台湾映画「KANO」を無料で見る方法

台湾映画のなかで特に有名なのが、KANOです。

KANOは、日本統治時代に台湾の高校(KANO)が甲子園に出場したことを題材にした映画。

日本とゆかりが深く、日本人が見ても楽しむことができます。

KANOが視聴可能な動画配信サービス

KANOのあらすじ

KANOは、1931年に台湾の嘉義にある嘉義農林学校(通称:KANO)が、甲子園に出場するまでの過程を描いた映画。

嘉義農林学校野球部は、試合で1度も勝ったことのない弱小チーム。

そんな弱小チームに強豪校を率いたことがある、近藤兵太郎が監督として就任。

弱小チームを一から立て直していきます。

チーム内にいる日本人、台湾人、原住民の特徴をそれぞれ生かし、日本人をひいきすることなくチームを作り上げ、念願の甲子園出場権を獲得。

海を渡り、甲子園本大会に参加します。

甲子園では数多くの強豪を倒し、決勝に進出して、、、

1931年に甲子園に出場したKANOの球児たちは、その後戦火(第二次世界大戦)に巻き込まれます。

甲子園に出場した後、球児たちがどのような人生を送ったのかも作品中の大きなポイントです。

映画KANOでは日本語が使われている

球場のベンチ

1931年は、日本が台湾を統治していた時代。

学校で教えられる言語も日本語でした。年配の方で日本語が喋れる方がいるのはそのためです。

KANOは台湾で作成された映画ですが、作品中には日本人が数多く登場します。日本語が多く用いられており、日本の映画ではないのかと間違うくらいです。

日本人役のキャストには永瀬正敏さん、大沢たかおさん、坂井真紀さんなどが起用されています。

KANOの魅力

野球のグローブ

今台湾に住んでいて、多少なりとも台湾の歴史について勉強してきたわたしですが、KANOの上映が開始された当時のわたしは、

台湾ってどこにあるの?

というレベルで、ほとんど台湾のことを知りませんでした。

昔台湾が日本に統治されていたことすら知りませんでした。

KANOは日本と台湾のつながりを感じられる映画。

野球好きな方だけでなく、台湾の歴史について勉強したいと思っている方にも、ぜひ見ていただきたい作品です。

KANOのブルーレイ、DVDの販売価格

野球場

KANOは台湾で2014年に上映された映画です。

現在は、ブルーレイとDVDで作品が発売されています。

公式サイトでの販売価格は2020年3月現在

ブルーレイ版は、¥5,184 (税込)/2枚組 (本編BD + 特典DVD)

DVD版は、¥4,104(税込)/2枚組 (本編DVD + 特典DVD)

購入するとなるとそれなりに金額がかかるので、無料で試すことができる動画配信サービスを利用するのがおすすめ。

KANOを無料で見る方法

野球ボール

KANOを見れる動画見放題サイトにUNEXTがあります。

UNEXTはドラマ(国内、海外)やアニメなど14万本以上の作品が見放題。

雑誌や漫画、小説なども読み放題になります。

契約してから31日間は無料。この期間中に解約すれば、お金はかかりません。UNEXTが気に入って継続して利用したい場合、月額1990円(税抜き)がかかります。

映画館で1本映画を見れば、1,500円、小説を1冊買えば1200円かかるので、映画鑑賞や読書を趣味にされている方にとっては1990円は安いです。

無料お試し期間中に色々な作品を視聴し、継続したいかどうかを決めることができます。

KANOが視聴可能な動画配信サービス

KANO
最新の台湾情報を手に入れる