台湾猫村の行き方。おすすめの観光スポットや猫がいる場所

台湾の猫村は世界6大猫スポットに選ばれた(CNN選出)、猫好きにはたまらない場所です

アクセスしにくい場所にある猫村の行き方と観光スポットをまとめました

台湾猫村の行き方

撮影:台湾観光ドットコム

台北駅から猫村には台湾鉄道で行けます。

台北駅から羅東、宜蘭、花蓮方面行の台湾鉄道に乗車し、約60分で猫村の最寄駅猴硐駅に到着です。

台北から猴硐に向かう列車の途中には、九份の最寄り駅である瑞芳駅もあります

午前中に猫村を観光して、午後に九份観光を楽しむコースが効率的です。

関連記事

この記事を読むと、2021年時点での九份への行き方が分かります。昔のブログには載っていない、新しいアクセス方法もありますよ。台北市内から九份に行く3つの方法をご紹介します。九份の行き方「バス編」九份行きのバ[…]

九份行きのバス(1062番)

猫村は猴硐駅前にあるので降りる駅さえ間違わなければ、迷う心配はいりません。

猫たちも駅舎の中までやってきます(笑)

猫好きにはたまらない観光スポットです。

台湾猫村で暮らしている猫たち

猫村の駅前の様子
撮影:台湾観光ドットコム

猴硐駅にかかっている陸橋を渡り、徒歩5分ほど進むと猫村の中心部です

猫村に暮らしているたくさんの猫たちに迎えられて、顔がほころんでしまいます。

日が当たっていているときは猫たちは日向ぼっこをしています。

愛くるしい表情に癒されること間違いなしです。

台湾の猫村にいた子猫
撮影:台湾観光ドットコム

写真の奥に映っているのが猴硐駅のホームです。

猫村からは駅舎も見えます。

駅のホーム、電車、猫をカメラの構図に収めることができ、鉄道写真家などからも人気が高い写真撮影スポットです。

猫村にいる子猫
撮影:台湾観光ドットコム

物憂い気な目でこちらを見る姿に癒されますよね。

猫村の猫は、人間に慣れているので写真撮影をしているときに逃げることもないです。

逆に猫の方からこちらによって来てくれます。

猫村のボス猫
撮影:台湾観光ドットコム

猴硐駅のホームと一緒にとってくれよとばかりに、壁によじ登ってポーズをとってくれる猫もいます

写真撮影スポットで待機していれば、餌をくれることを知っているのでしょうか?(笑)

猫村の頂上には猫カフェがある

猫村にある猫カフェ
撮影:台湾観光ドットコム

猫村は広島の尾道のように、石畳の階段が続いている場所です。

猫村には地元の方が住んでおり、立ち入り禁止と書かれたところには立ち入らないように気をつけましょう。

石畳の階段を登ること10分くらいで、頂上にある猫カフェに到着できます

結構急な階段が続いているので、少し疲れを感じます。

猫カフェは5店舗ほど、お土産屋さんは2店舗ほどが営業しています。

猫村にある猫カフェ
撮影:台湾観光ドットコム

猫村にある猫カフェには、猫がたくさんいます。

猫をかたどったおいしいスイーツやドリンクをいただけます

猫村の猫たちは割と自由なので、猫カフェの看板猫が勝手に外出してお店にいないこともあるようです(笑)

わたしが猫村の猫カフェにいったときも、ちょうど扉があいたタイミングを見計らって看板猫が外に出て行ってしまいました。

猫村周辺にも猫がたくさんいるスポットがある

台湾の鉱工紀念館の近くにいた猫
撮影:台湾観光ドットコム

猫村は非常にコンパクトな街のため、1時間あれば一通り観光することができます。

せっかく猫村にきたのだから、もう少し観光したいと思ったわたしは、猫村から足をのばしてほかの観光スポットに行ってみることにしました。

なんと、そこにも猫がたくさんいて可愛らしい猫の写真をたくさん撮れちゃいましたよ。

わたしが行った場所は鉱工紀念館

廃墟好きな方には有名なスポットです。

こちらにもたくさんの猫たちがいて日向ぼっこを楽しんでいました。

猫村の目の前にある廃墟

猫村から徒歩5分にある廃墟
撮影:台湾観光ドットコム

猴硐駅の目の前には、日本統治時代に造られた炭鉱跡と廃墟となっている工場があります

こちらの廃墟にも猫たちが戯れているので、廃墟と猫という構図で写真が撮りたい方に人気のスポットです。

日本人にとってはどこか懐かしく感じるような光景が続いています。

猫村前にある廃墟
撮影:台湾観光ドットコム

炭坑(採掘場)と工場を結ぶ橋も現存しており、写真撮影スポットとして大人気です

こちらの橋でも猫ちゃんが気持ちよさそうに日向ぼっこをしていましたよ。

猫村だけ観光して帰るともったいないので、炭坑の方にいる猫たちもぜひ写真に収めてみてください。

猫村から徒歩10分。炭坑トロッコ乗車体験

猫村から徒歩10分で行ける炭坑
撮影:台湾観光ドットコム

猫村から徒歩10分のところには、日本統治時代に鉱物の発掘が行われていた炭鉱跡があります。

ここでは、当時使われていた炭坑用トロッコの運転や掘削体験をすることができます

まずは炭坑内に入るトロッコに乗り込み、狭いトンネル内に入っていきます。

炭坑内は薄暗くて狭いです。

当時の炭鉱夫の方たちの大変な生活を想像でできます。

猫村近くにある炭坑体験場
撮影:台湾観光ドットコム

こちらの小型乗り物は、鉱物を運び出すときに使われていたものです。

実際に運転体験をさせていただきましたが、コツをつかむのが難しく前になかなか進めませんでした。

大きなバールを左右に動かすことで前進します。鉱物を積み込んで工場に運んだあと、また元の場所に戻ります。かなりの重労働です。

猫村の近くのトロッコ乗り場
撮影:台湾観光ドットコム

鉱物の掘削体験と運搬体験をした後は、人専用のトロッコで元の場所に戻りました。

この体験を通して、炭坑で働くことの大変さを感じることができました。体力勝負というのもありますが、暗闇でひたすら作業をすることになるので、精神的にもきついと思います。

炭坑の貴重な資料が見れる施設

猫村にある資料館
撮影:台湾観光ドットコム

猫村の近くには、グーグルマップには載っていない炭坑の資料館があります。

こちらは、当時炭坑で勤務されていた方が当時の様子を知ってもらおうと作られた場所。無料で展示室を見学することができます。

炭坑で使われていた日誌や作業用ヘルメット、工具など貴重な資料が展示されています。

その当時めずかしかった女性の作業員の写真もありました。美人の作業員として当時の新聞などで紹介されていたようです。

資料館は、瑞三本鉱坑口という鉱山の入り口前にあります。

台湾の猫村から歩いて15分くらいで行けるので、お時間のある方はぜひ足を運んでみてください。