台湾旅行の予算と費用。旅行日数ごとに検証済み

台湾旅行の予算目安

わたしが最初に台湾に旅行したときは、旅行会社のパンフレットを複数枚もらってきて、旅行会社やプランごとに費用を計算し、予算を調べていました。

そのときにふと思ったことですが、旅行会社のパンフレットに記載されているツアー代金ってざっくりしすぎなんでです。

3泊4日の台湾旅行(同じツアー商品)で、料金が59,800円から119,800円って書いているのがあり、

金額の幅が大きすぎるなぁ、どうしてこんなに差があるんだろう

と思っていました。

そこで、これまで何度も台湾に訪れ、現在は台湾在住の筆者が台湾旅行の費用相場を赤裸々に紹介していきます。

ツアー旅行の金額の幅が大きい理由

ツアー商品の金額の幅が大きい理由は2つ。

渡航日とホテルグレードです。

土日祝日や大型連休など、人気が高い日程でのツアーは料金がかなり割高になります。

またホテルをランクアップすればするほど、金額は上がっていきます。

台湾旅行の費用目安

台湾旅行にかかる予算は、2泊3日で5万、3泊4日で5万くらいです。

LCCを利用、手荷物を減らす(機内持ち込みのみにする)、ドミトリーを利用する、ツアーは利用せず自力で行く、お土産は買わない、、、

などなど、切り詰めると2万以下で楽しむことも可能です。

※節約方法は別記事で書いています。

旅行費用のモデルケース

人によってどのようなホテルに泊まるのか、どこを観光するのかは違います。行きたい場所や宿泊場所、渡航する時期、曜日によって費用は変わるので、ここでは一般的な台湾観光のモデルケースでかかる費用を算出しました。

モデルケースは以下の通りです↓

1.春休み(2月~3月)期間中に、日本から台湾へ出発

2.台北駅前のホテルに宿泊

3.台湾の九份(千と千尋の神隠しで有名)、士林夜市(台湾で1番大きい夜市)、故宮博物館(世界4大博物館のひとつ)、台北101(台湾で1番高いタワー)を訪れる

4.小籠包、マンゴーかき氷、タピオカミルクティーなど、台湾の名物を満喫する

5.台湾から、日本に帰国する

はじめての台湾旅行をされるかたの多くが訪れる場所をピックアップしてあります。

費用内訳

モデルケースの旅程でかかる費用内訳(2泊3日)は以下の通りです。

航空券   :往復20,000円

ホテル   :1泊5,000円×2=10,000円

食費    :3,000円(朝2回、昼2回、夜2回)

交通費   :2,000円

観光地入場料:2,000円

お土産   :3,000円

現地ツアー :5,000円

合計    :45,000円

もちろん、土日祝日や長期連休で相場よりも高くなることもありますが、大体このくらいの値段で済みます。

最終的な金額が、1人当たり4~6万円くらい (お土産代を除く) に収まるツアーなら良心的。

というか、利用したほうがいいです。

観光地の案内までセットになったツアーで、4万を実現しているのは多分ないですが、

フリープラン(現地では自由行動)の場合は、3万円くらいのもあるので利用価値はあります。

すべて個人手配で行きたい場合

すべて個人手配で行きたい、2万くらいで予算を収めたい

という方は、わたしのブログをすべて見ていただきたいです。

2泊3日で2万円くらいに費用を抑えるためのコツを、いくつか書いています。

【日数ごとに検証】台湾旅行の予算

モデルケースでは、1番多いケースである2泊3日の旅行費用を算出しました。2泊3日なら、3連休や土日と合わせて1日有休をとれば行けます。

2泊3日のお休みが取れない方やそれ以上に台湾に滞在したい方もおられるので、旅行日数ごとに、個人ですべて手配した場合の予算相場と、パッケージツアーを利用した場合にかかる予算目安をお伝えします

1泊2日の台湾個人旅行の予算は3万円

1泊2日(個人旅行)で台湾に行く場合の予算は、3万円が目安です。

※航空券、ホテル、現地での交通手段をすべて自分で手配した場合の目安になります。(別記事で詳しく紹介しています)

この予算目安は、現在台湾旅行の主流であるLCC(格安航空機)を利用した場合のものです。

ANA、JALを利用する場合でも5万円ほどを予算としてみておけばいいと思います。

時期によって価格は大きく変動しますが、お土産代、観光代を含めても3万円あれば十分に楽しむことが可能です。

1泊2日の台湾ツアー旅行の予算は5万円

パッケージツアーの場合、5万円程度が相場です。

個人ですべて手配する場合と比べて割高ですが、安心と時間を買うことができるので利用価値は高いと思います。

※旅行会社が出しているツアーは2泊3日、3泊4日が主流のため、1泊2日のツアーはあまり多くない印象です。

年末年始セールや週末弾丸旅行などの名目で、販売されていることがあります。

2泊3日の台湾個人旅行の予算は4万円

2泊3日の予算目安は、4万円です。

泊まる日数が1日増えることによって、追加で1泊分のホテル代、観光代、食事代がかかります。

その合計が大体1万円程度。

台湾は物価が安いので、観光代や食事代をあわせても、1日旅行日程が増えることによって追加される費用は、1万円で全然足ります。

一例として台湾のホテル事情をご紹介します。

台湾のホテルは、1部屋いくらという料金設定です。

日本のホテルのように1人いくらという料金ではないので、複数人の旅行時には節約ができます。

台湾で1番有名な5つ星ホテル「圓山大飯店」は、1泊あたり12,000円から宿泊が可能。

2人で宿泊すれば、1人当たり6000円程度で5つ星ホテルに宿泊ができてしまいます。

2泊3日の台湾ツアー旅行の予算は6~8万円

日本から台湾への2泊3日のパッケージツアーの予算目安は、6~8万円程度が目安です。

1泊2日のツアーと比べても、あまり差はありません。

ホテル代が1泊分追加され、観光ツアーが1日分増えるだけなので、+10,000円程度の増加で済むことがほとんど。

観光ツアーが含まれないフリープランの場合、1泊2日でも2泊3日でも料金にあまり差はありません。

3泊4日の台湾個人旅行の予算は5万円

3泊4日の場合、予算は5万円あればOKです。

この予算額があれば、かなり遊べるし、ゆったりと時間を過ごすことができます。

利用する航空機はLCCに限定されますが、先ほど少しご紹介した5つ星ホテルに宿泊することが可能(2人以上宿泊の場合)

士林夜市や台北101、九份や十分なども楽しめる予算となっています。

個人手配に抵抗がない方であれば、すべて自分で手配をする個人旅行が費用を節約できるのでおすすめです。

※このサイトでは、個人手配に必要な情報やお得に旅を楽しむための情報も掲載しているので、併せてみていただけると嬉しいです。

3泊4日の台湾ツアー旅行の予算は7~10万円

パッケージツアーの場合の予算目安は、7~10万円ぐらいです。

パッケージツアーは、観光代金(バス、日本語ガイド)と食事代金が含まれていることが多いので、ツアー代+お土産代が旅行費用合計と考えることができます。

3泊4日のツアーは人気が高く、コストパフォーマンスもいいです。

この日程であれば、台北の主要観光地をすべて回ることができます。

仕事の休みが取れるのであれば、2泊3日よりも3泊4日のツアーのほうがおすすめです。

予算の目安は人によって違う

海外旅行中は豪華なホテルに泊まりたい方や、LCCなんて絶対に乗らないという方もおられます。

ホテルや航空機は気にしないけど、グルメや観光にはお金をかけるという方もいます。

人によってお金をかける部分は違うので、一概に予算いくらと断言することはできませんが、これまで旅行で何度も台湾を訪れている経験から大体の目安を紹介させていただきました。

贅沢をしようと思えばいくらでもできますが、3泊4日で1人10万以上かかるのは高すぎといった印象です。

家族、友人との旅行ならツアー旅行

家族や友達など、複数人と一緒に旅行に行くなら、ツアー旅行がおすすめです。

個人手配の場合、航空券、ホテルなどを自分で手配する必要があります。

一緒に住んでいるのならまとめて手配するのも簡単かもしれませんが、離れて住んでいる人と一緒に行く場合、特にめんどくさいです。

パスポート情報(名前や番号)などを打ち間違えて予約して、搭乗ができないケースもあります。

それなら、航空券、ホテルの手配をツアー会社に任せた方が安心です。

一人旅なら、個人旅行

一人旅の場合、ツアー旅行はおすすめしません。

これまで10か国以上、旅をしているわたしも一人旅のときにはツアーを利用したことがありません。

理由は、料金が高いから。

旅行会社のパンフレットも見ていただけるとわかるのですが、ひとりの場合、ホテルの差額ベット代を請求されてしまうんです。

差額ベット代は旅行会社によって異なるのですが、3泊4日の旅行で21,000円を請求するところもあります。

台湾は1部屋いくらという料金設定であるため、正直この設定はなぞでしかないのですが、料金に含まれているので支払いは拒否できません。

差額ベット代21,000円のみで、日本と台湾の往復航空券の購入と、4~5つ星ホテルで1泊宿泊ができます。(過去に経験済み)

※当サイトのすべてのページを見ていただけると、方法がわかります。

ガイドブックとは違い、ブログを無料で見れます。

どうしても個人手配が心配なら、間をとったフリープランを利用がおすすめ。

フリープランの利用がおすすめ

今回紹介した予算目安は、すべて個人で手配する個人旅行と、ツアー会社にすべてお任せするツアー旅行の料金です。

個人旅行、ツアー旅行それぞれにメリット、デメリットがあります。

その二つの旅行スタイルにデメリットを消したのが、フリープランのツアーです。

フリープラン:空港とホテル間のサポート(空港とホテル間の送迎とチェックイン、チェックアウト)付きで、現地での行動は自由になっているツアー。

はじめての台湾旅行の方や、知らない人と一緒に回るのは苦手、個人的に行きたい場所がある方に特におすすめ。

フリープランは価格が安い

わたしもはじめての台湾旅行は、フリープランを利用しました。

友達の大学卒業旅行(春休みシーズン)で台湾に行きましたが、3泊4日で45,000円程度で楽しむことができました。

フリープランなので、現地での食事や交通費、観光代などは自腹でしたが、合計で6万円程度に収まったので良かったです。

はじめて利用したフリープランはH.I.S(エイチ・アイ・エス)で、それ以来何度もエイチ・アイ・エスにはお世話になっています。

エイチ・アイ・エスでは定期的にセールを開催しているので、定期的にサイトをチェックしてみるのがおすすめです。

海外旅行準備におすすめのサービス

これまで積み重ねてきた経験をもとに、厳選したサイトのみをご紹介。

海外旅行の際に役立てていただけると嬉しいです。

Amazon(アマゾン)

海外旅行に必要な持ち物が一通り揃います。

2,000円以上購入で送料無料なので、まとめ買いが便利です。

Amazonギフトカードで商品を購入すれば、2.5%のポイントが貯まります。

そしてなんと初めてAmazonギフトカードにチャージする方限定で、5,000円のチャージで1,000円分のポイントがもらえるキャンペーンも実施しています!

\公式サイトはこちら/

kkday

台湾現地のアクティビティーが格安で利用できます。わたしは様々な台湾現地ツアーをしらべましたが、kkdayが一番安くて快適です。

台湾政府とコラボもしている大企業なので、安心できます。

\公式サイトはこちら/

【ツアー】HIS(エイチ・アイ・エス)

個人手配はちょっと不安。という方におすすめなのが、HIS(エイチ・アイ・エス)

HISは料金が安いのが魅力。フリープランを利用すれば、個人旅行と同程度の自由な旅が楽しめます。オプションで1,000円を支払えばキャンセル料も無料になるので、予定が変わりやすい人にもおすすめです。

\公式サイトはこちら/

【クレジットカード】エポスカード

エポスカードは年会費無料のカードですが、海外旅行に必要な海外旅行保険が付いています。台湾でけが、病気やトラブルに巻き込まれたときに利用できる、日本語の問い合わせ窓口がある貴重なカードです。(楽天、リクルートカードなどにはありません)

\公式サイトはこちら/

台湾旅行の予算目安
最新の台湾情報を手に入れる