台湾の千鳥湖の行き方。エメラルドグリーンに輝く湖

台北から30分で行ける千鳥湖は、世界遺産級の絶景が見られます

今回は、日本人観光客にほとんど知られていない千鳥湖の魅力をご紹介します。

千鳥湖の行き方

台湾の千鳥湖は、台北MRTとバスを乗り継ぎで行くことができます。

千鳥湖に行くバスは本数が少ないので、事前に時刻表を調べておく必要があります

千鳥湖の周辺にはコンビニやお店がほとんどありません。

kkdayで千鳥湖周辺をめぐる観光ツアーが販売されているので、それを利用するのがおすすめです。

帰りのバスの時間を気にすることなく、時間を有意義に使うことができます。

MRT新店駅から緑12バスに乗車する

千鳥湖に行く緑12番バス時刻表
撮影:台湾観光ドットコム

わたしは旅費を抑えるためにMRTとバスで千鳥湖に向かいました。

千鳥湖行きのバスはMRT新店駅からのみ出ています。

MRT新店駅のバス停から緑12番バスに乗車し、約30分で最寄り駅である小格頭に到着です

緑12番バスは1、2時間に1本しか運行していません。

公共交通機関でのアクセスを予定されている方は、時間をしっかり調べてから向かいましょう。

※わたしは1.5Hほどバスを待ちました。

小格頭のバス停から徒歩30分

千鳥湖の最寄り駅
撮影:台湾観光ドットコム

小格頭のバス停の周りには何もありません(笑)

小格頭のバス停から千鳥湖の展望台までは徒歩30分かかります

しかも千鳥湖に行く道はずっと上り坂です。

道は舗装されていますが周りは山に囲まれているため、わたしが行ったときは蛇も出ました。

足腰の弱い方は台北からタクシーチャーターを利用した方がよさそうです。

千鳥湖周辺では、流しのタクシーはほとんどつかまりません。

千鳥湖の展望台

千鳥湖
撮影:台湾観光ドットコム

千鳥湖には展望台が2か所あります。

小格頭のバス停から最初に見える展望台は、景色がそれほどよくありません。

目の前にある木々が邪魔をして千鳥湖の全貌が見えないのです。

千鳥湖の全体が見える展望台はさらに上にあります

最初に到着する展望台からさらに10分程度山を登っていくと、絶景が見渡せる展望台がありますよ。