2020年最新。台湾鉄道路線図は公式サイトで見れる

  • 2020年10月18日
  • 2020年10月18日
  • 必読
台湾鉄道路線図

台湾鉄道の路線図は台湾鉄道公式サイトで見るのがいちばん正確です。

以前は公式サイトでは路線図を見ることができなかったので、台湾鉄道マニアの方などが作った路線図を見るのが便利でした。

今は公式サイトで路線図や時刻表、遅延情報を見ることができるので公式サイトを利用した方がいいです。

台湾鉄道のオンライン路線図

台湾鉄道路線図

交通部台湾鉄路管理局の公式サイトで、台湾鉄道の全路線がオンラインで見ることができます。

台湾鉄道オンライン路線図は最近サイトに追加されたもので、台湾鉄道を利用するうえで非常に便利です。

このオンライン路線図を使えば、台湾鉄道での旅行を快適に楽しむことができます。

台湾鉄道路線図の見方

台湾鉄道路線図2

交通部鉄路管理局の公式サイトで列車の運行状況を検索すると、台湾鉄道のすべての駅の情報を見ることができます。

台北、基隆などの主要駅はクリックが可能になっており、駅名を選択することで詳細情報を見ることが可能です。

例えば、桃園という地名をクリックした場合は上記の写真のように桃園近辺の駅名と特急、快速、普通列車が停まるかどうか検索可能です。

交通部台湾鉄路管理局公式サイトは日本語対応

臺灣鉄道路線図3

台湾鉄道の正式名称は交通部台湾鉄路管理局と言います。

交通部台湾鉄路管理局のサイトは以前は日本語に対応していませんでした。

2020年10月現在、時刻表、路線図、遅延情報などが日本語でも見られるようになってきています。

すべて日本語で見れるわけではありませんが、台湾旅行中に必要な情報のほとんどは日本語のみで確認できるようになっているので心配はいりません。

サイトの右上にLanguageを選択するボタンがあるので、そこをクリックすると日本語に変更が可能です。

GOTOトラベル対応ホテル予約サイト

booking.com(ブッキングドットコム)は、わたしがメインで使っている旅行予約サイトです。

GOTOトラベルにも対応してます。

ブッキングドットコムの特徴は、前日までキャンセル無料で予約できるプランが豊富なこと。急な日程変更、最近あった武漢肺炎で渡航をキャンセルしたいような状況でもキャンセル料がかかりません。

\公式サイトはコチラ/

アゴダ

Agoda(アゴダ)はブッキングドットコムのグループ企業。

GOTOトラベルに対応しています。

アゴダは東南アジアを中心に事業を展開しているため、台湾のホテル掲載数が豊富。

\公式サイトはコチラ/

エクスペディア

Expedia(エクスペディア)はアメリカに本社を構え、サイトは日本語に対応しています。

GOTOトラベル対象です。

ホテル予約については24時間日本語で問い合わせることができます。

日本のホテルも予約可能です。

\公式サイトはコチラ/

ホテルズドットコム

ホテルズドットコムは、10泊宿泊すると1泊無料になります。

GOTOトラベルと合わせて使うと大変お得。

出張や旅行などで頻繁にホテル予約をされる方におすすめです。

エクスペディアのグループ企業なので、日本語での問い合わせにも対応しています。

\公式サイトはコチラ/

じゃらん

日本国内のホテル予約に便利です。

GOTOトラベルに対応しています。

ポイントもたまるので、GOTOトラベルとの併用がお得です。

たまったポイントは、コンビニや次回のホテル予約など幅広く使えます。

\公式サイトはコチラ/

台湾鉄道路線図
最新の台湾情報を手に入れる