象山の行き方。インスタ映えする夜景撮影スポット

台北にある象山は、台北101を望む夜景がきれいなことからデートスポットとして人気があります

台北101から歩いて20分で登山口に到着し、そこから30分くらい登った展望台からの眺めがきれいです。

象山は台北中心部にある小さな山ですが、巨大な蛇もいるので注意が必要です。

関連記事

台北101は高さ509メートルを誇る台湾を代表するタワーです。日本でいう東京タワーのような存在で、台湾の人たちからも愛されています。展望台の観覧料は高いですが、割引クーポンを使えば節約できます。[afTag id=2[…]

台北101

象山の行き方

MRT象山駅

冒頭でご紹介した通り、台北101から歩いて象山まで向かうことができます。

ただし台北101から歩いていくと迷いやすいので、はじめての台湾旅行の方ならMRT象山駅から歩いて向かうことをおすすめします

MRT象山駅はMRT台北101駅の隣の駅です。

台北MRT公式サイト

MRT象山駅から徒歩10分で登山口に到着

象山駅前にある案内表示

MRT象山駅前の道をまっすぐ進んでいくと、看板が見えます。

看板に表示されている、象山歩道(霊雲宮)の方向に進んでいきます。

MRT象山駅から象山歩道入口までは約700m、徒歩10分の道のりです

グーグルマップを見てもわかるように、象山公園に沿う形で歩いていくと象山歩道の入口が見えてきます。

象山歩道を30分ほど登る

象山の登山道入り口

台北101の夜景が見えるスポットには、象山歩道の入口から徒歩30分ほど山道を登っていきます。

傾斜がきつく、本格的な登山です。

登山道は整備されているので、スニーカーでも問題ありません。。

20分ほど登ると、最初の展望台である象山摂手平台があります

そこからさらに10分ほど登っていくと、象山六巨石観景台に到着します

台北101と検索して出てくる写真が撮れる場所で、大きな岩があるところです。

わたしが象山に行ったときは、山を登っているときに体長2メートルほどの大蛇を目撃しました。

野生生物も生息しているので、注意が必要です。

象山歩道には自動販売機や売店はないので、登山道に着く前に飲み物を買っておくのがおすすめ。

象山歩道手前に、ドリンクが買えるお店と自販機があります。

象山摂手平台から見られる夜景

象山摂手平台からの台北101

象山歩道を20分登ったところにある、象山摂手平台からの夜景です。

高さがあまりなく、台北101が近く感じます。

手前にある住宅で一部分が隠れてしまっており、きれいな写真をとることができません。

象山摂手平台まで登ってくるのにもかなり体力を使うため、ここで満足して上に登らない方も多いです

私と一緒に行った友達も、「上に行ってもどうせ同じでしょ」と言って上には登りませんでした。

写真にそれほどこだわりがないなら、この場所からの写真撮影での十分だと言えます。

象山六巨石観景台から見られる夜景

象山六巨石観景台から撮った台北101

象山摂手平台からさらに10分ほど登ったところに、象山六巨石観景台から撮った写真です

象山六巨石観景台からは台北101の全体像が確認できます。

オフィスビルや商業ビルも、しっかりカメラで捉えることができます。

住宅で遮られることもないので、よりきれいな写真を撮ることが可能です。

象山六巨石観景台の近くには、展望台の名前の由来になった6つの岩があります。

昼間には、岩に登って写真撮影をする人も多いです。

象山六巨石観景台の上にある撮影ポイント

象山六巨石観景台からさらに上に30分ほど登ったところに、台北101をきれいに撮れる撮影ポイントがあります。

象山歩道の入口からは1時間かかるため、ほとんど人がいません

そのため、穴場の撮影スポットとして知られています。

台北101だけでなく、台北の街並みもきれいに見えるのでおすすめです。

関連記事

台北101は高さ509メートルを誇る台湾を代表するタワーです。日本でいう東京タワーのような存在で、台湾の人たちからも愛されています。展望台の観覧料は高いですが、割引クーポンを使えば節約できます。[afTag id=2[…]

台北101