台湾バスの乗り方。【2019年7月1日】新制度開始

台北の街並み

台湾のバスの乗り方は、日本バスと少し違います。現在台湾在住でバスをよく利用する筆者が、台湾のバス事情を詳しく解説します。

台湾のバスの乗り方

台北の道

2019年7月1日から、台湾でバスに乗るときの仕組みが大きく変わりました。

※台湾は制度の変更が多いので、古い情報をもとに旅行計画を立てるとうまくいかないことも多いです。

バスに乗るときと降りるときに、Easyカードなどの交通系ICカードを専用の機械(カードリーダー)にかざす必要があります。

観光で台湾に来られる方も、バスに乗るときは、乗降時にICカードでタッチすると覚えておけば、バスを使いこなせます!

距離に応じて料金が変わる

これまでは乗るときだけタッチするバス、降りるときだけタッチするバス、両方ともタッチが必要なバスの3つに分かれていました。

台湾のバスは、出発地点から終点までの間の走行距離等に応じ、金額が変わる仕組みです。

料金が切り替わらない(どこまで乗っても同じ料金)バスや料金が2段、3段と切り替わるバスがあります。

台湾のバスの初乗りは15元

台湾のバスの初乗りは15元です。

日本円で約50円になります。

2段切り替えのバスなら15元か30元、3段切り替えの場合、距離に応じて15元、30元、45元と料金が変わります。

どこで降りても同じ料金のバスの場合、乗車時または降車時のみ料金を精算すれば問題ありませんでした。

乗るときに料金を取るのか、降りるときに料金を取るのかは、バスの車内表示板に表示されていたのです。

ちなみに、台湾在住歴が長い友達に話を聞いたところ、乗車時に料金を取るか、下車時に取るのかは、バスの運転手が自分で決めることができていたようです。

いろいろと複雑な料金システムになっており、観光客がバスを乗りこなすことは難しかったのです。

台湾バス利用時の注意点5つ

台北バスからの眺め
バス車内からの眺め

台湾でバスに乗るときは、当然ですが日本と乗り方、利用方法が異なります。そのために注意が必要な5つのことをまとめました。

乗車、降車時にICカードでタッチする

乗るときと降りるときに、ICカードでタッチしてください。

2重に料金が取られることはないので、ご心配なく。

料金が切り替わるバスの場合、乗ったときに15元が引き落とされ、降りる駅でタッチするときに距離に応じた料金がICカードから自動的に引かれます。

タッチを忘れると、バスや地下鉄、ユーバイクの乗り継ぎ割引が適用されなくなるので、必ずタッチしましょう。

台湾のバスは、前後どちらの扉からでも乗り降りが可能

日本のバスには乗車口と降車口が分かれているものがありますが、台湾のバスは基本的に乗車口、降車口というものがありません。

前から乗ってもよいし、後ろの扉から乗ってもOKです。

当然、降りる人も前、後ろ両方からでてくるので乗車の際は気を付けてください。

乗車口、降車口というのがないので、支払いを行うカードリーダーも前後の扉付近についています。どちらをタッチしてもOKです。

乗るときに前のカードリーダーでタッチしたから、降りるときは後ろでタッチするというルールはありません。

前のカードリーダーを乗降時にタッチしてもいいし、後ろだけでも大丈夫です。どの組み合わせでも問題ありません。

バスに乗るときは手をあげる

バスに乗るときは、手をあげてバスを止めます。

自分の乗りたい路線バスが近づいてきたら手をあげてバスを止めないといけません。

手をあげなかった場合、スルーされます。

これほんとです(笑)

ただ、たくさんの常客がいるような大きなバス停や、時間より早くバス停に到着した場合などは、手をあげなくても止まります。

もし、時間前に到着し待っているバスだったら、運転手にアイコンタクトを取って扉を開けてもらいましょう。

扉を閉めている理由は、冷房を効かせるためなので、怖がらなくても大丈夫です。

通勤ラッシュの時間帯でなければ、バス停で待っているバスも見かけます。

降車ボタンを押す

バスを降りるときは、降車ボタンを押します。

中国語のアナウンスは聞き取りずらいので、グーグルマップなどで目的地の駅が近づいていることを確認しておく方法がおすすめです。

バスに乗ってくる常客とぶつからないよう気を付けながら、降りましょう。

台湾はバス路線が多く、同じバス停に複数のバスがとまることもあります。

その場合は、バス停よりかなり手前で降りないといけない場合もあります。

現金払いは難易度が高い

現金で支払う場合、乗車したバスが距離に応じて3段階で料金が変わる路線だったら、降車する駅を運転手に伝えないといけないといけません。

中国語ができないと、これは難しいです。

身振り手振りや筆談で伝えることは可能かもしれませんが、非常に大変な思いをするでしょう。

なので現金払いはやめておいたほうが良いです。

台湾桃園国際空港や地下鉄の駅、コンビニなどで簡単に手に入れることができるEasyカードという台湾の交通系ICカードを購入しましょう。

逆に言えば、EASYカードさえ手に入れてしまえば、料金表とにらめっこする手間、財布からお金を取り出す手間もなくせます。

EASYカードを利用して、台湾旅行を楽しみましょう!

Amazon(アマゾン)

海外旅行に必要な持ち物が一通り揃います。

2,000円以上購入で送料無料なので、まとめ買いが便利です。

Amazonギフトカードで商品を購入すれば、2.5%のポイントが貯まります。

そしてなんと初めてAmazonギフトカードにチャージする方限定で、5,000円のチャージで1,000円分のポイントがもらえるキャンペーンも実施しています!

\公式サイトはこちら/

kkday

台湾現地のアクティビティーが格安で利用できます。わたしは様々な台湾現地ツアーをしらべましたが、kkdayが一番安くて快適です。

台湾政府とコラボもしている大企業なので、安心できます。

\公式サイトはこちら/

【ツアー】HIS(エイチ・アイ・エス)

個人手配はちょっと不安。という方におすすめなのが、HIS(エイチ・アイ・エス)

HISは料金が安いのが魅力。フリープランを利用すれば、個人旅行と同程度の自由な旅が楽しめます。オプションで1,000円を支払えばキャンセル料も無料になるので、予定が変わりやすい人にもおすすめです。

\公式サイトはこちら/

【クレジットカード】エポスカード

エポスカードは年会費無料のカードですが、海外旅行に必要な海外旅行保険が付いています。台湾でけが、病気やトラブルに巻き込まれたときに利用できる、日本語の問い合わせ窓口がある貴重なカードです。(楽天、リクルートカードなどにはありません)

\公式サイトはこちら/

台北の街並み
最新の台湾情報を手に入れる