【平溪線の終点】菁桐駅にある観光スポット。日本とも関わりが深い

ランタン飛ばしで有名な観光地、十分、平渓を結ぶ平溪線の終点が菁桐駅です。

菁桐は日本統治時代、炭鉱の町として栄えていました。

菁桐で採られた鉱物を平溪線で運んでいたのです。

菁桐駅前の観光スポット

平溪線は日本統治時代の1921年に開通した路線です。

菁桐や十分周辺の鉱山から、石炭を運ぶために造られました。

菁桐駅が開通したのは1929年とのこと。

駅舎は日本式木造建築で、屋根瓦は当時のものがそのまま残されています。

菁桐駅は平溪線の終点で、駅前には約200mの老街が広がっていました。

十分駅や平溪駅に比べるとお店は少なく、こじんまりとした印象です。

当時の日本を思い出させるような建物が立ち並び、どこか懐かしさを感じさせます。

菁桐

大正、昭和時代にタイムスリップしたかのような感覚です。

実は菁桐駅周辺は、台湾映画「台北に舞う雪」のロケ地になっています。

台北では陽明山を除いてほとんど雪が降りません。

映画の内容が気になる方は、是非チェックしてみてください。

菁桐ではランタン飛ばしもできますが、大切な人への思いを竹筒に書く「許願筒」が人気。

駅前のお店で購入できる竹筒に好きな人への思いを書き、吊り橋などに吊るします。

菁桐駅周辺には許願筒をかけられる場所がたくさんあり、わたしが最初に見たときは「これは何だろう」と疑問に思いました。

許願筒を書く習慣が始まったのは、1900年代に菁桐駅の鉄道員がアイスキャンデー屋の娘に自分の思いを竹筒に書いて伝えたことがきっかけだとか。

菁桐駅ホームの反対側に行ってみた

菁桐駅はいい感じのさびれ具合で、趣のある写真を撮ることができます。

駅のホームは1か所のみで、反対側には旧炭鉱施設を使ったカフェになっていました。

目と鼻の先にカフェがあるものの、反対側に渡るには遠回りをしないといけません。

平溪線は1時間に1本しか来ないので、滞在目安時間を1時間に設定している人が多いです。

1時間でも観光できますが、ホーム反対側にも行く場合は2時間見ておいた方が良いでしょう。

反対側にはカフェ以外に、日本統治時代の炭鉱跡があります。

現在炭鉱入り口はふさがれていますが、炭鉱の外側にある作業場は見学が可能です。

いくつか展示もあり、楽しんでみることができました。

薄暗い作業場のなかで、急に作業員に扮したマネキンが出てきたときには冷や汗かきました。

昼間だったのでまだ良かったですが、夕暮れ時だと相当怖いと思います。

菁桐への行き方と周辺観光地

菁桐

台北駅から菁桐駅までは、台湾鉄道を利用するのが便利です。

MRT木柵駅から795番バスで行くこともできます。

どちらの場合も、台北駅からの所要時間はそれほど変わりません。

滞在場所からの距離が近く、利用しやすい公共交通機関を選びましょう。

台北駅から瑞芳駅まで台湾鉄道で約50分、瑞芳駅から平溪線に乗り換えて終点の菁桐駅で下車。

瑞芳駅から菁桐駅までは所要時間約40分です。

菁桐

モデルコースとしては、まず菁桐駅まで行って1時間観光。

その後平溪駅まで戻って平溪周辺を1時間観光し、十分駅まで戻ります。

【関連記事】平渓はランタンフェスティバル開催地。地元の人しか知らない隠れた秘境

十分駅周辺を2時間ほど観光し、瑞芳駅まで戻りバスに乗って九份に行くのがおすすめです。

【関連記事】台湾の十分でランタン飛ばしを体験。線路を人が歩くのは○○

時間的に余裕があれば、猫がたくさんいる猫村にも足を運んでみましょう。

【関連記事】台湾猫村の行き方。おすすめ観光スポットと猫カフェ

始発で行けばすべて観光できますが、ゆったり観光したいなら九份、十分+1駅ぐらいがちょうどよいです。

夕暮れ時には九份につくことができます。

【関連記事】九份の行き方は3通りある。ほかの観光地と組み合わせる裏技

ライトアップされた幻想的な風景がみたいなら、九份に17時くらい到着するように調整してみてください。

日程の関係で九份にしか行けない場合、直通バスの利用が便利です。