台湾のコンビニは臭い。日本では絶対に置けないあれがある

台湾のコンビニはとにかく面白い。

無人のセブンイレブンや、カナヘイなどのキャラクターとのコラボ店舗があるんです

今回は台湾にいかないコンビニと、購入できるおすすめ商品をご紹介します。

台湾コンビニにしかない茶葉蛋とは

台湾コンビニ

台湾のコンビニには、日本のコンビニにはないものがあります。

それが茶葉蛋(チャーイエダン)です。

茶葉蛋とは、お茶で煮詰めたゆでたまごのことです。

台湾の人気お土産である大同電鍋でぐつぐつとゆでられて、そのまま放置されているので臭いがきついのです。

日本人観光客の中には、この匂いが苦手だという人もいます。

台湾のコンビニあるあるですが、中に入ると硫黄くさい臭いがしてきますよね。

わたしも始めた台湾のコンビニに入ったとき、においで気分が悪くなりました。

台湾コンビニで売っている特別な石焼き芋

台湾コンビニ

台湾はさつまいもの産地として有名です。

台湾産の芋を使った焼き芋は冬の定番商品。

台湾のコンビニでは、台湾57號という品種の焼き芋が使われています

日本と同じく、台湾でもグラム単位の量り売りが基本です。

90g以下なら15元(約60円)。

日本よりも物価が安い分、安いですね。

関連記事

台湾は経済発展に伴い、物価が年々上昇しています。そのため、古いブログなどの情報と、最新の情報には大きな違いがあります。2020年最新の物価情報を、台湾在住の筆者がお届けします。[sitecard subtitle=関[…]

台湾松山空港

台湾はスイーツによくサツマイモを使いますが、甘みが強くておいしいです。

台湾コンビニには生ビールサーバーがある

台湾のセブンイレブンにはビールサーバーを置いている店舗もあります。

本格的なグラスで生ビールが飲めてしまうんです

日本にはない台湾限定のサービスです

大ジョッキが119元(400円程度)、中ジョッキが79元(300円程度)とお手頃価格。

お店の中でも飲むことができるし、外に設置されているテラス席でビールを飲むこともできます。

台湾コンビニの無人セブンイレブン

台湾には無人コンビニ、セブンイレブンの未来超商店があります。

コンビニの入り口は駅の改札のような構造です

スマホで事前に利用登録をして、バーコードをかざすと入店できます。

誰が利用したかわかるシステムのため、万引きのリスクも下がります。

無人ですが、商品補充のときは店員さんが入ってきます。

コンビニの中にはおしゃれなイートインスペースも併設されています。

無人セブンイレブンはオフィス街にあるため、お昼時はサラリーマンの方たちが多いです。

フリーWi-Fiもあるので快適に作業をすることができます。

台湾コンビニ限定キャラクター

台湾コンビニ

台湾のコンビニで第一位のシェアを占めるのは、セブンイレブンです。

日本の企業なのでなじみがありますよね。

店に入るときに流れるBGMを日本と同じです。

ですが、違うところがあります。

それは、台湾のセブンイレブンには台湾限定のキャラクターがいるのです。

日本では見ることができません。

台湾セブンイレブン公式キャラクターの名前は「オープンちゃん」です。

台湾セブンイレブン西門店の入り口には、オープンちゃんのマスコットがおかれています。

オープンちゃんは頭に虹がかかっていて星形のギターを演奏しています。

奥にいるのは相方のLOCKちゃん(黒色をしたちょい悪風)です。

台湾ではオープンちゃんの歌が作られるほど人気キャラです。

お店のなかには、オープンちゃんのマスコットやオープンちゃんデザインのイートインスペースがあります。

また、オープンちゃんTシャツを作れるマシーンも1台ありました。

好きなデザインを選ぶと、その場でTシャツが作れます。

台湾コンビニにしかないカナヘイ

台湾コンビニ

台湾にはカナヘイとコラボしたセブンイレブンもあります

セブンイレブンのなじみの3色ストライプではなく、全面ピンクで統一されている外観が可愛らしいですね。

こちらのコンビニは日本では購入できない、台湾限定のカナヘイグッズがたくさんあります。

店内はとても広いです。

天井は空をイメージした水色で統一されていて、優しい明りのスポットライトで照らされています。

台湾コンビニ

コンビニでおなじみのコーヒーも、カナヘイがデザインされたカップで提供されるので気分があがりますよ。

レジカウンター横にカナヘイグッズコーナーがあります

バイクのヘルメットやクッション、時計、折り畳み傘、マグカップなど様々な種類のグッズがあります。

こちらのグッズはセブンイレブンのポイントをためて、引き換えることもできます

お皿やコーヒーカップなどもありましたよ。

イートインスペースにはカナヘイのマスコットが置かれていました。

カナヘイの隣に座って写真を撮ることもできます。

カナヘイがおにぎりを食べているところが何とも可愛らしいですね。