ける出国審査も、台湾に入国する際の入国審査も手順さえ覚えれば簡単です。

出国審査の手順

海外旅行の荷物

日本から台湾に行くときに、最初に受けるのが出国審査(保安検査)です。

海外にいくためには、日本から出るための手続き【出国審査】を行います。

※出国審査の手順は、台湾以外の国に行く場合も同じです。

1.最寄りの空港まで向かう(搭乗時間の2時間前に空港に到着)

2.航空会社のチェックインカウンターで、チェックインする(預入荷物があれば預ける)

3.保安検査場で、手荷物検査と金属探知機による検査を受ける

4.出国審査を受ける

5.搭乗ゲートに移動する

6.搭乗案内があるまで、ゲート付近で待つ

7.パスポートと航空券を提示し、航空機に乗る

それぞれの手順詳細を解説していきます。

1.最寄りの空港まで向かう

最寄りの空港(日本)に移動します。

航空機は、地下鉄やバスなどほかの交通機関と違い、フライト時間ぎりぎりに到着しても乗ることができません。

航空機に乗る前に、出国検査や手荷物検査が必要だからです。

出国審査手続きには、30~60分ほどかかります。

飛行機が実際に飛ぶ30分~1時間前には出国審査を済ませて、搭乗口で待機しているのが理想です。

そのため、2時間前に空港についていることをおすすめします。

2.航空会社のチェックインカウンターでチェックインする

空港に着いたら、航空会社のチェックインカウンターを探し、チェックインをします。

チェックインは、

「飛行機に乗ります。そのために必要な航空券とパスポートがあります」

という情報を航空会社に伝えることです。

チェックインは フライト時間の2~3時間前から開始されます。 締め切りは、フライト時刻の1時間前が一般的です。

締め切りに遅れると、チケットを持っていても飛行機に乗ることはで来ません。

スーツケースなどの預荷物がある場合は、チェックインカウンターで預けます。

チェックインカウンターでは、預ける荷物の重量の計測が行われ、既定の重さを超えると超過分の料金が取られます。

※LCC(格安航空)の場合、預け荷物が有料になっていることが多いです。

チェックインカウンターの場所

チェックインカウンターの場所は、空港のホームページやマップで確認できます。

空港は広いので、場所がわからなくなってしまう場合もあります。

その時は、案内窓口やスタッフに尋ねるのが最善です。

カウンターに並んで搭乗券を発行してもらう

カウンターに並んで、パスポートと航空券を提示し荷物を預けます。

このとき、搭乗券を受け取ります。

※オンラインで予約した航空券(予約管理書)を、正式な搭乗券と引き換える必要があります。

チェックイン用の機械を使用する場合

預ける荷物がなければ、チェックイン用の機械に航空券とパスポートの情報を入力(バーコードやQRコード付きの航空家の場合、機械でコードを読み取る)すれば、搭乗券が発行されます。

航空会社の係員が近くにいるので、操作方法を教えてもらうことができます。

オンラインで事前にチェックインする場合

事前に、オンラインでチェックインすることも可能です。

オンラインチェックインは、すべての航空会社が対応しているわけではありません。

オンラインチェックインが可能な航空会社は、航空券の発行の際に届くメールで確認できます。

預ける手荷物がない人は、チェックインカウンターに出向くことなく保安検査に進めます。

預ける荷物があれば、オンラインチェックインのメリットはない

預ける手荷物がある場合は、チェックインカウンターに出向いて荷物を預ける必要があるので、オンラインチェックインをするメリットはあまりないです。

航空券(予約確認書)を持参し、チェックインカウンターで手続きをしたほうが混乱せずに済みます。

3.保安検査場で所持品検査を受ける

航空券とパスポートを提示し、保安検査場に入ります。

保安検査場では、機内に持ち込むリュックサック、ポーチ、スマホなどに危険物が含まれていないかチェックが行われます。

旅行者本人も、金属探知機で危険物を隠し持っていないか検査をされます。

電子機器を取り出す

保安検査場に着いたら、スマホ、タブレット、ノートパソコン等の電子機器をバッグから取り出し、検査用のトレーに載せます。

モバイルバッテリーも出すように言われるケースもあります。

液体物は、100ml以下の容器に入れる

液体物は100ml以下の容器にいれます。 合計で持ち込みができる液体は1ℓまでです。 ジップロック(縦横の辺の合計40センチまで)などに小分けにして入れ、別のトレーにいれて検査に出します。

金属探知ゲートを通るときは、貴金属を外す

旅行者本人は、係員の指示に従って金属探知機のゲートをくぐります。

貴金属類はなるべく外して、トレーに入れ検査に出します。ベルトは金属が含まれるので、外したほうがいいといわれています。

財布等をポケットに入れたままにしておくと、金属探知機が作動することもあるので、トレーに入れて検査するほうが無難です。

ジーパンのホックの金属部分など、少々のことでは反応がでないので、あまり神経質になりすぎなくても大丈夫です。

金属探知機に引っかかってとめられても、係員によるボディーチェックと、金属探知機による検査をもう一度受ければOKです。

4.出国審査を受ける

出国審査自体は1分程度で終わります。

保安検査場を出ると出国審査のゲートが目の前にあるので、列に並びます。自分の番が来たら、係員の指示に従って前に進み、パスポート、航空券を提示します。写真撮影禁止です。

質問をされることもありますが、出国審査は日本語がわかる人がやっているので、不明点があれば日本語で尋ねることができます。

パスポート、航空券に問題なければ、審査を通過できますよ。

5.搭乗ゲートに移動する

空港はとても広いです。

搭乗ゲートと呼ばれる航空機に乗るための場所が複数あります。

大規模な国際空港の場合、端から端まで歩くだけでも30分くらいかかってしまうこともあります。

あまりに距離が長いため、多くの国際空港では動く歩道が設置されているので、利用するとよいでしょう。

搭乗ゲートがどこなのかは、航空券に書かれているので、それをもとに場所を探します。

ゲートの一覧を確認できる地図や電光掲示板が設置されているので、そこでゲートの場所を照合し、移動しましょう。

日本の国際空港ではインフォメーションカウンターが設けられているので、そこでゲートの位置を訪ねることも可能です。

6.搭乗案内があるまで、ゲート付近で待機

ゲートに到着したら、まずは本当にゲートがあっているかどうか確認します。

ゲートの確認方法は、ゲート上部に表示されている電光掲示板の便名を確認すればOKです。

航空会社、フライト時間、便名、行き先を確認し、ゲート付近で待機しておきましょう。

ゲート周辺には、椅子が用意されているのでそこに座って搭乗時間が来るまで待ちます。

天候などによって、搭乗案内が遅くなる場合も多いです。

そのような場合は、アナウンスがされます。

7.パスポートと航空券を提示し、航空機に乗る

【搭乗手続きを開始する】というアナウンスがあったら、航空機にのります!

まずは体の不自由な方、搭乗に当たってサポートが必要なかたなどが優先的に搭乗します。

その後、後方座席の方から順番に乗り込みます。(アナウンスがあります)

入国審査

台湾桃園国際空港
桃園国際空港の入国審査場への通路

入国審査は台湾の空港に到着後に、空港から外に出るときに受ける審査のことです。

まずは、簡単に審査の流れをご紹介します。

1.航空機を降りる

2.入国審査ゲートに移動する

3.観光客用の入国審査の列に並ぶ

4.パスポートと入国カードを提示し、入国審査を受ける

5.荷物受取所で荷物を受け取る

6.台湾に入国し、バスや地下鉄などで台北市内へ

では、それぞれの手順を詳しく解説していきます。

1.航空機を降りる

手順として説明するまでもないですが、注意点があります。

航空機が着陸しても、すぐに席を立ってはいけません。

シートベルト着用サインが消えてから、航空機を降りる準備を始めましょう。

はやる気持ちはわかりますが、着陸してすぐに席を立つのは危険です。

前のほうの席の人から降りていきますので、後ろの席の人のほうが降りるのに時間がかかります。

到着してなるべく早く、台湾市内に移動したい場合は、航空機前方の出入り口付近の席を予約することをおすすめします。LCCの場合、座席指定料金が別途必要です。

2.入国審査ゲートに移動する

飛行機を降りたら、入国審査ゲートに向かいます。

航空機をおりたら、すべての人は入国審査ゲート通過しなければいけないので、人の流れに沿って移動すれば大丈夫です。案内表示もあります。

台湾の場合、入国審査で質問されることはほぼありません。これまで何度も台湾に旅行にいっていますが、質問をされたことはありません。

なぜ、質問されないのかというと、台湾に入国する際にはあらかじめ「入国カード」に滞在先や渡航目的などの情報を記載し、提出する必要があるからなんです。

入国カードはオンラインで事前に登録する方法と、手書きで記入する方法があります。

記載内容に不備があれば質問されるかもしれませんが、入国カードをしっかり作成しておけば、質問はされないと考えていいでしょう。

入国審査ゲートに行き、入国カードとパスポートを提示するだけでOKです。

審査は1分もかからず、あっという間に終わります。

台湾は日本人の旅行先として人気が高いので、入国審査待ちの時間がかかることもあります。

3.観光客用の入国審査の列に並ぶ

入国審査のゲートは、台湾の方用のゲートと観光客用のゲートの2種類があります。

さらに1年に3回以上台湾を訪れている人は、優先ゲートに行けるという特典があります。(常客証)

台湾旅行初めての方は、観光客用のゲートに並びます。

人が一番多く並んでいるゲートが、観光客用のゲートです。

4.パスポートと入国カードを提示し、入国審査を受ける

自分の番が回ってきたら、ゲートに出向きパスポートと入国カードを提示します。オンラインで申請をした場合は、パスポートのみでOKです。

入国審査に不備があると、英語や中国語で質問を受けることになるため入国カードの記入漏れはなくしておきましょう。

指紋認証によるチェックも行われますが、係官の指示に従って機械の上に手を載せるだけで大丈夫です。

あと、ゲートに設置されているカメラのほうを向いて静止するよう指示されます。(おそらく、パスポートと本人が一致しているかの確認だと思います。なお、入国審査ゲートは写真撮影禁止です。)

特別不備がなければ、ゲートを通過できます。

順調にいけば、審査時間は1分程度です。

5.荷物受取所へ移動する

無事に入国審査を通過したら、案内表示に従って荷物受取所に移動します。

手荷物がない人も荷物受取所を通過しないと、外には出れないので案内標識に従って荷物受取所に移動しましょう。

荷物受取所にはいくつかターンテーブル(ベルトコンベア)があります。

ターンテーブル上方にあるフライト情報を参考にし、自分の便名を探します。

見つけた番号のターンテーブルに移動し、荷物が出てくるのを待ちます。

荷物は、一定の間ぐるぐると回っているので、焦らなくても大丈夫です。

出てくるまで、気長に待ちましょう。

自分のスーツケースなどの預けた荷物が出てきたら、自分で取り出してOKです。

6.台湾に入国し、バスや地下鉄などで台北市内へ

スーツケースを受け取ったら、外に出ます。

一旦、荷物受取所から外に出るともう戻れないので忘れ物には気を付けてくださいね。

ゲートの外に出ると、ツアー会社の方や家族を迎えに来た方などいろんな人が待ち構えています。

ツアーに参加されている人は、プラカードを持った方がおられると思うので、集合しましょう。

個人旅行の方は、いよいよ台湾での旅の始まりです!

ここから台湾へはバスか地下鉄で移動します。

市内への利便性、到着時間、コスパを考えると、地下鉄利用がおすすめです。

関連記事

台湾に入国して最初に困るのが、台北市内やホテルへの移動方法です。市内へのアクセス方法は、バス、地下鉄、タクシーがあります。この中で一番お得なのは、普通に考えてバスでしょう。しかし、台湾は違います。1番お得なの[…]

地下鉄の乗車風景

両替について

台湾旅行が初めての方は、空港で両替をするのがおすすめです。

僕のおすすめは、手荷物を受け取って外に出たところにある両替所。

手荷物を受け取る前にもいくつか両替所があるのですが、両替をしたい旅行客で混雑します。外に出てから両替するのがおすすめです。

キャッシング対応のクレジットカードがあれば、空港にあるATMで台湾ドルを引き出すこともできます。

関連記事

台湾旅行に行くときにお金をどのように両替すればいいのか、多くの旅行者が悩むと思います。僕もかなり悩み、多くの失敗をしてきました。日本円から台湾ドルへの様々な両替方法を試して、数多くの損をしてきた自分の失敗体験をもとに、最もお得な両替[…]

空港の入国審査
最新の台湾情報を手に入れる
>台湾の観光情報は、台湾観光ドットコムで!

台湾の観光情報は、台湾観光ドットコムで!

台湾観光ドットコムは【台湾含め海外旅行の経験がない方が、旅行に必要な情報をすべて手に入れることができる】サイトです。台湾旅行の持ち物リストの物さえあれば、ひとりでも台湾に行けます!

CTR IMG