台北っ子のデートスポット。台湾の象山で、台北101の夜景を楽しむ。

象山から撮った台北101の夜景

【台湾の夜は、夜市でグルメを満喫】

というイメージを抱いている人も多いですが、夜に楽しめるスポットは夜市だけではありません。

今回は、きれいな夜景を眺めることができる象山というスポットをご紹介します。

象山や休日の夜になると、台北っ子がたくさん集まるデートスポットでもあります。

象山のアクセス

象山駅

象山は、台湾の地下鉄の駅【象山】が最寄り駅です。

象山は、淡水信義線の始発駅で、台北101駅の隣にあります。

象山駅からの行き方

象山駅前にある案内表示
駅から徒歩10分ほどで登山道に到着

象山は、地名に山が入っていることからわかるように、本当に山です。

駅から徒歩10分くらいのところにある登山道から、10分くらい登ったところに撮影スポット(象山摂手平台)があります。

そこからさらに10分くらい登ったところに、よく写真ででてくるような写真が撮れるスポット(象山六巨石観景台)があります 。

駅前には、象山公園というとてもきれいな公園が広がっており、空気もきれいです。

バスケットボールをやっている若者や、子供ずれの方、おしゃべりをしているおじいちゃん、おばあちゃんもいます。

台北の日常を少しだけ見ることができるので、公園の中を散策するのもおすすめです。

登山道を歩く時の服装

登山道は整備されているので、スニーカーで大丈夫です。

道は全部石畳なので、足腰にくるかもしれません。

登山の格好で登っている人はほとんどおらず、みなさん普段着で登ってるので、専門用具はいりません。

登山道の入り口

象山の登山道入り口
象山登山道の入り口

案内表示に従って歩いていくと、象山登山道の入り口が見えてきます。

周りは台北屈指の高級住宅街で、とても静かです。

この階段を10分ほど登ります。

少し急な階段になっているので、結構体力を使いました。

夏の暑い時期に上ると結構体力を消耗します。

登山道には、自動販売機や売店はないので、登山道に着く前に飲み物を買っておくのがおすすめです。

登山道入り口の前にドリンクが買えるお店もあります。

象山摂手平台から撮れる写真

あまり山登りが好きでない方や、上まで登らなくてもいいやという方は、象山摂手平台で写真を撮り下山をされることが多いです。

私と一緒に行った友達も、

「上に行ってもどうせ同じでしょ」

ということで、象山六巨石観景台までは登りませんでした。

参考までに、象山摂手平台でとれる写真を載せておきます。

象山摂手平台からの台北101

あまり性能のよくないカメラで撮りましたが、ある程度きれいに取れたので良かったです。

象山六巨石観景台から撮れる写真

そこからさらに10分ほど登ると、さらにきれいな写真をとることができる象山六巨石観景台があります。

よりきれいな写真を撮りたい場合、象山六巨石観景台まで登っていくといいと思います。

実際にここから撮った写真はこちら↓

象山六巨石観景台から撮った台北101

少し高いところにある分、視界を遮るものが少なくきれいに写真を撮ることができました。

台北101もセットで観光する

夜景を楽しんだら、元来た道を引き返します。

休日の夜は、地元の人たちや観光客が多いです。

登ってくる人に注意しながら、下山する必要があります。

象山駅に戻り、地下鉄に1駅乗ると、台北101に着きます。

台北101には有名なお店やレストランが多く入っているので、ディナーを食べるのがおすすめです。

関連記事

台北101は、高さ509メートルを誇る台湾を代表するタワーです。日本でいう東京タワーのような存在で、台湾の人たちからも愛されています。ただし展望台の観覧料が高いので、費用が節約できる割引クーポンの利用がおすすめです。\kk[…]

台北101の入場口

海外旅行準備におすすめのサービス

これまで積み重ねてきた経験をもとに、厳選したサイトのみをご紹介。

海外旅行の際に役立てていただけると嬉しいです。

Amazon(アマゾン)

海外旅行に必要な持ち物が一通り揃います。

2,000円以上購入で送料無料なので、まとめ買いが便利です。

Amazonギフトカードで商品を購入すれば、2.5%のポイントが貯まります。

そしてなんと初めてAmazonギフトカードにチャージする方限定で、5,000円のチャージで1,000円分のポイントがもらえるキャンペーンも実施しています!

\公式サイトはこちら/

kkday

台湾現地のアクティビティーが格安で利用できます。わたしは様々な台湾現地ツアーをしらべましたが、kkdayが一番安くて快適です。

台湾政府とコラボもしている大企業なので、安心できます。

\公式サイトはこちら/

【ツアー】HIS(エイチ・アイ・エス)

個人手配はちょっと不安。という方におすすめなのが、HIS(エイチ・アイ・エス)

HISは料金が安いのが魅力。フリープランを利用すれば、個人旅行と同程度の自由な旅が楽しめます。オプションで1,000円を支払えばキャンセル料も無料になるので、予定が変わりやすい人にもおすすめです。

\公式サイトはこちら/

【クレジットカード】エポスカード

エポスカードは年会費無料のカードですが、海外旅行に必要な海外旅行保険が付いています。台湾でけが、病気やトラブルに巻き込まれたときに利用できる、日本語の問い合わせ窓口がある貴重なカードです。(楽天、リクルートカードなどにはありません)

\公式サイトはこちら/

象山から撮った台北101の夜景
最新の台湾情報を手に入れる